フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« スモーリヌイ修道院 | トップページ | タイマー付き信号機 »

2006.04.01

サンクトペテルブルクの地上交通手段

Rosen1Rosen2

Rosen3サンクトペテルブルクの交通機関としてはまず地下鉄がありますが、必ずしも観光地の近くに駅があるわけではありません。また、駅に入り、改札をくぐり、長いエスカレーターを降りる…ということで乗るまでにそれなりに時間がかかるので、近場の場合、地上交通よりもかえって面倒です。それから、治安面でも特に深夜の利用は避けたいです。
ということで、地上交通手段も併用すると、移動がぐんとスムーズになります。ただまあ、ロシアのこと、こちらも外国人旅行者にとって親切とは言えないのですよね…。
地上交通手段としては、バス、トロリーバス、市電、マルシュルートカ(乗り合いタクシー)があります。

トロリーバスはこちら。
Troli

市電はこちら。
Tram

マルシュルートカはライトバンタイプとバスタイプがあります。
これら4つが複雑に町を走っていますので、本格的にこれらの乗り物を使おうと思ったら、路線図を入手すると良いです。路線図は駅のキオスク、書店などで簡単に買えます。上の写真は私が昨年9月に購入した路線図。かなり使い込んでいます。表紙にあるのはライトバンタイプのマルシュルートカ。ただ、こんな正当派(?)の外装にはめったにお目にかかりませんが。だいたいは白い、そして薄汚れた車です。
中は交通機関ごとに色分けして路線が書かれています。この本の場合、赤が市電、緑がトロリーバス、青がバス、紫がマルシュルートカ。左下の写真はクリックすると拡大されますので、興味がある方は見てみてください。これを元に○○へ行くにはどの交通機関を使うと良いのか、そして何番に乗ればいいのか判断することになります。昨年、7年ぶりに訪れて驚いたのが、マルシュルートカの路線が爆発的に増えたこと。以前はこんなに走っていませんでした。
これら4つのうち、使うのはバス、トロリーバス、マルシュルートカだと思うので、こちらの説明をします(私自身、市電はほとんど利用したことがありません)。
まず停留所はどこなのか。市電の写真のように停留所が一目瞭然の場合もありますが、一見何も目印がない場合も。その場合は上を見てください。電線のようなものにバスやトロリーの番号がぶら下がっていることがあります。それがあったら、そこが停留所です。
それから、それぞれの乗り物には主要な行き先が書いてありますので、乗る前に一応確認しても良いかと思います。ただし、ロシア語表示のみですが。
乗ったらバス・トロリー・バスタイプのマルシュルートカの場合は車掌に、ライトバンタイプのマルシュルートカの場合は運転手に代金を支払います。バス・トロリーでしたら10ルーブル、マルシュルートカでしたら15ルーブルまたは17ルーブル(ただし、料金は頻繁に変わるので乗車したら掲示で金額を確認しましょう)。
そして、最大の問題。マルシュルートカはともかくとして、バスもトロリーバスも車内アナウンスが一切ありません!いまどこの停留所なのか、次はどこの停留所なのか、全く分かりません。たまーに車内アナウンスが流れるものに遭遇することがありますが(少なくとも、8年前は数回遭遇しました。今回は記憶にありません)、そんな幸運にはめったにあわないです。それから、気が利く運転手や車掌だったら停留所を言ってくれることもありますが、それも非常に稀。ただ、観光地の場合は一目瞭然なので、建物が近付いたらそこで降りれば大丈夫です。問題は、なんでもない通りで降りたいとき。私はとにかく方向音痴なので、地図とにらめっこをしても見失うことがあるので、乗ったら車掌に「私は○○で降りたいので、ついたら教えてください」とお願いしています。
それから、外国人にとって一番使いづらいのはライトバンタイプのマルシュルートカだと思います。他のものは停留所が決まっていますが、こちらは決まっていません。自分が降りたいところで留めてもらわないといけません。最近出版された「るるぶロシア」には「好きなところで留めてもらえるので便利」と書いてありますが、一般の旅行者にとってはどうかなと思います。「留めてください」と自分で言わないことには降りられないわけなので。あの雰囲気の中「留めてください」というのはけっこう勇気が要ると思います。それに、運転手がみんな感じが良いわけではないのですよね。ただ、好きなところで留めてもらえるのは確かなので、場所は分からないけれどとにかくここで降りなければいけない、というときは「○○で留めてください」と言えばいいので、便利といえば便利かも。
では、マルシュルートカは使わなければいいのでは?となるかもしれませんが、市営のバスやトロリーはどうも本数が少ないのです。なかなか来ない。それだけを狙っていたら、かなり待つことになります。ですから、あらかじめホテルで、○○へ行くのには何番のバス、トロリー、マルシュルートカに乗ればいいのか教えてもらうと良いと思います。


« スモーリヌイ修道院 | トップページ | タイマー付き信号機 »

旅(海外)」カテゴリの記事

コメント

SNOW-YUKIさま
交通事情が良くわかりました。手元にあるガイドよりも分かりやすく助かります。今回はメトロやタクシーに乗る程度だと思いますが、いつかロシア語が片言でも話せ、文字が読めるようになったら是非地上交通を使いたい。私は地下よりも地上で風景などを見ながら移動するほうが楽しくて好きです。この路線図があればプランも立てられそうですね!話は変わりますが、SNOW-YUKIさんは以前ペテルブルグに住んでいたことがあったのですか?なんとなくそんな気がしました。

そうですよね、せっかくならいろいろな風景を楽しみたいですよね。
ただ、モスクワの地下鉄駅は必見ですよ。
新しい路線は別として、昔からの路線の駅は驚くほど豪華です。
地下鉄駅の絵はがきがあるくらいです。
ペテルブルクは、残念ながらモスクワにはおよびません。
けっこうきれいな駅もありますが、それでもモスクワほどではありません。

交通機関を使うくらいなら、片言のロシア語でOKですよ。
フレーズは決まっているので。
この場合、ロシア語の能力以上に度胸が必要だと思います。
一般的にとても愛想が良いとは言えない運転手に、大きな声で、堂々と言わなければいけないので。

それから、ペテルブルクですが、以前少し住んでいたことがあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スモーリヌイ修道院 | トップページ | タイマー付き信号機 »