ソニー デジタルペーパー・ケース

【パターン】なし 【制作】2017年9月 【生地】表布:BIRDLAND ネイビーMALAGA ライトブルー(cortinaにて購入)  裏布:GRES コットン(服地のひできレビュープレゼント)

1

2

 ソニーのデジタルペーパーを購入しました。専用のカバーケースも市販されていますが、9000円もします。要は、傷つけずに持ち運べれば良いので、自分でケースを作ることにしました。
 口の仕様は、何もせずにただ開けておくか、マグネットボタンをつけるか、いろいろ考えましたが、ファスナーにすることに。付属のペン、磁石で止まっているだけで、何かの拍子に本体から外れてどこかに行ってしまいかねません。ファスナーで閉じてあれば、ケースから出てしまうことはないので安心かと。本当は、ペンは差し込むとか、物理的にしっかり固定される仕様だと良かったのですが。
 制作イメージとしてはクラッチバッグ。こちらのサイトを参考にしました。生地は、このはぎれ福袋から。足りないので、二つの柄を使用。面によって、かなり雰囲気の違うケースになりました。MALAGAの面にはエデン・ケーキのリボンをタグに見立てて付けました。裏には長財布と同じ接着芯を貼ってしっかりさせています。

4

 型紙は特に作らず、製品が入っていた袋を参考に寸法を決定。一番問題だったのは口の長さですが、ペンが付いた状態でほぼ24センチ、24.5センチあれば出し入れは余裕です。ファスナーはYKK/3VS/ビスロン ファスナー/25cm (丸くて大きなスライダー)を購入。こちらのお店は無料でファスナーカットをしてくれ、メール便で送ってもらえるので便利です。5ミリカットしてもらいました。ですが、届いて自分の間違いに気がつきました。実際に開く長さは、ファスナーの長さより短いのですね。こんな当たり前のことに気がつきませんでした。すでに生地もカットしてしまって、脇の縫い代1センチの予定を0.5センチに変更してなんとかデジタルペーパーが入るようになりましたが…写真の通り、あまりにもぴったり。実際に使うときは、ペンを外してまず本体を入れ、本体を脇に寄せてからペンを付けることになりそうです。入ってしまえば、横は余裕があります。

3

 内側は、昔々、服地のひできでレビュープレゼントとしていただいたはぎれを使用。GRESの大変凝った、素敵な生地なのですが、私の雰囲気には合わないので服など表のものに使用するのは難しそう。また、透ける薄い生地なので、芯地を貼って雑貨を作るというのも無理そうです。そして、こういう濃い色の生地をバッグなどの内布にすると物が見えにくくなってしまいます。でも、今回は入れる物が決まっているので、私以外誰も見ることのない内側に、贅沢にもこの生地を使うことにしました。
 ですが、表地の中に入れてみて分かりました。服地はやはり服地。中で安定しません。クラフト用の動きのない生地を使うべきでした。なんとか安定させるために、脇と底を、表地の縫い代に、できるだけ距離を長く手縫いで縫い付けました。これでようやく出し入れがしやすくなりました。

 いろいろ反省点はありますが、おしゃれな生地のおかげで素敵なケースが出来上がったと満足しています。

web拍手 by FC2

伝兵衛バッグ その2

【パターン】バッグ作りの基礎ノート バッグくらいは作ってみたい [ しかのるーむ ]、子供のために1(88-89ページ掲載) 【制作】2017年9月 

D1

 6年前、夫に頼まれて、着古した伝兵衛Tシャツで手提げかばんを作りました(こちら)。そしてまた同じ依頼が。
 前回のかばん、持ち手の傾きが絶妙で大変使いやすいとのことなので、同じ型紙を使うことにしました。ただ、今回は縦長に。
 前回はわざわざ生地を買いに行きましたが、今回はすべて手持ちでまかないました。本体はこのパンツの余り布。手持ちの中では、この生地が一番Tシャツのえんじ色に合いました。ただ、かばんにするには、くったり感がありすぎるシルク混麻。なので、長財布と同じ接着芯を全面に貼りました。この接着芯、購入店も品名も忘れてしまいましたが、私にしては大量に購入したみたいで、まだまだあります。

D2

 後ろはシンプル。夫には、「お母さんが幼稚園児に作ったかばんみたい」と言われましたが、それはすべて、夫が持ち込んだ伝兵衛のせい。後ろは幼稚園児っぽくないですよね?

