フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.28

日光・湯西川温泉 3日目

朝風呂に入って朝食へ。朝食は、正直大したことありませんでした。バイキング形式なのですが、私はバイキングはあまり好きでありません。一つの献立として完成されたものを提供してくれる方が、私は嬉しいです。
おみやげに、薬膳十味唐がらしを購入しました。食事にも出てきましたが、とても香り高いです。こちらは「作り手の顔が見えるおいしいもの便 (Volume2) オレンジページムック―大人の休日」でも紹介されています。

平家狩人村と平家の里に行こうとしましたが、狩人村は休みと旅館で言われ(今ガイドブックを見たら、年中無休となっています…)、平家の里だけに行きました。

yunisikawaheikenosato2

写真左は旅館近くの風景、右は平家の里。平家の里は、建物が再現されて、その中に展示品が置いてあるだけ。説明は一切なく、建物の中も無人です。
帰りは接続がうまくいかず、急行で帰ってきました。それでも、日光は思ったよりずっと近いです。今度は中禅寺湖付近に行きたいです。

2004.12.27

日光・湯西川温泉 2日目

rinnojiまずは日光山輪王寺へ。宝物殿・逍遥園を見たあと、三仏堂(写真)へ行きました。三仏堂ではお寺の人が説明してくれたので、とてもよく分かりました。やっぱり、説明があると違いますね。仏様の種類は、顔や姿ではなく、手の組み方・持ち物で覚えるといいそうです。顔だと、どれも似ていて分かりづらいので。この寺にある三仏にお祈りすれば、日光山すべてをお参りしたことになるそうです。それから、この寺には12干支すべての守り神があり、自分の守り神を見ることができます。私は亥年生まれなので、守り神は阿弥陀如来。このあたりで、お寺の人もセールストークに入ってきて、「それぞれのお守りもこちらで購入することができます。守り神はその人の生まれ年で決まるので、このお守りは一生使えます。これはいつも身につけていることで、悪いことから身を守ってくれるので、ペンダントにしたり、お財布に入れたり、今でしたら携帯電話のストラップとしてもいいと思います。」とのこと。「携帯電話のストラップ」は笑えました。で、このお守り、2000円もするのですが、私とオットにそれぞれ購入しました。たぶん、お寺の人の案内がなかったら、買わなかったと思います。

さて、このあと湯西川温泉へ移動。今回の旅行のメイン本家伴久旅館です。そもそも今回の旅は、まずJTBの「味わいの宿」からこの宿を選び、それから他を決めていったのです。このパンフレットはお気に入りです。これまでに、「ペスカトーレいなとり」と「辰巳館」に泊まりましたが、どちらもよかったです。

bankyuroom1bankyuroom2

さて、湯西川は平家落人の村。本家伴久旅館は「平家直系二十五代」が当主の宿です。
まず、良かったのが部屋。このように、凝った作りの、おもしろい部屋です。天井まで作り込んでいます。内風呂もあるのですが、それも岩風呂!もちろん、大浴場があるのでこちらは使いませんでしたが、こんな所にも手を抜いていないのはさすがです。
お風呂も、とても良かったです。いいお湯でした。内装も凝っていて、入っていてなんだか楽しいお風呂でした。ただ、浴槽のお湯が熱かった…

bankyu1bankyu2

そして料理。これは絶品でした。照明が落としてあるので、あまりおいしそうに撮れていないのが残念です。それから、写真にあるのは料理の一部です。この他にもたくさん出てきました。一番気に入ったのは煮物です。汁物もおいしかったです。ここは、本当に囲炉裏を囲みながらの食事で、自分で焼きながら食べました。手前の鉄の台の上に天ぷらを載せて温めたり。唯一、今ひとつだったのが炊き込みご飯です。土鍋で炊くご飯に慣れてしまうと、炊飯器で炊いたご飯はもうだめですね。味付けはいいので、これを土鍋で炊いたらどんなにおいしくなるだろうと思いました。
ところで、驚いたのが食事中の若女将の挨拶です。十二単を着て、壇上から挨拶していました。

