フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

トップページ | 2004年1月 »

2003.12.31

年の瀬

ホームページを作り始めたと思ったら、あっという間に大晦日に。年賀状、大掃除…どれも終わらないまま、年を越しそうです。
できたてのつたないホームページをご覧くださり、ありがとうございました。お正月には、着用写真を撮ってくれるよう、カメラマンにお願いしていますので、過去の作品を何着かアップできるかもしれません。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

2003.12.27

藍花陶房の福袋

aika1.JPGaika2.JPG

私は「職人が一つ一つ手作り」というものに弱いです。そして、工房直売となると、なおさらです。
そんな私が大好きなうつわやさんが藍花陶房です。こちらは、「東京竜泉窯 」という小さな工房で制作されているうつわを販売している、ネット上のショップです。和食器の良さを保ちつつも、現代らしさ・新しさをそなえた、職人さんの心意気が伝わってくる、趣味のいい、素敵なうつわがたくさんあります。
その藍花陶房で、福袋を買いました。12月25日に到着。まさに、クリスマスプレゼント。箱の中にぎっしり詰まった器、そして女将さんの人柄がうかがえる、丁寧な梱包。本当に、わくわくしながらひもといていきました。中から出てきたのは…えっ、こんなにたくさん、そして、こんなに高品質の器、本当にいいの?期待以上の品揃えに、みんなにも見せたくなってアップしました。この福袋、5000円です。「1万円以上の品が入ります」となっていましたが、そんなものではすみません。箸置きを一組と数えて、17品ですよ。単純計算で一品300円。こんな質の高い器が、そんな値段で買えるなんて、ありえません。実際、正規の値段だと、灰色のプレート2枚だけで5000円超えています。
この福袋の良さは、ボリューム感、お得感だけではありません。いろいろ希望が書けるのです。私も、「酒器、抹茶茶碗はいりません。とくに欲しいのは、1人前のサラダが盛れる器です。」などいろいろ注文を付けましたが、女将さん、本当にいろいろ考えてくださったんだなあ、と感激しました。
灰色のプレートと白い大きな器は、新商品として紹介されたとき、「欲しいなあ、でも無理だなあ」とあきらめていたもの。それが、どんぴしゃりで入ってきて、びっくりです。
青い青磁の小鉢も、欲しかったのにすぐ売れきれてしまい、「残念でした」と以前メールに書いたのですが、その青磁の小鉢が入ってきて、「覚えていてくださったんだ」と、とても嬉しかったです。
ご飯茶碗は、サイズ・種類違いで3種類入っていました。我が家は、二人で同じ茶碗を使うのではなくて、それぞれが、その日の気分で、好きな茶碗を選んで食べるので、いろんな種類のお茶碗があるととても嬉しいのです。「女将さん、どうしてうちの習慣が分かるの?」とびっくりです。
私は、自分で買うときは、きれいな、つるりとしたうつわを選びがちですが、「普段買わない器が入ってくるのが福袋のいいところなので、おまかせします」としたら、きっちり渋めの器も入ってきました。こういう器があると、食卓が引き締まりますよね。
赤い器が珍しいカップも、我が家にはなかったタイプ。タケノコの箸置きも、しゃれています。
器の善し悪しって、実際の料理を盛ったときに分かりますよね。藍花陶房さんの器は、料理を盛ったときに、その良さが分かるので、これから使うのが楽しみです。
写真、あまり上手に取れていませんね…器の良さが伝わっていません。興味を持った方は、どうぞ藍花陶房(「陶房 りん花 (Lin:ka)」に改名されています)のホームページをご覧ください。この福袋、第1弾は終了しましたが、第2弾もあるそうですよ。

CHAIについて



DSCF0217.JPG 【管理人】snow-yuki
1971年生まれ、現在東京在住。
夫と仕事持ち、子供なし。
趣味はソーイングとキッチンガーデン。

【リンクについて】
当サイトはリンクフリーです。事前事後共に報告は必要ありません。なお相互リンクはいたしておりません。

【CHAIについて】2006年1月改訂
CHAIは私のソーイングライフの紹介をメインとしたページです。私は洋裁は全くの素人で、教室等に通ったこともなく、本などを参考にして独学でやっています。そして、あくまでも気楽な趣味として、のんびり、マイペースで取り組んでいます。そんな私でも、Mパターン研究所anneesi.cottonのパターンを使うことで、縫うだけでなく着る楽しみも味わっています。洋裁を始めて2年、自分の作品を誰かに見ていただきたい、そしてこの楽しさを伝えたいという思いが高まり、思い切ってホームページを作ってみました。もちろん、「sewingとlifeのページ」なので、ソーイング以外のこともちょっぴり紹介していきたいと思っています。

