« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の6件の記事

COBU 二つ折りパスケース

ずっと新しいパスケースが欲しいと思っていました。スイカタイプのカードが出回るようになった頃、急場しのぎで買ったビニールのパスケースを結局使い続けていましたが、あちこち破けてきていたので、良いものが見つかったら買うつもりでした。
そして先日、希望以上のパスカードが見つかりました!COBU 二つ折りパスケースです。これは、見つけた瞬間迷うことなく注文しました。
革製、きれいなパステルカラー(私は「空」を買いました)、ポケットがたくさんあって使いやすそう。もちろんそれも気に入った理由です。でも、なんといっても決め手はこれ。

CobuCOBUのシンボルマーク、ミシンを踏むうさぎ。これが、中に型押しされているのです。このイラストに一目惚れでした。今日、製品が届いたのでさっそくカードを入れ替えましたが、想像以上にたくさんポケットがあって、結構たくさん入れられます。ポケットは、表は透明ポケット+ポケット二つ、中はポケットが三つ。バスカード、図書館のカードなどが仕分けできます。

COBUシリーズ、もっとたくさん商品を出してくれたらいいなあ。もちろん、ウサギマーク付きのものを。COBU製品すべてにこのウサギマークが付いているわけではないのです。ペンケースも欲しいのですが、ウサギマークがないのが残念です。

来年の手帳

来年の手帳を買いました。NX-3 2007 手帳 サヴール グリーンです。中はこんな感じです。
この2年間、クオバディスダイアリー エグゼクティブを使っていましたが、どうも私のライフスタイルには合いませんでした。考えたところ、結局私にとって使いやすい条件は次の二点ではないかということになりました。
・約4ヶ月単位で仕事のスケジュールが決まり、一度決まったら時間・曜日は固定なので、予定が1時間単位で変動することはない。だから、1日のスケジュールが1時間単位でなく、午前、午後、夜と大きく分かれているタイプが良い。
・平日、休日は関係ないので、毎日均等に書くスペースが欲しい(ビジネスタイプは、土・日は欄が小さいことが多い)。
それで、ちょっと探してみたところNX-3タイプが理想に近かったので買ってみました。表紙が布製なのも気に入りました。上手く使いこなせると良いな。

来年の予定も少しずつ決まりつつあります。去年・今年は自分の中のものを出してばかりだったので、来年は出来るだけ「吸収」に専念したいです。

それから、今年はなぜかスカートばかり縫っていました。そして、今手がけているのもスカートです。2着裁断済みですが、これが終わったら久々にジャケットを縫うつもりです。あと、シャツも。


anneesicotton*: 914Sマーメイドスカート その2

【パターン】アネージコットン、914Sマーメイドスカート、38号、3780円、縫製説明書なし  【作成】2006.11
【生地】ウールジャージdondi (2500円/m)、アネージコットン

A914s21一度このパターンでスカートを縫いましたが、長らく2作目を作る気が起こりませんでした。1着目の履き心地が「?」だったのが理由の一つ。ウエスト部分が心許なく、履いていると不安で、長めのトップスを合わせるようにしていました。でも、この秋また履いてみて、以前のような違和感は消えていました。4シーズン目(春秋に履くので年2シーズンあることに)にして、腰履きにやっと慣れたのかも。もう一つの理由は、このパターンでは苦い思いをしたから。でも、時が経ち、パターンに罪はないのだし、そもそもお金を出して買ったものを眠らせておくのはもったいないと考えるようになって、ようやく2着目を作る気になりました。あと、他の方の素敵な作品を見て刺激されたのも大きいです。

結局、補正はせずデフォルトで縫っています。前回と違い、今回は冬生地なので厚みがありますし、前回ほどは伸びない生地だからです。縫い線はストレッチ用に従っています。これで正解だったみたい。腰回りがぴったりで、安定感があります。こんな短めのカットソーでも大丈夫。
出来上がったときは、もっと裾に躍動感があったのですが、ハンガーにつるしていたらすこし潰れたのか、前裾がのっぺりした感じになっていました。着ているうちに元に戻るのでしょうけれど、写真であの感じを表現できなかったのが残念です。ウールジャージとこのパターン、相性抜群みたいです。「このスカートはこんな形です」という見本のようなシルエットが出ていると思います。特に、腰のラインがきれいです。このパターン、実は多少頼りがいのある生地の方が良いのかも。
ウールジャージは初めて使いましたが気に入りました。裁断も縫製も楽。とても普通なスカートに仕上がりましたが、この普通さが重宝しそう。色は私のベストカラーとはいえないのですが、柔らかさがある茶色だからまあいいかな。

このパターン、裾のまつりが苦手です。裾広がりなのでまつりつけるとき2枚の距離がかなり違い、裏側が波打ちます。本当は、裾ロックのとき縮ませるようにした方が良いのかな。

