フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

2020.06.27

パターンレーベル:コイン&パスケース その2

【型紙】パターンレーベル、コイン&パスケース 【制作】2020年6月 【生地】カシミアウールコート地 AGNONA(ウール80%、カシミヤ20%)

Pas1

 2年半前に作ったコイン&パスケース。これは本当に便利です。それまではICカードと鍵を別々にしていたので、外出の際は物を二つ鞄に入れなければいけませんでしたが、今は物を一つ入れれば良いだけ。すごく小さなことのようでいて、ストレス削減効果は抜群でした。
 そして、いつも持ち歩いているうちに角が破けてきました。今度は少し気分を変えて、ナチュラル色のファスナーを使うことにしました。生地はこちらのコートの残反。タグはファスナーに合わせてブラウンにしました。この色合わせは気に入っています。

 

Pas2

 内ポケットは家の模様のかわいい生地で。デフォルトではこちら側は内ポケットなしですが、付けました。

Pas3

 後ろはごくごくシンプル。前回よりもしっかりした生地なので、ICカードがより安定して収まっています(写真はICカードが入っている状態)。

 

Pas4

 こちらの内ポケットは回数券が入れやすいように仕切りを作り、背を低くしました。
 ずっと使ってみて、私はストラップを付けることはないと分かったので、Dカンは付けませんでした。角が折り重なって丸くなってしまうのは、もうこういうものだと諦めました。

 4月に緊急事態宣言が出てからずっとリモートワークです。通勤時間がなくなるのだから時間に余裕が生まれるかと思ったら、まったく逆。むしろ作業が増え、洋裁の時間が全くとれず。このパスケースも裁断から完成まで2ヶ月近くかかってしまいました。

web拍手 by FC2

2020.04.15

パターンレーベル: サコッシュ その2&サコッシュミニ その5

【型紙】パターンレーベル、サコッシュミニ 【制作】2020年4月 【生地】コーデュラ 500 ナイロン 無地 ネイビー

S1

2018年に夫に作ったサコッシュが破けてきたので、新しく作りました。あのときは夫がサコッシュを愛用するかどうか分からなかったので、そこそこの生地で作りましたが、今ではサコッシュなしの生活は考えられないくらい使っているので、それならしっかりした良い生地で作ろう、とコーデュラを使いました。

S2

生地は巻きで届きました。アイロンがほとんど効かない生地なので、購入するなら巻きが絶対お勧めです。多分、一度付いた折り目はとれません。郵送費はかかりますが。

アイロンで折り目を付けようと思ってもキッチリとはつかず、動きはほとんどない生地なので、通常の布よりは縫いにくいと思います。動かないから楽な面もありますが。ミシンは、あまり高速では縫わないほうが良さそうです。縫い目が飛びます。
折り目が付かないので、ループは両端をミシンで縫って抑えました。底など、折り目が欲しいところは一晩文鎮を載せておきました。こうしておくと、まあまあ折り目が付きます。

内ポケットには豆柴の布を使いました。

S3

実は、同じ生地で昨夏にサコッシュミニも作りました。夫用です。

S4_20200415181301

こちらも大変愛用しています。昨年9月のモスクワ滞在でもずっと使っていました。それにしても、何やらわさわさずいぶん持っていますね。

多少扱い難さもありますが、大変仕立て映えする生地です。既製品のような雰囲気です。メートル単位の切り売りですが、1メートルでサコッシュとサコッシュミニを作ってもまだ余っています。もう一つくらい何か作れそうです。

web拍手 by FC2

2020.02.15

奈良旅行 ―がんこ一徹長屋―

 最終日は石上神宮体験プランに参加。本当はこの日に當麻寺体験プランへ参加する予定でしたが、年末に「催行中止」の連絡が来ました。なので訪問日をチェンジしましたが、その時点ですでに新幹線のチケットを購入していたので、石上神宮のあと乗車まで数時間余ることになりました。じゃあ、その間にどこかもう一つ、薬師寺か唐招提寺に行こうということで、まずは最寄りの西ノ京駅で降り、コインロッカーにスーツケースを預けました。石上神宮体験プランにはまだ時間に余裕があったので、伝統工芸職人の工房が集まっている「がんこ一徹長屋」に行ってみました。