こちらのサイトは、ニフティの「ココログ」を使用しています。「ココログ」では、まず表紙、その下にいろいろなページを作るということができなくて、書いた記事がどんどんトップページにアップされていきます。初めてご覧になった方は、いきなり記事が目に飛び込んでくるので、驚かれたことと思います。サイドボードに「最新の記事」「カテゴリー」などが載っていますので、こちらを通常の「表紙」ととらえてください。
トップページには最新の記事が3個表示されます。それ以前のものは、「カテゴリー」「最新の記事」などで見ることができます。
それから、「ココログ」の最大の特徴は、それぞれの記事に「コメント」が書けること!「コメント」をクリックすれば、記入できます。メールアドレスを書かなくても投稿できる設定になっていますので、お気軽にどうぞ!作品の感想などをいただけると、とっても嬉しいです。

【CHAIの構成】
つぶやき……お知らせなど。

パターン別一覧……作品を、パターン別に一覧表にまとめました。それぞれをクリックすると、作品が見られます。
こだわったのは必ず着用写真を載せること。やっぱり、洋服の善し悪しは着てこそ分かると思うからです。それから、パターンの購入先、商品番号、値段、そしてサイズも載せました。サイズを載せたのは、たとえ同じ服・パターンでも、サイズによってかなりイメージが変わるのではないかと思ったからです。とくに、私の場合、肩幅が広いので、Mパターン研究所で購入すると、トップスのサイズは腕周りで決まります。ちなみに私の身長は159センチです。サイズを載せるのはかなり恥ずかしいのですが、皆さんの参考になればと思い、思い切って載せました。それから、生地の購入先、値段も分かる範囲で載せています。
それから、ALICEでカラー診断をしていただいたところ、私のタイプは「ピュアロマンチック」でした。この結果を参考に生地の色を選んでいます。

ソーイング本……私が愛用しているソーイング本をご紹介しています。表紙と中身の写真も載せています。

ソーイング道具・収納……私が使っている道具と、その収納方法のご紹介です。

ソーイング雑記……ソーイングをやっていて気が付いたこと、疑問に思っていることなど。

ホームページ作成記……CHAI作成の道のり。これからブログでサイトを作ろうとなさっている方にも、参考になるかも。

料理・くらし……料理や暮らしについてのあれこれです。

料理本……私が持っている料理本のご紹介。ソーイング本よりずっと多いです。こちらも、表紙と中身の写真を載せています。

……あまり頻繁には行けませんが、旅行が好きです。我が家は車を運転しないので、移動手段はもっぱら公共の乗り物と徒歩です。旅先は、「自然の中で歩くことができる」「温泉」「料理のおいしい宿」をポイントにしています。

旅-サンクトペテルブルク-……2005年秋に1ヶ月ほどロシア第2の都市サンクトペテルブルクへ行ってきました。そのとき気が付いたあれこれです。

暮らしの道具……私が実際に使った暮らしの道具のご紹介です。正直な感想を載せています。

母のニット作品……私の母は、私が中学生の頃から編み物を習っていました(今はもう習っていません)。ですから、私のセーターといえば母が編んだものばかり。私にとっては当たり前のようになっていますが、これってとても贅沢なことですよね。せっかくなので、ご紹介します。

【CHAI出張版】
SNOWのソーイング日誌
CHAIのサブメインページ。私は作業がとても遅いので、1着を仕上げるのに1ヶ月以上かかることはしょっちゅうです。単純なタイトスカートですら1日では仕上げられません。作品のアップは大変なスローペースになると思います。そんなわけで、洋服の作成過程、材料の買い物などを日誌風に公開することにしました。作成過程では、作っていていろいろ気づいた点も書いていく予定です。これから作る方の参考になれば、と思います。でも、なにぶん素人なので、「それは違うよ」「こうすればもっとうまくいくよ」と思われることもあると思います。そんなときは、こちらもそれぞれの記事にコメントが書けるようになっていますので、教えてくださると嬉しいです。こちらのコーナーは、「livedoor」のスペースをお借りしています。
<現在休止中>

