フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004.05.16

mpl:B0100シャツ その2

【パターン】Mパターン研究所、B0100シャツ、7号、4095円 【作成】2004.5
【生地】綿(300/m)、長戸商店(日暮里問屋街)

Mpls11Mpls12

2年ぶりにこのシャツを作りました。「シャツワンピース その1」と色違いの生地です。薄手の生地なので、夏用にと七分袖にしました。衿はワイドです。
今回、脇の縫い代を1.5センチにし、全体を1.2センチ詰めました。まったく問題ありません。いえ、もっと詰めてもいいくらいです。やはり、購入サイズを間違えました。6号にすべきでした。でも、買い直すほどサイズが合わないわけではないし…。ただ、このパターンでは脇詰めはこれが限界ですね。MPLの説明を読むと、これ以上はシルエットが崩れるから、やらない方が良いらしいので。あとは、生地の落ち感の問題かもしれません。この生地、けっこう張りがある気がします。
パール釦にしてみました。ちょうどいい感じにアクセントになっていると思います。ただ、付けるのには苦労しました。マルチプライヤーを使っているので、付けること自体は簡単なのですが、決めた位置ぴったりに付けることができませんでした。それから、私は、着るときは釦を「パチン、パチン」と止めていくよりも、ボタン穴に釦をはめていく方が好きだ、ということも分かりました。
衿は、いつも通り「工夫された衿・衿ぐりの縫い方」を見てやりました。
天気が悪かったので、室内で撮影しました。部屋の中の方が楽ですね。

制作過程はこちら

Mpls13Mpls14

Mpls15

2004.05.10

「SNOWのガーデニング日誌」はじめました

ソーイングと並ぶ私のもう一つの趣味キッチンガーデン
はじめは「CHAI」の中でその記事を書こうと思っていましたが、それではごちゃごちゃするかなと思って、JUGEMのスペースを使って、別サイトとして立ち上げることにしました。「SNOWのガーデニング日誌」では写真を中心に、プランターで育てる野菜の観察日記を綴りたいと思っています。たまにこちらも覗いてくださると嬉しいです。
野菜はちょっと手をかければ勝手に育っていくので、ソーイングよりもずっと楽です。それに、何といっても重要なのは「太陽」です。

2004.05.08

mpl:O0100シャツワンピース その1

【パターン】Mパターン研究所、O0100シャツワンピース、6号、4095円 【作成】2002.夏
【生地】綿(300/m)、長戸商店(日暮里問屋街)

Sone11
2年ほど前に作ったシャツワンピースです。私は、生まれてこの方「シャツワンピース」というものを着たことがなく(存在すら知りませんでした)、MPLでこのパターンが発表されたときは「これはなに?」という状態でしたが、ものは試しと作ってみました。
このパターンは長袖・半袖が付いていますが、両方作ってみた感じでは、半袖の方がバランスが良いと思いました。MPLの説明書ですと、最初に前立てを作るのですが、これが一番難しかったです。おまけに、目立ちますし。それから、後ろ身頃のはぎも、距離が長いせいか、つれないようにするのが大変でした。今なら、職業用ミシンなのでもっとうまくできるのかもしれませんが(当時は山崎ミシンでした)。セットインスリープも、このワンピースで初めて作りました。
基本的には作り方はシャツと同じですが、手間はこちらの方がずっとかかりました。
私は腕まわりでサイズが決まるので、胴回りは結構余ることになります。ですから、MPLのカタログの写真のようにぴったりした感じにはなりませんでした。でも、さすがMPLのパターンだけあって、全体のシルエットは美しいと思います。

ところで、ワンピースのアイロンがけはどうすればいいのでしょう?私はどうにもうまくいかず、袖馬を使って細かくかけているので、とても面倒です。本当は、どういう手順でやればいいのでしょうか…。
おまけに、この生地、しわになりやすいようです。撮影前にちゃんとアイロンをかけたのに、靴ひもを結ぶためにかがんだだけでこんなにしわができてしまいました。多分、「シャツワンピース」というアイテムそのものがしわができやすいものなのでしょうけど(とくにお腹のあたり)。
この生地、シャツワンピースにするには薄くて軟らかすぎたようです。もっと肉厚で、張りのあるものの方がいい気がしました。これは、生地選びが難しい服だと思います。どんな生地が向くのかよく分からないので、とりあえずアネージで「シャツワンピースもOK」という生地を買ったので、今年の夏はそれで作ってみます。でも、大きなチェック柄なので、柄あわせが大変そうです…。

mpl:B0000ブラウス その1

【パターン】Mパターン研究所、B0000ブラウス、7号、1995円 【作成】2004.4
【生地】綿(500/m)、川原(日暮里問屋街)

ribon1f.JPGribon1s.JPG
長いこと寝かせていたB0000のパターンを使ってブラウスを作ってみました。このパターンは、「レースアップブラウス」が基本ですが、今回はアレンジバージョンのリボンタイプにしました。MPLのカタログの着用写真はどれも、このリボンタイプになっています。
このパターン、MPLの最初期のもののせいか、説明書があまり親切ではありません。とくにアレンジの説明が分かりにくいです。MPLの特徴である、かゆいところに手が届く説明になっていないのです。それもあってか、いろいろ失敗しました。この作品は、まさに「習作」です。
まず、前立てのボタンの位置。本当は、カタログの写真のように、リボンの結び目があく涼しげなブラウスになるはずが、ぴったりと詰まっています。「いったいどうしてこんなことに?」とよくよく考えてみたら、打ち合わせの上がFCで止まるように斜めに縫ったのに、そのFCラインにボタンを付けたら、襟元がぴったり合わさってしまうのは当然でした。本当は、ボタンはFCよりも前端側に5ミリから1センチくらいずらした方が良いのだと思います。
それから、打ち合わせ部分の裾ですが、ぴったり合っていません。横着して、パターンの裾線をそのまま使ったらこんなことに。この裾がぴったり合うようにすると、打ち合わせがV字型に広がります。このパターン、本来はレースアップのものなので、自然に前が開くよう、裾ラインが考慮されていたのですね。気が付きませんでした…。レースアップにしないなら、打ち合わせ部分の裾は、まっすぐに引き直すべきでした。
最後に、後のダーツ。説明書だと、必要なのか必要でないのかよく分かりません。とりあえず入れてみました。私は、本当はレースアップ(つまりかぶりタイプ)で着るつもりだったので、念のためお勧めより1号大きいサイズにしておいたためダーツを入れても大丈夫でしたが、ジャストサイズだったら、ダーツを入れてしまったら打ち合わせでは着られなかった可能性があります。