D3

 内側は別布にするつもりで、夫に手持ちの布からいくつか案を提示したのですが、表生地と同じが一番良いということで、同じで。ただ、本当はこちらも薄い芯地を貼るべきでした。表と完全に同寸なのに、たるんで脇が中で余ってしまいました。
 内ポケットはこの北欧はぎれ福袋 borasセレクトから。MALAGAです。生地として見ても素敵だと思いましたが、仕立てると本当におしゃれ。持ち手にも使いました。クロバー持ち手接着芯を貼って、2枚を縫い合わせています。裏側は本体と同じ生地。
 それから、エデンのお土産チョコレートケーキについていたリボン。これがしっかりとした良いサテン生地で、捨てるには惜しいので持ち帰りました。タグにしてみたら、大人っぽくてかっこいい。カナダの思い出も入ったかばんになりました。

web拍手 by FC2

カナディアン・ロッキー旅行 5日目 ―夕食―

 カナダ最後の夜。本当はダウンタウンにある人気レストラン「メイプル・リーフ」でカナダ料理を食べる予定でした。予約も入れてあったのですが、レイク・オハラからホテルに戻って着替え(登山の格好で行くお店ではないそうです)、またダウンタウンに行くのはホテルの立地を考えると時間的に厳しいこと、さらに山歩きで疲れているのにまた街に繰り出すのも面倒だということで、残念ですがここは現実路線と予約をキャンセルしました。

 そして、初日に夕食をとったホテル内のレストランPrimrose Dining Roomで再び夕食をとることに。結局、外食はホテル内でしかしませんでした。ホテルに到着したらまずレストランに直行し、夜7時半に予約を入れました。

 1

 時間になってレストランへ行くと、すでにかなり席が埋まっていました。でも、予約を入れたおかげで私たちには窓際の席が用意されていました。
 はじめ渡されたのは英語のメニュー。ですが、日本語のメニューもあるそうなので、そちらを持ってくるようにお願いしました。

 2

 日本語のメニューです。分かりやすい!でも、カナダで是非食べたかったサーモンはありませんでした…

 3

 二人ともローストアスパラガスのスープを注文。「ロースト」のアスパラガススープなんて珍しいと興味を引かれたので。本当に、ローストの風味があっておいしかったです。

 4

 この時間でもまだ外はこの明るさ。今日はこちらに来て初めて煙がなく、とてもクリアーに景色が見え、「ここにも山があったの?」と新たな発見も。太陽の光があたる場所が時間とともに上へ移動していき、刻々と変わる山の表情を楽しみながら食事が出来ました。

 5

 山歩きで疲労していたためか、さっぱりとしたものが食べたかったので、メインはオオヒラメの蒸し焼きを注文。彩りもきれいです。ヒラメは大変薄味、添えられた枝豆のリゾットは濃いめの味付けで、両方食べることで味のバランスがとれていました。
 夫は、ここまで来たならやはり食べておかねば、とアルバータ牛のステーキを注文。脂身がほとんどない、赤身だけの肉。アルバータ牛がこういうものなのか、メープル・リーフだったらもう少し違っていたのか分かりませんが、夫はこのステーキはお気に召さなかった模様。私も食べてみましたが、このレストラン、他の料理の方が断然おいしいですね。

 私たちを担当してくれたウエイターに、今日はレイク・オハラに行ったことを伝えると、「そこは、私が大好きな場所です。バスのチケットはとれましたか?良かったですね。私はとれなくて、駐車場からレイク・オハラまで歩いて、それから登って、また駐車場まで歩いて帰りました。」とのこと。あの片道3時間の林道を本当に歩く人がいるんだ!と驚いて「タフですね」と言うと、「いやいや、死にそうでしたよ。」

 本来ならデザートも注文するところですが、部屋においしいエデンケーキがあるので、レストランでの食事はこれでおしまい。カナダに来る前は街で何かお菓子を買おう!と楽しみにしていましたが、これまた結局買わず。エデンのあんなおいしいケーキがあったら、もう他に必要ありません。

 ***
 
 今回のカナダ旅行記はこれで終わりです。ユーコンのオーロラ、マドレーヌ島のアザラシの赤ちゃん、プリンス・エドワード島。カナダはまだまだ見たいものがあるので、いつか必ず再訪したいです。

web拍手 by FC2

カナディアン・ロッキー旅行 5日目 ーレイク・オハラ ④ー

名残惜しいですが下山です。

1

 レイク・オハラ登山では夫が何度か、ビデオを撮影していました。デジカメのビデオ機能なので、ほんの短い時間ですが。この写真を撮っている場面もビデオに撮られていました。帰国後、観るとガイドさんが「あそこで、リスがじっと見ている」と言い、「あっ!本当だ!」と私。ビデオで確認するまで、どうしてここで写真を撮ったのか思い出せませんでした。けっこう忘れているものですね。ビデオは写真よりも迫力と臨場感があって、より鮮明に当時の記憶がよみがえります。

