フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。

    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

2022.07.29

春の道東旅行 二日目 知床五胡(五胡から三湖まで)

前日は夜まで強い雨が降っていましたが、旅行期間中に天気が悪かったのは幸い初日だけでした。
二日目の午前中は知床五胡ハイキング。現地ガイドさんと一緒にまわります。

Goko

地図です。途中で撮影したものなので「現在地」がスタート地点ではありませんが。ガイド同行ならフィールドハウスからスタートして、五胡すべてをまわることが出来ます(熊の出没がなければ)。

Goko1
Goko2

歩き出してすぐに、そこかしこに水芭蕉があるのに驚きました。水芭蕉を見たいと数年前に尾瀬に行きましたが、少し遅かったのか、水芭蕉が群生しているはずの水辺にはその姿はなく、尾瀬で最初に目にした水芭蕉は、地面に生えていたためかビックリするほど巨大で、可憐さはみじんもなく、むしろグロテスクでした。今回、水芭蕉が見られるとは全く思っておらず、しかも心に描いてきた通りの可愛らしい水芭蕉の姿に感激しました。ガイドさんによると、知床五胡で水芭蕉が見られるのはラッキーらしいです。水芭蕉はイモ科で熊の大好物なので、水芭蕉があるということは熊が出没しやすい場所で、通行禁止になりやすいエリアだからだそうです。今回は熊の目撃情報はなく、通行中に熊が出没することもなく、全コースを無事に歩くことが出来ました。

Goko3

写真では分かりにくいですが、木に熊の爪痕があります。

Goko4

五胡に到着。鳥のさえずりのような音が聞こえます。ですが、ガイドさんにこれはカエルの鳴き声だと言われてビックリ。

Goko5

たしかに、水中にはカエルの卵、そしてカエルがいます。きれいな鳥のさえずり、と思っていたら実はカエルの大合唱。そして時折聞こえるかえるのような鳴き声、これは実は鳥の声だそう。こんなカエルの鳴き声を聞くのは初めてで、動画録音をしなかったことが悔やまれます。

Goko6

まだ雪が残っています。というよりも、新たに降ったらしいです。

Goko7

四湖に到着。山の姿が少し見えます。

Goko8

湖から湖への道のりも目が離せません。

Goko9

三湖に到着。山々がはっきりと姿を現しました。この季節にしか見られない、見事な雪化粧の山。ゴールデンウィークではまだ寒いかもと心配でしたが、この雪化粧と水芭蕉を見て、この時期に来て良かったと思いました。三湖は湖を3/4周くらいします。

Goko10
Goko11

途中、絵に描いたような水芭蕉の群生が。これほどそこかしこで水芭蕉を見ることが出来るなんて。

Goko12

三湖の反対側まで来ました。

***
旅行初日のアップから2ヶ月経ってしまいました。これまで2年間、仕事はすべてオンラインでしたが、5月からは半分が対面になり、しかも予定外の仕事も入ったため、とにかくこなすのに精一杯で旅行記を書く余裕が全くありませんでした。でも書かないとせっかくの旅行は忘却の彼方、あとから確認することもできなくなってしまうので、これから少しずつ書いていきます。


web拍手 by FC2

2022.05.24

春の道東旅行 初日【網走】

11

2年前の新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言以来、はじめて本格的な旅行をしました。2年ぶりとあって、思い切って「春の道東 シャチ・ヒグマ観察と世界遺産知床」というツアーに参加しました。以前から、大型野生動物を見てみたいと思っていたので。ただ、残念ながらシャチもヒグマも見られませんでした。自然、野生動物が相手なので仕方ありませんね。ですが、それ以外にも内容盛りだくさん、そしてなんといってもネイチャーガイドとしても、ツアーガイドとしてもプロフェッショナルな素晴らしいガイドさんのおかげで、充実した5日間を過ごすことが出来ました。これから少しずつ今回の旅行記を綴っていこうと思います。

ツアー初日は、北海道の女満別空港にお昼過ぎに集合。東京から当日の便でも間に合うのですが、慌ただしくなるのを避けるために、前日の夜に女満別空港に到着、網走市内に宿泊しました。
翌日、集合まで時間があるので博物館網走監獄へ。これは大変勉強になりましたし、見応えがありました。北海道開拓にこれほど囚人が関わっていたとは知りませんでした。

12

敷地には主に旧網走監獄から100年前の木造建築物が移築されていますが、監獄であっても一級の建造物で、意匠が施され、趣があります。写真は旧網走監獄の舎房。廊下の天窓が美しく、舎房の格子も上手く出来ていて感心しました。