このブラウス、丈といい、ラインといい、スカートに合うと思います。B0100とは全然雰囲気が違います。とてもシンプルな作りなので、作るのは簡単ですが、説明書が不親切なため、初心者向きではない気がします。

このリボンタイプの衿の作り方はMPLの説明書には載っていなかったので、「工夫された衿・衿ぐりの縫い方」を見て作りました。この本のやり方だと、衿を6重にくるむようになっています。このおかげで、かなりしっかりとした、きれいな衿になったと思います。

制作過程はこちら

Ribon13Ribon14

Ribon15

2004.05.03

ボディ

bodytop.JPGbodyfoot.JPGbodycoat.JPG
ボディは専門家が使うもの、自分には縁がないものと思っていましたが、ここ数ヶ月、急に欲しくなっていました。これがあるとスカートの床上げができること、それからシャツのボタンの位置決めがしやすいことを知ったからです。
でも、数あるソーイング道具の中でも、このボディはいったいどこで買えばいいのか、そもそもどんなものを買えばいいのかさっぱり見当が付かない、私にとっては難しいアイテムでした。Mパターン研究所の小冊子「パターンの秘密 きれいに見える服を探して」(easy traveler)によりますと、日本の2大ボディメーカーは「KIIYA」と「アミコ」。写真を見ると、MPLではキプリスのセミヌードボディを使用しています。このキプリス、J-Spiral.comでは45.150円もしています!このショップではもっと手軽なホームソーイング用ボディも扱っていますが、それでも最低1.5000円はしています。ためしに、「孝富」ではいくらかな、と見てみましたが、こちらも芯地張婦人ボディが1.5000円でした。洋裁用ボディとなると、このへんが相場なのでしょうか。
私は自分でパターンを起こすことはないので、本格的なボディは必要ないけれど、でもできるだけ自分のヌードサイズに近いボディが欲しい、そうなると洋裁専用のボディしかないことがだんだん分かってきました。ディスプレイ用のボディは、サイズがあまりにもかけ離れているのです。妙にヒップが小さい…。
で、私が出した結論は、中古品を買うこと。別に新品である必要はありませんが、しっかりしたものが欲しかったので。というわけで、ここ1ヶ月ほどヤフーオークションをチェックしていました。

そして、とうとう手に入れました!ESMOD JAPONのボディです。ESMOD JAPONが何かはよく知りませんが、どうやら世界的な服飾専門学校のようです。4600円で落札。もとの値段がいくらかは知りませんが、多分、かなりお得なのではないかと思います。
これ、本当に「中古品」です。結構、生地が毛羽立っていますし、テープもはがれているところがありました(ボンドで貼り直しました。)それから、テープは小さなピンで留められているのですが、やたら先が余っており、あまりにも長く下に垂れ下がっているものは切ってしまいました。これが良いのか悪いのか分かりませんが…。このボディ、重いです。とくに台が重いです。ボディを台からはずして二つに分けないことには、持ち上げることもできません。

bodysize.JPGいくつか出品されているボディの中で私がこれを選んだ理由はサイズ。バストとヒップが、両方とも私のヌードサイズに限りなく近いのです。普通、ボディはヒップが90だったらバストは85くらいあるようですが、それは私とはかなりかけ離れているので…。この82-90というバランス、私に合っています(悲しいバランスです…)。
このボディ、ポールが中心にきているので、ズボンは履かせられません。本当はズボンも履かせられるものが欲しかったのですが、このサイズバランスは得難いと思ってこれに決めました。腕は取り外せます。取り外せば、タイトスカートもかぶりで着せることができました。

ボディがあると、なんだか急に本格的な洋裁になった気がします。これでバイヤススカートも心おきなく作れるので嬉しいです。

2004.05.01

2004年キッチンガーデン開始

yasai5.1.JPGソーイングと並ぶ私の趣味はガーデニングです。ガーデニングとはいっても、基本的にはキッチンガーデン。私にとってのガーデニングは観賞用ではなく食用です。
今年もガーデニングの季節がやってきました。今回植えた苗は6種類。写真前列、左からピーマン、ミニトマト、キュウリ、後列左からトウガラシ、中玉トマト、ナスです。苗はいつも「らでいっしゅぼーや」から購入しています。我が家の庭は土がないので、プランターで育てています。

nira.JPGそれからニラ。このニラを植えたのは2000年春。もう4年目です。ニラは冬は地上部分が枯れますが、春になるとまた元気に生えてきます。切ってもすぐに伸びてくるので、シーズン中はニラを買う必要がありません。写真奥に写っているように、うちにはニラのプランターふたつあるので。ニラを切るとき、とっても強いニラの香りがします。
このニラの苗は、ハーバルメモリーで購入しました。

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »