MPL: P1607 Vネックブラウス その2

【パターン】Mパターン研究所、P1607 Vネックブラウス、5号 【制作】2017. 4  【生地】前身頃:MARIO CAPRA コットンカットボイル、後ろ身頃:綿100%シャツ地 (いずれもヨーロッパ服地のひできにて購入)

Mpl_v2f1

 昨年の夏に裁断したものの、縫う前に秋が訪れたのでそのまま放置していました。あまり生地で作った「まかないブラウス」です。
 前身頃は、このブラウスの余り生地。この布、着心地が良くしわにもならず、手洗いして干せば勝手にきれいになってアイロンいらず。色、模様、質感、どれも大変気に入っていて、叶うことならまた買いたい、これまで購入した生地の中でも特に好きな布。ノースリーブなら前身頃分はとれそうな余りが出たので、ずっととっていました。
 後ろ身頃は、このブラウスを作った余り布。本当は前身頃に合わせて薄くて軽い生地を使うべきなのでしょうけれど、手持ちにそうした半端布はなく、このためにわざわざ買うのも…ということで、まあいいかと使うことにしました。余った量がちょうど良かったので。

Mpl_v2bs

 前と後ろでは生地の雰囲気がまったく違うブラウス。これで良いのか悪いのか、よく分かりません。前身頃に白が入っているので、後ろ身頃は白で馴染むかと思ったら、予想以上に前後でパキッと分かれる感じに。

Mpl_v2s1

 こんなポーズをとっても前身頃がそれなりに馴染み、前作みたいに前身頃がカパッと浮くことがありません。後ろ身頃の方がしっかりした生地で、重みがあるためか、着ると後ろ身頃の方が長くなりがちにもかかわらず。この型紙は、ギャザーブラウスが作れそうな生地を使った方が無難みたいです。もっとも、スッとまっすぐ立てていれば使える生地の幅は広がるのでしょうけれど。MPLのモデルさん、ブロードでもきれいに着ていますよね。

 単純なブラウスなので、縫製に関して特筆することはありません。ただ、袖口の折り返しアイロンで、今年お店で見つけて買ってみたクロバー アイロン定規 <ロング> 25-059が役に立ちました。この定規、フレアースカートの裾折りで大活躍しました。久々に、買って良かった手芸用品です。

Mpl_v2fs2

***

 トレーニングに通い始めてそろそろ3年近く。3年という月日には驚くばかり、そしてまだまだ改善・鍛える余地が大いにある私の体ですが、それでもだいぶ体の使い方が変わってきたようです。それに伴って、今まで疑問を持たずに着ていた服の中に、着心地が悪い、見た目がおかしくなるものが出てきました。うしろ襟の下にカウルネックのような盛り上がりができる、背中がガバガバなど。こういう服を着ていても良いことは何もないし、どうせ服を選ぶときに自然に避けるので邪魔なだけ、ということで今日、思い切って処分しました。全部で7着かな。型紙も去年からずいぶん処分していますが、新たに二つ捨てました。
 ところで、前回アップしたショールカラージャケット、着心地の良さに感激しています。前ボタンを閉めても肩がものすごく楽で、まるで何も着ていないようです。このジャケットはまたぜひ作りたいです。

web拍手 by FC2

MPL: J1403 ショールカラージャケット その1

【パターン】Mパターン研究所、J1403 ショールカラージャケット、5号 【制作】2017. 1-2  【生地】シルク混ウール(インポート布地・fan-annexにて購入)

J1403fs

 以前カラー診断を受けた際に、「ふつうはここまでのピンクになると顔色が悪くなるけれど、あなたは大丈夫」といわれたピンク。その言葉が印象に残っていて、インポート布地・fan-annexでこの生地を見たときは後先考えずに2.4メートル購入しました(80センチ単位で売られていました)。タグが見あたらないのですが、たしかロロピアーナの生地です。所々黒くなっている箇所があるからか、ロロピアーナとしては格安でした。
 しかし、なんといってもこの派手なピンク。いったい何を作れば良いものかと購入から何年も手をつけられないでいました。このショールジャケットの型紙が発売されたとき、なんといってもこの色なので、あまり甘すぎない、さらりとした中性的なこの形(MPLとしては「女性らしくコンパクトなシルエット」とのことですが)が良いかと思いました。さっそく型紙を購入しましたが、そのあともやはり悩んで2年以上が経過。でも、いつまでも生地として持っていても仕方ない、と「えいっ」と形にしました。