 2

 ビクトリア・レイクの波紋の美しさには下山時も目を奪われました。

 しばらくすると、ガイドさんが「マーモットがいる!」と。どこどこと目をこらすと、一人の男性登山者が休憩している隣の、岩の上で寝そべっていました。ガイドさんというのは、本当に遠くから動物を見つけるものですね。私たちが近づく頃にはその登山者が岩を離れ、出発するところでした。すると、先ほどまで寝そべっていたマーモットが、まるで私たちのためかのように起き上がり、ポージングし始めました。

3

 ガイドさんによれば、先ほどとは別の個体のマーモットのようです。かなりの時間ポーズをとり続け、皆、写真を撮りまくり。

4

 体をひねったり、まっすぐになったり。いろいろなポーズ。

5

 そして、サービスタイム終了。おっさんのような寝姿です。

6

 はじめに歩いた湖畔の道が見えてきました。はじめ、あんな低いところにいたとは驚きですが、あっという間に湖まで降りてしまいました。

7

 午後3時過ぎでもまだこんなにきれいに湖と山が見えています。本当に、天候に恵まれました。

***

 二日間、初めてプロのガイドさんと一緒に登山をしました。アドバイスを受け、指示通り休憩・給水をし、できるだけガイドさんの足運びをまねするようにしたら、息切れすることなく普段よりもずっと楽に登ることが出来ました。そして、驚いたことに、二日とも全く筋肉痛にならなかったのです!とくにレイク・オハラはガレ場が多かったので、これは足に来そうだと思いましたが、意外なことに夫婦二人ともなんともありませんでした。適切に登山・下山すれば、足には来ないことが分かったのが大きな収穫でした。

web拍手 by FC2

カナディアン・ロッキー旅行 5日目 -レイク・オハラ ③-

1

 レフロイ・レイクを過ぎ、最後の一登り。そして、ガイドさんが「皆さん、心の準備は良いですか?ここを曲がるとレイク・オエサが見えます」と言うので、「えっ?もう着いたの?」と思うと…

2

 レイク・オエサが見えました!あまりの美しさに感動して写真を何度も撮ります。

3

 さらに近づくと良い岩があり、その上に立つともっと良い感じで写真が撮れました。

4

 「オエサ」は先住民であるストーニー人の言葉で「氷」を意味するそうです。太陽が顔を出すと、文字通り真っ青になる氷河湖。

5

 ここでお昼ご飯。今日はお弁当も注文しました。一人1500円。内容は、おにぎり2個、ジュース1本、スナック2種、フルーツ。マンゴーは二人ともだめ、私はナッツ類も外して欲しい…とやりとりしていたら、なぜか私はフルーツなしということになり、代わりに野菜スティック。正直、よほどおにぎりを食べたいのでなければお弁当は注文しなくても良いかと思います。街のスーパーで、いくらでも自分の好みのものを用意できますので。なぜか夫にはマンゴージュース、私にはチョコレート味豆乳。普段豆乳は飲まないのに、その上チョコレート味。とても飲む気にはなれないのでそのまま持ち帰りました。もちろん、夫も。液体って、結構重さがあるんですよね…クッキーとスナックも、山では食べませんでした。日本に持ち帰って食べましたが、アヒルのスナックは塩味がマイルドすぎ。スナック類は、山で食べるなら日本から持って行った方が無難です。どんな味か分かっている方が安心。
 その他は自分たちで用意したもの。豚汁は日本から持ってきたインスタント。水筒、一つはお湯にしてそれで作りました。ハムとソーセージは朝食の残り。その他、奥のジッパー袋に入っているので分かりにくいですが、トマト、キュウリ、ぶどう。そして、レイク・オハラ湖畔にある売店で買ったキャロットケーキ。
 ただ、本当はお昼ご飯で一気に食べるのではなく、休憩の度に必要に応じて行動食を食べるべきでした。時間もありませんし、山では疲労のせいか一度にたくさんは食べられないのですよね。他の参加者を見ると、休憩時に結構もりもり食べていたりして、私も今度からは空腹を感じたら休憩時に食べないといけないと思いました。

6

 昼食後も何枚も写真を撮りました。太陽の加減で湖面の色が変容するのです。今となっては、自分がここにいたとは信じられないくらい美しい場所。

 7

 湖にばかり気をとられていましたが、振り返るとこんな絶景が広がっています。

web拍手 by FC2

«カナディアン・ロッキー旅行 5日目 -レイク・オハラ ②-

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