14

旧網走刑務所の二見ヶ岡刑務支所から移築された建物には食堂もあり、網走刑務所の受刑者が食べている現在のメニューを「監獄食」として彼らの隣で食べることが出来ます。少し興味はありましたが、ここでお昼を食べていては集合に間に合いません。そして、実はこの日は天気が悪くて外も中も寒く、どちらにしてもここで食事をする気にはなれませんでした。本当はちょうど桜が咲いていて、晴れていればきれいなのですがカメラを取り出す天気ではなく。ただ、思ったよりも多くの来場者がいました。

さて、集合時間に遅れないよう早めに空港へ。お昼は空港で食べました。そしてツアースタート。この日はウトロへの移動ですが、予定ではウトロ到着後、ゴジラ岩やオロンコ岩を散策することになっていました。ですが、港は大勢の報道陣がいて観光できる状態ではないとのことでスケジュール変更。代わりにエゾリスがいるという網走の公園へ。ですが、雨が降っていたためかエゾリスはおらず、寒かったという記憶しかありません。ただ、ガイドさんは日頃から野生動物チェックに余念がないらしく、道中タンチョウがいる畑を通ったり、私たちに動物を見せようと頑張ってくれました。とはいえ、なにしろ天気が悪い。予定にあったオシンコシンの滝は翌日に回し、ホテルに到着。

13

この日は知床ノーブルホテルに宿泊。写真は暗いですが、部屋は広くて快適でした。

15

夕食はバイキング。写真から伝わるでしょうか…正直、味は学食レベル。加えてすべての料理がぬるい。夕食会場オープン直後に行ったのに、もうすべての料理が冷めています。唯一温かかったのがシュウマイ。食事にこだわる方は、食事なしで予約した方が良いホテルです。

初日は最悪の天気でしたが、幸い、ツアー期間中、決定的に天気が悪かったのはこの日だけでした。

web拍手 by FC2

2022.02.25

MPL: S1806 シャーリングAラインスカート その1

【パターン】Mパターン研究所、S1806 シャーリングAラインスカート、4号 【制作】2022. 2  【生地】フレンチコーデュロイ マッシュルーム、CHECK&STRIPEにて購入

S18061-fs

 今、確認したら最後に自作服の記事をブログにアップしたのが2017年8月。雑貨は作っていたものの、洋服を縫うのは実に4年半ぶりです。自分でもビックリ。この4年間、本当に色々なことがあり、その半分近くがコロナ禍。2020年4月の緊急事態宣言以降、完全リモートワークでステイホーム状態ですが、それも来月で終わり。来年度からリモートワークもゼロではないものの、ほぼ全面対面に戻ります。そのためかどうか分かりませんが、久々に洋服を縫ってみました。
 

S18061-f

 久しぶりの洋裁にふさわしい(?)、大変シンプルなゴムスカートです。しかも本来付くはずのスラッシュポケットは省略。極限まで単純にしました。これほど手順が少ないのだからすぐに完成しそうなものの、正月に裁断してからなかなか時間がとれず、ようやく昨日出来上がりました。

S18061-2

 MPLの手順書は参考程度にして、縫製の仕様は所々変更しています。特に大きく異なるのがベルト部分。手順書ではベルトをスカートの表地、裏地で挟んで縫う(スカート側が高くなる)仕様ですが、私はスカートをベルトで挟む仕様に変更しました。表から落としミシンをかけています。
 試着したら着脱の際にベルトの天が安定せず、毎回直さなければいけなさそうなので、追加で端ミシンをかけました。

 

S18061-3

 ゴムスカートだと履くときに「どっちが前側だっけ?」となることが多いので、一目で分かるように後ろベルトにピスネームを挟みました。

S18061-4
 さらに、ゴム口を手縫いで閉じました。これでかなりゴムが安定しましたが、でもやはり幅3センチと太めになると幅2センチより安定感が減るようです。今度は2センチでステッチを入れて、幅2センチゴムを2本入れてもいいかなと思いました。それから、同じ長さでもゴムの種類によって着用感は激変するのですね。最初に入れたゴムは、MPLの4号指定の長さ通りで緩くて心許なかったのですが、完成版のゴムはプラス0.5センチでちょうど良かったです。ゴムって、生地によって使い分けるのでしょうか?早くお気に入りのゴムに出会いたいです。
S18061-s

 私の身長は159センチ。それでこの丈です。かなりロング設定のスカートですね。スカートのバランスとしてはきれいで、無地ならばこの丈でも良いかとは思いますが(階段が少し心配ですが)、柄物なら10センチ短くした方が良いですね。すでに柄物も、昨年初めて購入したリバティのタナローンがスタンバイしています。
 単純なゴムスカートではありますが、ベルト、裾のまつりなど、各所で通信講座で学んだことを実践して、以前よりもきれいに仕上げられたと思います。

S18061-bs
web拍手 by FC2

2022.02.09

沼津旅行 発端丈山(2)

発端丈山頂上からは富士山がきれいに見えていました。

Hottan9_20220209220201

山頂には他にも4名いて、一組は昼食をとっていました。たしかに、ここは日当たりが良くて暖かく、富士山を真正面に眺められるのでゆっくり休憩するのに最適です。私たちは日陰で昼食をとってしまったので、食べ終わる頃には寒くなってしまいました。