SNOWソーイングギャラリー
作品のディテール写真や着用写真をたくさん載せています。こちらは、「チャンネル北国tv」のスペースをお借りしています。

2003.12.23

カラー診断

2.JPG
布を買うとき、困るのが色。既製品なら、実際に試着できるので似合うのか似合わないのか分かります。でも、布の段階だと、今ひとつイメージがつかめないし、重い反物を鏡の前に持っていって、いちいち合わせるのも大変。それになんと言っても、せっかく自分で縫ったのに、着てみたら全然似合わない、ではがっかりです。そんなわけで、私は布選びにものすごく時間がかかっていました。で、いつも無難な色ばかり選んでいました。私にとっての無難な色は「青」です。
 でも、それではつまらない。せっかく自分で縫うのだから、もっといろんな色に挑戦したい。そして、本当に自分に合う色で縫いたい。そう思って、思い切ってカラー診断を受けました。私が診断してもらったのはALICEです。こちらのサイトを見て、「良さそう!」と思いきって申し込みました。このサイト、色についていろいろ書いてあってお勧めです。
実際の診断では、いろいろな色を顔に当てて、似合う色を見てもらいましたが、驚いたのは、顔映り、つまり肌の色だけではなく、その人の骨格も診断材料になることです。あご下の陰は、薄い色なら薄く、濃い色なら濃くなりますが、骨格によってあごから頬がすっきり見える色の強さが違ってくるのです。私の場合、薄い色だと輪郭がぼやけ、かといってあまりにも濃い、暗い色だと変な影ができて、あごのあたりが「もやっ」としてしまいます。私は薄い色を好んできていましたが、私に似合うのは、ちょっと強めの色だそうです。もちろん、目の強さ、その他諸々で決まりますが。
あとは、似合うメーク、アクセサリー、宝石、小物のアドバイス。これらをまとめたものが、当日メールで送られてきます。それから、後日、写真のカラーチップが送られてきました。
何色を身につけるかということは、人によっていろいろ考えがあると思いますが、私の場合は、肌が弱いこともあってあまり濃いメイクはできないので、逆に似合う色を着ることで、できるだけメイクをしなくて済むようにしよう、と思っています。なんでも、似合う色というのは生涯変わらないそうなので、このチップはずっと使えるようです。
実際、生地を買いに行くときにチップを持っていっていますが、それなりに役に立っています。私は、濁りのない、すっきりとした、きれいな色が似合うので、とりあえず濁った色の生地は買わなくなりました。

mpl:J9902ストレッチジャケット

【パターン】Mパターン研究所、J9902ストレッチジャケット、6号、2500円 【作成】2002.12
【生地】フリース(900円/mくらい)、きれ屋さんぽぷり

J9902strech.JPGジャケット、撮影の時に横着して中に薄手のセーターを着たままなので、着ぶくれしています。普段は、中に綿の薄手のカットソーを着ています。
フリースは初めてでしたが、縫い代の始末をしなくて良いので、かなりスピーディーに縫えました。フリースを縫う感覚って、なんだか面白かったです。ざくっ、ざくっと針が入っていきます。あと、縫い目が沈むので、少々汚くても目立たないのが良いところ。その代わり、跡がつくし、埋まってしまうので、ほどくことはできません。あと、綿埃がかなりでます。
私は、自作の服を着ていても、人から何か言われることはないのですが(多分、気づかれていないのでしょう)、この服は「かわいいですね」「暖かそうですね」と言われます。特に男性から…確かに、フリース素材で、こういう服ってなかなか見ない気がします。これは表面がきれいなフリースなので、ボトム次第でカジュアルにも、ちょっときちんと目にもなります。私は、職場にも着て行っています。今度はフリース以外で作りたいと思っているのですが、裏地も付けられないし、はたしてどんな生地が合うのか分からず、2作目はまだです。

佐藤貴美枝著「工夫されたポケットの縫い方」

工夫されたポケットの縫い方いろいろなポケットの縫い方が、丁寧に載っています。mplの説明書にも載っていないような、ちょっとしたコツが出ているので、私はこちらの本も見ながらポケットを縫っています。J0000コートのポケットを縫うときも参考にしました。
ポケットって、本当に難しいし、めんどくさいです。特に布に切り込みを入れて作るポケットは。私は基本的に洋服のポケットには物を入れないので(型くずれするといやだから)、ポケットなんて作らなくてもいいかなーと思ったりもするのですが、でも、デザイン的にないと間が抜けるなーということで、とりあえず作っています。


工夫されたポケットの縫い方( 著者: 佐藤貴美枝 | 出版社: 文化出版局 )