J1403fb

 何年ぶりか分からないフラップポケット。ひょっとして、このジャケット以来?だとしたら13年ぶり?かなり気が重かったこのポケット、取りかかってみると面倒ではあるものの、案外たのしく作れました。全部しつけをしましたが。
 昨年末に裁断、少しずつ縫い進め、2ヶ月もかかってしまいました。あまりにもゆっくり縫っていたので、あまり細かい事は覚えていません…
 このジャケット、MPLの指示ではなぜか打ち合わせが左上。今回は一応指示通りにしましたが、慣れないのでボタンがかけづらいです。次からは右上にすると思います。

 J1403fo

 前を開けるとこんな感じ。写真を見る限りでは、閉めた方が形がきれいに出ますね。このジャケットのシルエット、MPLだなと思います。

 J1403_kiji

 生地のアップ。このようにバスケット織りになっています。マットな生地だとさすがに全身この色はきついですが、この織りで多少印象が柔らかくなっていると思います。アイロンがかかりやすく、縫いやすい生地でした。おまけに、しわがついても一晩トルソーに着せておけば取れてしまうという、優秀な生地。
 ボタンは以前ヨーロッパ服地のひできで購入したもの。

 作っている段階では細すぎるかと思ったショールカラーですが、出来上がってみると主張しすぎず良い感じです。気に入ったので、また作りたいです。

 ところで、140cm幅でこのジャケットの用尺は1.5m、このフレアースカートは1.6mですが、2.4mで両方作れました。しかも、黒い部分は避けての裁断だったのでキツキツでしたが、キズモノでなければ余裕のはずです。

J1403f

J1403s

J1403bs


 *** おまけ ***

Katagami

 新年度ということで(?)無印良品でボックスを買ってきて型紙を整理しました。分かりやすいようにマスキングテープで目印。カットソー、ほとんど作らないくせに型紙だけはたくさん持っているのに驚きました。

web拍手 by FC2

MPL: S1407 フレアースカート その1

【パターン】Mパターン研究所、S1407 フレアースカート、5号 【制作】2017. 3  【生地】シルク混ウール(インポート布地・fan-annexにて購入)

S1407bs1

 MPLのカタログページを見たときは、カメラのアングルのせいかそれほど心惹かれなかったスカートですが、このブラウスと合わせている写真(最後の黒のスカート)を見て素敵だなと思いました。1年ほど前から服の好みが変わってきて、今は何の変哲もない、こういうシンプルな形の服を着たい気分。
 ダーツもタックもなし、前後2枚の布を縫い合わせるだけの単純なスカートなのに、たらたらと完成までに1ヶ月もかかってしまいました。3月、意外に忙しかったです。前回、セミハイウエストタイトスカートのウエストが緩かったので、こちらは縫い代を3ミリ増やし、全体で1.5センチ小さくなるようにしましたが、今度はぴったりすぎかも…誌上・パターン塾(vol.2(スカート編)) によると、ウエストのゆとりは1センチで良いらしいので、それならば数値上は余裕のはずですが。でも、ウエストのサイズって立ち方一つでいくらでも変わるのですよね。

S1407f

 フレアーが美しく、ウエストと裾幅の対比でスタイルアップするように思えるスカート。シンプルなので、布を変え、丈を変え、何着も縫えそうな型紙です。難点は用尺でしょうか。110cm幅でも、140cm幅でも、1.6m必要です。140cm幅だと、縦にかなり余ります。なので、いっそのことジャケットも作ってセットアップにした方が、生地に無駄が出ません。後ろスカートをセンターで接いで、差し込み裁断すれば用尺は減るようですが。
 説明書ではウエストはぐるりと一周ステッチ始末になっていますが、それではカジュアルすぎて生地の雰囲気に合わないので、アネパターン式のウエスト始末にしています。ベルトとスカートの縫い代は割り、ベルト上の接ぎは裏コバステッチ、裏ベルト下はバイヤス始末して、表から落としミシンです。
 「中厚地から厚地まで」となっていますが、デフォルトの丈だと布がたっぷりなので、できるだけ軽い生地を選んだ方が無難です。
 多分、歩く姿が一番きれいなスカート。今回はストッキングを履いていますが、ソックスも合わせやすそうな形です。

 S1407fs

S1407s

S1407bs

web拍手 by FC2

米沢・白布温泉旅行 -朝食と米沢-

 旅行2日目。良く晴れています。

Sirabu2

 起きてまずは家族風呂へ。大浴場は、あれ以来怖くて寄りつかず、露天風呂には一度も入らず仕舞い。

Sirabu1

 朝食。笹の葉にくるまれているものは、ちまきだと思い込み、食べきれないからこれは持ち帰ってあとで食べることに。帰宅して開けたら、なんと中身は納豆でした。でも、すごくしっかりした、大豆風味満点の美味しい納豆でした。