G1

 入り口をくぐると、それらしいたたずまい。

G2

 ですが、歩いているのは私たちだけ。それぞれの工房もやっているのかいないのか…入りやすい雰囲気ではありません。夫はそのまま帰ろうとしましたが、せっかく来たのだからと私は器のお店に入りました。後ろで夫が、「入ったら買いたくなっちゃうよ」と止めましたが。

G3

 「赤膚焼 大塩恵旦」。入って左側に並んでいるはずいぶんゼロが多いびっくりのお値段の器。なんとか現実的なのは右側。その中で夫が目を付けたのが、ペアの湯呑みと鹿が描かれた中皿でした。見ていると店主が「福袋もありますよ」と勧めてくださいました。様々なお値段の福袋、中には「これは薬師寺の東塔の土で作ったものです」という小皿5枚セット福袋もありました(こちらでどんな色合いか見られます)。それは貴重で縁起もよさそう、でもこういうお皿は家にあるからなあ、と思っていたら、夫が目を付けた中皿2枚とペアのフリーカップがセットで1万円の福袋がありました。湯呑みでなくてフリーカップだけれど、個別に買うより福袋の方が断然お得。フリーカップの方が湯呑みより大きくて、かえってこの方が汎用性があって使えるかも。フリーカップは紅白セットで、白がすこし灰色よりで夫はその色合いが気に入らず、福袋購入を渋っていました。念のため、「白は、ここに出ているものだけでしょうか」と尋ねたところ、奥から数点「白」を持ってきてくださいました。その中に夫の好みにぴったりの色合いのフリーカップがあり、福袋を購入することに決定。そして、2枚の皿も「ひょっとして?」と、念のため「お皿はこの色だけでしょうか」と尋ねたら、こちらも奥から3枚ほど持ってきてくださいました。
 福袋に元々セットされていたのは真っ白なお皿。奥から出てきたのは白と茶が混在したお皿。「真っ白はよくあるけれど、茶色くなっているのは二度焼きしていて、多分よそにはない。」私は白一色よりも茶色もある方が雰囲気があり、食べ物が映える気がしたのでこちらを購入することにしました。

G4

 こういうセットです。そしてこちらの器は実際に使ってみると、感動的な素晴らしさでした。

G5

 ネットで少し調べたところ、大塩恵旦氏の器は薄いのが特徴のようです。カップもお皿も薄くて軽い。そして、カップの飲み口。この薄さ、外側への曲がり具合が絶妙で、驚くほど口にすっと馴染みます。帰宅してさっそくこのカップで飲んでみてから、あまりの飲みやすさに以来ずっとこのカップでばかり飲んでいました。「たまには他のでも飲むか」と他の湯呑みで飲んでも、やはりこの大塩恵旦氏のフリーカップに戻ってしまいます。半世紀近く生きてきて、これまでの人生で一番飲みやすいカップ。

G6

 こちらのお皿も良いですね。ショートケーキを載せても、なんだかケーキがグレードアップした感じになります。
 絶対にまた訪れて、今度はティーカップかコーヒーカップを買いたいです。

web拍手 by FC2

2020.02.02

奈良旅行 ―ホテルニューわかさ 二泊目―

 二泊目の夕食です。飛鳥鍋にしました。

H3

 鶏ガラのスープと牛乳の鍋です。食卓に着いてから火をつけます。牛乳が入っているので、吹きこぼれないために蓋をしません。そのためか、沸騰するまで思いのほか時間がかかりました。

H5

 出来上がりはこんな感じ。全く写真映えしない鍋です。どの鍋にするかはチェックイン時に決めます。他にすき焼き、しゃぶしゃぶ、寄せ鍋の四種類から選べますが、せっかくなので郷土料理の飛鳥鍋にしてみました。鶏ガラスープと牛乳の鍋というのは全くピンときませんでしたが。ですが、食べてみると意外にも美味しく、家でも試してみたいと思うほどでした。よく考えればシチューと同じわけですから、それほど突拍子もない鍋ではありませんね。写真には写っていませんが、中には様々な魚介類もあって、大変豪華な鍋でした。