この日はクリスマスイブだったので、部屋に帰ったらクリスマスケーキがありました。

2004.12.26

日光・湯西川温泉 1日目

12月23日から25日まで、日光と湯西川温泉に行ってきました。

1日目は日光。朝10時に東武鉄道「スペーシア」で浅草を出発。12時頃には日光に到着しました。

chahanramen

chukaこれから和食が続くので、お昼はガイドブックに載っていた中華料理店日光翠園で食べました。このさびれた店構えにオットは「やめようか…」とひるみましたが、「いいよ、いいよ、ここにしようよ」と入ってみました。もうこれが大正解でした。「中国で修行を積んだシェフ」というだけあって、本格的な料理でした。何が本格的かというと、味・調理法はもちろんのこと、素材がいいのです。値段は結構庶民的なのに(左のランチセットが1000円、右の海鮮ラーメンが1200円)なのに、素材が本物。だから、漢方っぽい味が少しします。私はランチセットを食べましたが、チャーハンはあっさりしていますし(ちゃんと手順を踏んで作るチャーハンは油っこくないと聞いたことがあります)、スープも本格的。デザートの杏仁豆腐味にこくがありながら、すーっとしていています。かなりボリュームがあるので、二人で食べてちょうどよかったです。このレベルの料理だったら、東京だと値段は2倍になると思います。とにかく、ここはお勧め!東照宮から歩いて7分くらいです。

ieyasuまずは、メインの東照宮を観光。日光は小学校の修学旅行以来です。びっくりしたのは、「三猿」の小ささ、位置の低さ。私の印象ではもっと大きくて高いところにあったのですが、「え?これ?」っていうぐらいさりげないです。しかも、厩舎だったとは!今は寒いということで、馬はいませんでした。
写真は家康公の墓所。「眠り猫」を通っていきます。墓所まではかなり登っていくのですが、きつかったです。ここのところ机に向かってばかりいたので、体がすっかりなまってしまいました。
鳴き竜で有名な「薬師堂」にも入りました。本当に、鈴を振ったような音がします。

mizu1mizu2
  
二荒山神社です。ここには二荒霊泉があり、眼病を治すといわれています。私もオットも眼を使う仕事なので、しっかり飲んできました。

iemitsu家光公が祀られている輪王寺大猷院です。写真は本殿。この中に家光公の位牌がありました。ただ、あまりにも遠くに置いてあって、なんだかよく分かりませんでした。輪王寺大猷院はこぢんまりとしているのですが、非常に凝った作りでした。

とにかく寒かったので、1日目の観光はここまで。もっと暖かい格好をしてくるんだったと反省です。

このあとは、1日目の宿「ホテル春茂登」へ。さきほどの「日光翠園」の斜め向かいにあります。日光山内から歩いて5分くらいなので、とても便利です。今回も、最初に荷物を預けてから観光しました。

haru-heyaharu-yuusyoku 

一人一泊9000円でした。ということで、値段に見合った内容です。部屋は広くてこざっぱりとしていていい感じです。食事は…可もなく不可もなし。ごく普通です。「割烹」というほどではないと思います…ここ、お風呂がとにかく寒かったです。何とかして、というくらい。内風呂なのに、まるで露天風呂のような寒さでした。

2004.12.21

箸置きが当たりました

hasi1hasi3

藍花陶房ではいつも「プレゼント」コーナーがあるのですが、このたび「ことりのお箸置き」プレゼントに当選しました!来年の干支の「酉」にあわせた箸置きです。真っ白で、品がよくて清楚な箸置き。いかにも「酉」ではないので、これならいつでも気軽に使えます。赤いお箸を添えると、正月らしく、おめでたい感じです(それにしても、この写真、お箸載せすぎですね)。立派な木箱に5つ入っていました。
もちろん、この箸置きは来年の1月1日におろします。写真を撮ったらすぐにしまいました。