反対側の景色はこんな感じです。

Hottan10

頂上にいた方から、下に富士山が裾野まで全部見られるところがありますよ、と言われ、「展望台のことかな」と思いつつ下り始めました。その展望台につく途中に、大変見晴らしが良さそうな、ちょっとしたところがありましたが、そこは先客がいて全くそこを離れる気配がなく、こんなご時世なので近くに行くわけにもいかず、仕方なくただ通り過ぎました。

そして、展望台に到着。

Hottan11

展望台からの景色はこちら。

Hottan12

たしかに富士山が裾野まで見えます。ただ、なんとなく暗い場所にある展望台。先ほどの先客がいた場所は開けて明るく、あちらの方が景色は良いだろうなと思いました。

実は、下りは大変でした。この日は土曜日でしたが、水曜日は大雨で、その影響か地面が乾いておらず、そして元々粘土質なのか、とにかく滑ります。さらに秋の落ち葉が滑りやすさに拍車をかけます。滑らないように踏ん張りながら下り、景色を楽しむ余裕は全くなく、私はかなり怖かったです。写真を撮る気になれたのは、ほぼ麓に着いてから。

Hottan13

Hottan14

12月ですが、まだ秋ですね。

Hottan15

ようやく麓が見えました。ここまで来ると安心。

Hottan16

下山したときにはもう空が赤く染まっていました。

web拍手 by FC2

2022.01.25

沼津旅行 発端丈山(1)

 昨年12月上旬に、一泊二日で沼津を旅行しました。コロナ禍になってから初めての旅行。2020年1月の奈良旅行以来、ほぼ2年ぶりの旅行です。オミクロン株が問題になり始めていましたが、感染者数が大変少ない時で、今から思えば良いタイミングでした。
 ですが、遠出はためらわれます。とはいえ、久々の旅行なので山も海も、ということで沼津にしました。12月なので、東京より寒くはない、というのも条件。土日に行きましたが、結果として、今年最後の、外に長時間いても問題のない暖かさの土日でした。

 初日は登山。沼津にはいくつか山がありますが、私たちが登ったのは発端丈山。下山すると宿泊ホテルまで歩いてすぐだからです。

 沼津駅からバスで長浜城跡へ。ここからハイキングコースに入ります。

Hottan1

 しばらくはずっと舗装道路を歩いて行きます。ひょっとしてずっと道路なの?と不安になるくらい。この時期、私の家の近所でも柑橘がなっている木を多く見ますが、沼津はびっくりするほどたわわに柑橘が実るのですね。そんな柑橘の木を横目に見たり、途中、茂みで音がして人がいるのかと思ったら鹿が数頭駆け上がっていって驚いたり。でも、足下は舗装道路。登山靴は土の上を歩くのには良いのですが、コンクリートの上はかえって辛いです。

 Hottan2

 ようやく富士山が少し顔を出しました。

Hottan3

 そしてついに登山道に入りました。ここからは下山までずっと土です。久しぶりの山歩きは大変気持ちが良いです。本当は頂上で富士山を眺めながら昼食としたかったのですが、もう午後1時になろうとしていて、ずいぶんお腹が空いてこのままではバテてしまうので道ばた(?)で昼食をとることにしました。

 Hottan4

 こんな感じのところです。晴れて暖かい日でしたが、このように日陰になってしまうととたんに寒く、立ち止まって昼食をとるにはあまり適さない場所だったと、食べ終わる頃に気がつきました。

 Hottan5

 用意してきたのは太巻き。巻き寿司は家庭科でしか作ったことがありませんでしたが、昨年の節分に、今年は自分で作ってみようと思い立ちました。ステイホームでそんな気になったのかもしれません。作ってみたら思ったよりも簡単で美味しく、それ以来、定期的に作るようになりました。そして今回、おにぎりよりも太巻きの方が具材が色々入るから栄養があるだろうと、はじめて登山のために太巻きを作りました。結果として、登山にはおにぎりよりも太巻きの方が良いのでは、となりました。酢が食欲を増進させるのか、おにぎりよりも食べやすかったです。そして、魚肉ソーセージとインスタントスープ。これまでは山ではサッポロ一番醤油ラーメンを作るのが定番でしたが、小麦アレルギー気味になったために断念。

 昼食を終え出発。

Hottan6

 天気が良いので紅葉が映えます。

Hottan7

 足下は大量の落ち葉。風情はあるのですが、乾いた葉が大量にあると滑りやすく、傾斜がキツいところは滑り落ちそうな感じになります。滑り止めのある登山靴が必須です。

 Hottan8

 14時頃、頂上に到着しました。

web拍手 by FC2

«高橋ヒロ著『まいにち米粉 パンと料理とお菓子』