 食卓には最初から梅豆腐、お刺身、ご飯、漬物が用意されていました。

H1
H2
H4

 途中で揚げたての天ぷらが出てきました。

H6

 最後に水菓子。

H7

 やはり鍋は温まりますし、旅行で不足しがちな野菜も多くとれるのでお勧めです。

 ところで、いつものことなのか期間限定なのか分かりませんが、こちらのホテル、夕食の時間にマジシャンが各テーブルをまわって目の前でカードマジックをしてくれます。1泊目は疲れていたのと、全く予期しなかったことに驚き(ホテル側からは何のアナウンスもなし。サプライズ?)、「食事中なので」とお断りしました。二日目は心の準備も出来ていたし、鍋なので冷めてもまた温められますから、お願いしました。
 目の前でプロの方にマジックをしてもらうのは初めてでしたが、すごいですね。まったくタネが分かりませんでした。私たちには見えない背中側で何かしているのかしら?と他のテーブルでやっているときに観察してみましたが、反対側から見ても怪しい動きは一切なし。
 マジック用のトランプに初めて触りましたが、不通のものよりツルツルしていてカードを切りやすかったです。マジシャンがバーッとカードを混ぜるのを見ると「さすが器用!」と感心していましたが、一応、やりやすくなっているのですね。

 朝食です。

H8
H9

 二日目は湯豆腐の代わりに揚げ出し豆腐でした。私たちが席に着いてから揚げたみたいで、熱々でした。

H10

 ところで、こちらのホテルは公式HPから予約すると売店利用券プレゼントがあります。こちらから印刷します。出発前日に思い出して印刷しましたが、思い出して良かった!なんと、売店で2000円分買えたのです!びっくりです。

 チェックアウト後は近鉄奈良駅へ。それにしても、こんな道路にまで鹿がいますが、事故は起きないのでしょうか?

H11


web拍手 by FC2

2020.01.31

奈良旅行 ー春日大社、興福寺ー

 東大寺のあとは春日大社へ。今あらためてパンフレットを見ると春日大社エリアには水谷九社、若宮十五社など訪れるべきところはたくさんあったのですが、私たちが行ったのは大宮だけ。なにしろ寒かったので。寺社というのはどこも一切暖房が入っていないので本当に体が冷えます。唯一、暖をとれたのは昼食をとった二月堂付近の食堂だけ。

 せっかく来たので特別参拝をしました。

K1

 本当は渡されたパンフレットを見ながらまわるべきなのですが、参拝では脱帽しなければならず、さらなる寒さのためにパンフレットを広げる気になれませんでした。なので、残念ながら、なんとなく進路通り見て回っただけです。それだけでも十分楽しめ、はっとする美しい光景にも出会いました。

K2
K3
K6

 中でも楽しかったのが藤浪之屋。春日大社は燈篭がたくさんあることが有名で、2月の節分、8月14・15日に行われる万燈篭神事の様子が再現されています。

K4
K5

 本当の万燈篭神事はさぞかし荘厳なことでしょう。

 このあと、寒いのでバスに乗って興福寺へ行きました。春日大社からは唐招提寺や法隆寺へ行くバスも出ているのですね。けっこう時間はかかりそうですが、車窓の景色を楽しむのも良いのかもしれません。

 興福寺といえば阿修羅像。でも、国立博物館での展覧会で見たことがあるので今回はパス。夫の目的は五重塔を見ることだったので、すぐにそちらに向かいました。

K7
K8

 興福寺で入場したのは東金堂だけです。本当は2018年に再建が完了したばかりの中金堂にも入るべきだったのでしょうけれど、寺社見学は全部中を見ていたらかなり入場料がかかることが分かり、ひよってしまいました。
 せっかくなので三重塔にも行ってみました。

K9

 そのまま、この辺りでは一番の繁華街という東向商店街に行ってみました。店先で団子を焼いているお店があり、夫は焼きたてのみたらし団子を購入。私は歯の治療中で餅は危険なので、どら焼き。店の奥で食べることができるので、お安く休憩しました。そして、数件隣のケーキ屋さんでホテルの部屋で食べるためのショートケーキを買いました。
 ホテルへの帰り道、静かな(寂れた?)通りを歩いていたら偶然「活版工房 TAN」というお店の前を通りました。気になったので中へ。御朱印帳も、大変洒落たものがありました。しばらく商品を見て回り、麟鹿草木夾纈屏風文様の絵はがき1枚と和皿を一人1枚ずつ(HPにはない絵柄)購入。この和皿、外国へのお土産にいいのでは?絵はがきはリビングに飾っています。

 出発前は奈良国立博物館へも行くつもりでしたが、そんなのはとてもとても無理でした。きちんと見るなら、一日に回れる寺院は二つが限度ですね。

web拍手 by FC2

«奈良旅行 ー東大寺ー