 このあとは米沢市内へ。帰りの新幹線まで時間があるので、少し観光をすることに。本当は、さしこ工房創匠庵に行くつもりでしたが、直前に冬季休業なことに気がつき、米沢織物歴史資料館に変更しました。
 1階は売り場、2階が展示室。料金を払って2階へ。

 Yonezawa1

 始めに展示されている、生地ができるまでの過程を描いたジオラマが良くできていました。他に初期の機織り、米沢織りでできた昔の服、草木染めの糸などが展示されていました。DVDでは、生地ができるまでの工程を見ることができ、これは大変、生地は粗末にしてはいけないと改めて思いました。そして、水野真紀さん、沢口靖子さんがデザインした米沢織りのウエディングドレスが展示されていて、お二人が着た写真もありました。沢口靖子さんのウエディングドレス、白雪姫の女王の服に形が良く似ていて、これを結婚式に着るなんてあるの?という感じ。

 展示室はそれほど時間をかけることなく、見終わりました。といいますか、寒くてとてもいられませんでした。1階は売店になっていて、従業員は全員そこに。もちろん暖房が入っています。ですが、2階は誰もおらず、暖房も、おそらくは一度もつけたことがないだろうというくらい完全に冷え切っていました。入場料を支払った私たちが2階に上がっても、暖房を入れるという心配りは一切なし。正直、もてなしの心はまったく感じられませんでした。冬に行くことはお勧めできません。

 1階の売店では生地、ハギレが売られているので、少し期待を込めて見に行きました。ですが、買いたいと思うほど心惹かれる商品はありませんでした。2階では、米沢織りで使用される美しい色の糸が張り巡らされた回廊がありました。その糸をそのまま素直に織り上げれば美しい服地ができるはずなのですが、販売されているものはなぜか、微妙な色合いの布。ある意味、昔からの伝統的な。もったいないです。

 屋内にいたのに体が冷えたので、喫茶店でなにか飲もうとなりましたが、このあたりは観光の中心地であるにもかかわらず喫茶店がほとんどありません。歴史資料館に置いてあった情報誌で見つけた「豆いち」という珈琲店が近くにあるので、そこに行くことに。てっきり喫茶店だと思っていたのですが、着くとそこは販売店でした。ただ、なにか買ったお客さんにはサービスで珈琲を飲ませてくれるとのこと。夫がコーヒー豆を買い、珈琲を入れてもらえました。それが、いい豆を使い、きちんと丁寧にいれた珈琲のようで、ふだん珈琲はまったく飲まない私も美味しく飲めました。これで無料とは驚き。お金をとってしかるべきレベルの珈琲です。

 そして、駅の近くのラーメン店で米沢ラーメンを食べましたが、これが、今ひとつ。このお店の問題なのか、米沢ラーメンの問題なのか…

 いろいろと珍事が発生した今回の旅行ですが、今年もたっぷり雪を見ることができて良かったです。

web拍手 by FC2

米沢・白布温泉旅行 -白布温泉東屋 夕食-

 温泉では体が冷えるという珍事が起こりましたが、気を取り直してお楽しみの夕食へ。

Sirabu1

 お品書きがなかったのでどれが何だったかあまり覚えていませんが…左奥の一見豆腐に見えるもの、これは豆腐ではなくてなにか大変凝ったもので、とても美味しかったです。

Sirabu2

 ニシン蕎麦と鯉のお造り。私はニシンが苦手で、自分から食べることは絶対しないのですが、このニシンはとても食べやすくて美味しかったです。鯉のお造りも酢味噌で美味しくいただけました。

Sirabu3

 岩魚の塩焼き。これは焼き加減といい、お味といい、絶品でした。

Sirabu4

 米沢牛のすき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキから選べますが、たまには趣向を変えようとステーキにしました。…うーん、私はステーキは自分で焼くのではなく、プロが焼いたものを出して欲しいです。てっきりそうだと思っていたので、ちょっとがっかり。これでは自宅でするのと変わりません。お肉は…本当にいいステーキを食べたかったら、専門店に行って何千円も出さなければいけないのだと、改めて思いました。岩魚の方がずっと美味しかった。

Sirabu5

 お米、美味しかったです。外で美味しいお米を食べるのは意外と難しいですが。
 最後に水菓子としてリンゴが出ました。

 夕食後は一休みして、温泉をリベンジ。今度は家族風呂。こちらは洗い場も暖かく、お湯も少し水を入れないといけないくらい熱くて、ようやく温泉を満喫できました。

web拍手 by FC2

«米沢・白布温泉旅行 -白布温泉東屋-

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