2003.12.22

mpl:J0000コート その2

2003.11.JPG【作成】2003.11 【パターン】Mパターン研究所、J0000コート、8号、4900円  【生地】ツイード(1600円/m)、服地のアライ(日暮里問屋街

本格的な冬になる前のコートにと、薄手のツイードで作りました。全面芯にしようかどうしようか迷いましたが、結局部分芯にしました。それで問題ないようです。このコート、表地は安く済んだのですが、ボタン代がかかりました。1個450円です。ボタンは6個なので、計2700円。ボタンホール代2000円。生地より高いですね・・・こんなに高いボタンを買うつもりはなかったのですが、なかなか合うボタンが無く、こうなってしまいました。
今回は薄手ということで、脇の縫い代を3ミリ多く取り、計1.2センチ詰めました。中にスーツを着ても、全く問題ありません。着用写真では、その1もその2も中にジャケットを着ています。
今回は丸襟にして、かわいらしい感じにしてみました。このコートは、4種類の襟が付いているのでとてもお得です。

追記:お店の人が生地を多めにカットしてくれたので、表地のツイードの赤がかなり残りました。それで、コートとおそろいのバッグを作ってみました。でも、まだ生地が余っています。もう一つくらいバッグが作れそうです。

Photo2_2
 (2008年12月4日追記)
このコート、秋のロシア旅行で毎回大活躍しています。こんな風に赤い帽子と合わせて着ています。この帽子は10年前にサンクト・ペテルブルクのデパートで買いました。フィンランド製です。

mpl:J0000コート その1

【作成】2003.1 【パターン】Mパターン研究所、J0000コート、8号、4900円
【生地】カシミア混ウール(2500円/m)、月安博司商店(日暮里問屋街

2003.2.JPG カシミア混ウールですが、地直しに失敗して、カシミアの光沢は失われてしまいました。どうせドライクリーニングに出すのだから、地直しはする必要なかった、と後悔しています。
裏地付きコートです。上物に裏地を付けるのは初めてでしたが、説明書を読みながら何とかできました。初めてだったので、理解するのに時間がかかりましたが。コートやジャケットは、やはりボタンホールが美しくないといけない、ということで、初めてボタンホールを外注しました。近所に婦人服のオーダーをやっているところがあって、そこにお願いすると、提携している工場に送ってくれました。ボタンホール+ボタンつけで、このコートの場合2000円。かなりお高いですが、私はボタンホールやボタン位置を決めるのがとても苦手なので、服とパターンさえ渡せばあとは全部やってくれるので楽です。あと、歩いていける距離にあるので便利です。
中にスーツを着たかったので、ジャストサイズより2サイズ大きいパターンを買いました。8号です。楽にスーツが着られます。もこもこの手編みのセーターを着ると、袖の付け根がちょっと苦しいですが、スーツなら1サイズ小さくても良かった気がします。
厚地のせいか、前端が開き気味だったので、前立てと縫い代を星止めしました。これですっきりしました。
写真では、第1ボタンのあたりがよれてしまいました。本当はちゃんとしています。

私のソーイング歴

手芸をするようになったのは、多分小学校3年生の頃から。自分の好きなキャラクターのマスコットを作っていました。小学校5年生頃からは「ピチ」を愛読するようになり、それを見てバックなどの小物を作っていました。高校卒業まで、「ピチ」を参考に、本当にいろいろな物を縫っていましたが、洋服を縫ったことはありませんでした。家庭科で服を縫って、うまくいかなかったためです。
大学に入ってからは、手作りをする時間はぐんと減りました。でも、編み物にもチャレンジして、セーターを編んだりもしてみました。
大学卒業を機にひとり暮らしを始めてからは、ミシンも編み針もなく、また、手作りをする時間も心の余裕もなく、手作りからは遠ざかっていました。
結婚2年目の30歳の時、引っ越すことになり、カーテンをオーダーしようとしたら、あまりの値段の高さにびっくり。これは、ミシンを買って、自分で縫った方が安いと、カタログハウスで「山崎ミシン」を購入したのが、手作り再開のきっかけです。それから半年後、偶然「Mパターン研究所」という洋服の型紙販売サイトに出会ったのをきっかけに、昔は絶対無理と思っていた洋服作りを始めました。そのあと、「anneesi cotton」という既製服や型紙を販売するショップを知り、こちらも利用するようになりました。私が縫う服はすべて、こちらの二つのショップのパターンを使用しています。

トップページ | 2004年1月 »