今、藍花陶房では「お茶の時間の器たちプレゼント」が行われています。こちらも素敵。もちろん応募しました。まさか今度は当たらないと思いますが。

2004.12.19

ル クール ピュー追記

「ル クール ピュー」の記事、ランチについて追記しました。

2004.12.21 追記記事に訂正を加えました。どうやら、日曜日と平日とではランチの内容が違うようです(値段は同じ)。

2004.12.13

初めての共同購入

ラッセルホブス クラシックトースター

うちはトースターがないので、食パンはいつもデロンギコンベクションオーブンで焼いています。一応、「トースター機能付き」のオーブンですが、自分でひっくり返さないといけないし、時間もかかるし、あまりおいしく焼けているとは思えません。ずっとトースターが欲しいなと思っていました。そしたら昨日、偶然三浦半島まるかじりクック&ダインラッセルホブス クラシックトースターの共同購入を見つけました。上にポンッとあがる古典的なトースター。私の好みです。おまけに定価9800円が共同購入価格だと5800円。でも、まだ誰も買っていませんでした。12月10日から始まっているというのに…。今日も購入者なし。これはもしかして、みんな誰かが買うのを待っているの?
そうこうするうちに、このトースターにはほかの型番があることに気がつきました。ショップに質問してみると、こういうことでした。

「今回ご紹介している「9206JP」の他に「9306JP」がございます。こちらはサイズが多少異なること以外に大きな違いとしては「9206JP」には温め用ボタン・ベーグル用ボタンがないこと、BUNウォーマー(パン温め用)付属していないことです。
ただ、トースターとしての機能は変わりませんので、特にトースター以外の機能が必要ないということであれば「9206JP」で十分ではないかと思います。」

納得したので、先陣をきって申し込みました。共同購入は初めてです。あと、誰か一人買ってくれれば5800円になるのですが。私ひとりで9800円だったらどうしよう…

追記:共同購入価格になりました。よかった。

2004.12.11

mpl:P9900 ストレートパンツ その1

【パターン】Mパターン研究所、P9900ストレートパンツ(旧バージョン)、5号、2625円 【作成】2004.11
【生地】デニム、月安博司商店(日暮里問屋街)

99001-299001-81年半前に購入したデニムで作りました。今だったら、パンツを縫うのにこんなに固くて厚い生地は買いません。このパンツ、かなり固くて、履き心地がいいとは言えません。履いたり洗濯するうちになじんで、柔らかくなることを期待しています。
これはリニューアル前のパターンを使っています。私の感覚では、これは「ストレートパンツ」ではなくて「スリムパンツ」です。せめて、もっと薄手でやわらかい、ストレッチが効いた生地で縫うべきでした。ただ、私はぴったりパンツはあまり好みではありません。ストンとしたストレートラインが好きです。私がこのパターンを買った頃は、カタログに着用写真がなくて、実際どんなラインなのか分かりませんでした。分かっていたら買わなかったかも。
ただ、このパターンはリニューアルされて、以前よりもゆとりがあるパンツになっています。ちなみに、私が使った旧バージョン5号だと渡り56.4センチ、ひざ幅37.3センチ。一方新バージョンだと私は6号ですが、こちらは渡り57.5、ひざ幅39.8。ちなみに5号だと渡り56.6、ひざ幅39.2。ずっと太いです。絶対こっちの方が好みです。このパターンはずっと寝かせていたので、リニューアルされたときは「あんなに早く買うんじゃなかった…」と後悔しました。

今回は職業用ミシンの威力を実感しました。厚めのデニムなので、生地が重なるとかなりの段差ができるのですが、楽々と乗り越えていました。それから段つき押さえを使って、ステッチを効かせてみました。ステッチを効かせた服は初めて作りました。段つき押さえは本当に便利です。

上に着ているカーディガンは、母のニット作品10です。

制作過程はこちら

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »