« 「ソーイング日誌」の記事を移します | トップページ | mpl:B0000ブラウス その2 »

mpl:B0000ブラウス その1

【パターン】Mパターン研究所、B0000ブラウス、7号、1995円 【制作期間】2004.4.11-4.30

裁断
ribon1Mパターン研究所のB0000ブラウスを作り始めました。以前、2回レースアップシャツで作ったことがありますが、今回はリボンタイプ。ただ、これはアレンジバージョンになるので、自分でパターンを直したり、見返しの型紙を作ったりしなければいけません。これは、MPLの最初期のパターンです。型紙番号から察するに、2000年のもの。説明書、分かりづらいです。ちゃんと出来上がるか心配。
パーツが少ないので、裁断はすぐに終わると思ったのですが、型紙おこしもあったので、けっこう時間がかかりました。

袖付け完了
ribon2袖付けまでやりました。説明書の3ページまで。
単純なブラウスなのですぐに完成すると思ったのですが、そうはいきませんでした。いろいろ手間取ったからです。
まず、衿をバイヤスでくるむのだから、衿に縫い代があってはいけないと気づき、切り落としました。
見返しの縫い代の始末も、ちょっと考えました。襟元の斜めのところは、縫い代1センチくらいになるように切り落としました。角度が変わるところは切り込みを入れ、裾の角の部分も切り落としました。この辺は何の説明もありませんが、初めて服を縫う人には、こういう説明もないと難しいと思います。
そして、なんといっても時間がかかったのが衿。「工夫された衿・衿ぐりの縫い方」106-107ページを見てやりましたが、5.6のボーの部分の説明がなかなか理解できず、やっと分かって縫ったはいいものの、ループ返しがうまくいかず…。ループ返し、持ってはいるけど、ほとんど使ったことがなかったのです。どうしてもうまくいかず、先端は口を広くしなければいけないことに気づき、2センチほどほどいて広くしたらうまく返せましたが、途中であまりにも「リボン」というよりは「ヒモ」になっているのに気づき、「縫い代をもっとカットしないといけないんだ!」とひっくり返したものを元に戻すのに悪戦苦闘。ほんと、大変でした。
今日はなんだか時間の無駄が多かったです。とりあえず、作り方は分かったので、次回作ではもっとスピーディーに縫えると思います。

ほぼ完成
ribon3脇の縫い合わせ、裾の始末をやりました。これだけなのに、やたら時間がかかりました…。
まず、袖の縫い代を身頃側に倒し、コバステッチをかけるのに、爪付き押さえ1ミリを使ってみたのですが、どうもうまくいかず、2度やり直し。縫い目が右側に落ちてしまい、全然縫い止められないのです。結局、3度目に段押さえ2ミリを使ってうまくいきました。1ミリは、使いこなすのにコツがいる気がします。私は1.5ミリにしておいた方が良かったのかな。
それから、リボンの先端の始末、ミシンでやったら汚くなってしまい、手縫いでやり直し。はじめからそうすれば良かったです。
たいしたことはしていないのに、どうしてこんなに時間がかるのか…。どうも、私はアイロンに時間がかかるようです。縫うたびにアイロンをかけているからかな。それから、失敗してほどくと致命的ですね。

あとはボタン付けだけ。着てみたら、スカートと相性のいいブラウスでした。このブラウス、シンプルなだけにいろいろとアイディアが浮かびます。

ボタンホールとボタン付け完了
ribon4ボタンホールとボタン付けをして、完成しました。
ボタンホールは1年ぶりで、セッティングの仕方、やり方をすっかり忘れていたため、始めるまでに時間がかかりました。何度も試し縫いをするはめに。針も1本折りました…
着てみたら、あまりにもぴったり。それに、襟元があきません。FCのところにボタンを付けるとなっているので、私は打ち合わせを2センチとしたため、前端から2センチのところにボタンホールを開け、ボタンを付けました。ですが、よく考えてみたら、リボンができるようにと襟元に入れた斜めのライン、上はFCのところで止まるわけですから、そのラインにボタンを付けたらぴったり襟元が合わさるのは当然です。襟元があくようにするには、ボタンをFCラインに付けてはいけないのですね。前端から1センチくらいにすべきだったのでしょうか。もう、ボタンホールを開けてしまったので、修正できません。
それから、脇にスリットを入れないなら、後のダーツは必要ないのかも、と思いました。腰回り、これまたぴったりすぎです。
これでいいのか、疑問がいっぱいなので、MPLの着用写真を見てみました。そしたら、一番下のボタンははずしています。やっぱり、腰回りがぴったりだから、下のボタンははずすことになると納得。そしてもう一枚の着用写真、ボタンは全部はずして上のリボンを結んでいるだけ。
多分、このパターン、相当タイトにできているのですね。バストサイズだけ見るとシャツのパターンと大差ありませんが。
出来上がったものの、微妙です。その微妙さについては、着用写真で。

« 「ソーイング日誌」の記事を移します | トップページ | mpl:B0000ブラウス その2 »

作品制作過程-旧「ソーイング日誌」から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ソーイング日誌」の記事を移します | トップページ | mpl:B0000ブラウス その2 »

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