ところで、同じ時間・同じ条件で写真を撮っているのに、色の出方が全然違います。なぜだろう…。特に、横の写真が妙に赤っぽい。でもシルエットの参考にはなると思うので一応載せます。上の写真が実物の色に近いです。

A914s20A914s22A914s23A914s24A914s25

mpl:S9901タイトスカート その2

【パターン】Mパターン研究所、S9901タイトスカート、5号(廃盤) 【作成】2006.10 【生地】ストレッチウールmica(2500円/m)、アネージコットン

Ms990120マーメイドスカート その1の残り生地で作りました。着丈、幅、全てデフォルト通りに作っています。この生地、かなり伸びるストレッチなので、脇は少し詰めた方が良かったかも。
後スリット部分のかんぬき止めですが、MPLの説明書ですとミシンでするようになっていますので表に針目が出てしまいます。これはいやだなと思っていたのですが、アイテム別部分縫い集 vol.1(スカート&パンツ編)20ページに手縫いのかんぬき止めが載っていて、これだと表に針目が出ないので今回はこの方法でやりました。MPL初期のパターンのためか、全般的に説明書が分かりづらいので、ファスナーの付け方などでも、この本を大いに参考にしています。
縫製上の失敗はダーツ。ダーツ先がえくぼになってしまっています。アイロンをかけても効果なし。マーメイドスカートの時はダーツ先に問題はありませんでした。多分、ダーツの長さが関係しているのかなと思います。マーメイドのダーツはとても短いのですが、こちらのスカートは長い。こんな風にかなりの伸縮性がある生地で長距離のダーツをきれいに仕上げるのは、かなりの技術が必要なのかも。

このパターンも廃盤になって久しいです。とうとうJ0000のコートも廃盤ということで、イージートラベラー『パターンの秘密 きれいに見える服を探して』で紹介されているパターンは全てなくなりますね。ちょっと寂しいです。MPL初期の頃のパターンはシンプルで、何着でも作れる基本アイテムが中心だったので、洋裁にはもってこいでした。時代に合わないならマイナーチェンジをして残して欲しかったです。以前、パンツはいくつかマイナーチェンジされましたよね。このタイトスカートも、廃盤としてしまうにはあまりにも惜しいパターンです。本当は、もっと丈を詰めた方が今風になるのかなとも思いますが、そういう「時代性」を抜きにすれば、この幅と長さの比率は絶妙で、いじってしまうのはもったいないくらい完成されていると思います。この幅で、この長さだからこそ縦長効果・着やせ効果があるのだと思います。それに、このくらいの丈があれば、どこへでも安心して着ていけます。私はもともと流行は追わないタイプですし、「流行」「今風」といわれる服がすべて美しいわけではないと思います。私は、流行の服よりは美しい服を着たいです。

下の写真、後ろ姿でインナーのタンクトップのラインがくっきり出てしまっています。気がつきませんでした。気をつけないと。もっとも、このカットソーはもっぱらジャケットのインにしていますので、1枚で着ることはありませんけど。

Ms990122Ms990123Ms990124Ms990125


anneesicotton*: 941台形スカート その2

【パターン】アネージコットン、941台形スカート、38号、2940円、縫製説明書なし 【作成】2006.9 
【生地】ゲスナー コットン・地織り(4500円/0.8m) インポート布地・fan-annex

A94120_1 台形スカート2着目。今回は真っ白なのに全く透けない厚みのあるしっかりとしたコットン地です。縦地の目で作っています。縦地の目なら、このくらいしっかりした生地の方がパターン本来の形が生きるみたいです。
裏地はつけていません。実はつける予定だったのですが、ファスナーが終わった段階で、表地と裏地、前後ろ逆につけていることが判明しました。つまり、表地の前身頃に裏地の後ろ身頃がきているという…。もう一度裏地作りからやる気力はなかったので、裏地はなしということにしました。幸い透けない生地なので。
加えて、出来上がって履いてみたとき、なぜかファスナーを壊しました。歯がかみ合わなくなったのです。こんなこと、生まれて初めて。「もしかして、ファスナーつけ直し?」と暗い気持ちになりましたが、何度か上げ下げしたり、ぐぐぐっと開いてみたりしたらなぜか直りました。出来た直後は私の中で「呪われたスカート」でしたが、数ヶ月たってそんな気持ちは消えました。
本当は、フラップもつけないで、シンプルなスカートにするつもりでした。でも、出来上がってみて、あのフラップはただの飾りではなく必然だということが分かりました。このスカートのダーツは、体に沿わせるためのダーツではなくて、生地をぐっと持ち上げて体から生地を離し、前を真っ平らにするための物だということが、この生地で縫ってはっきりしました。ですから、ダーツ先が前にポンと飛び出るため、そこを隠さないとどうにもおかしい。そして、ダーツが思いっきり飛び出るようにしないと、変なしわが出たりして、綺麗に着ることが出来ません。ということで、急遽フラップをつけることにしました。…裏地がなくて良かった。多分、このダーツがこのスカートの最大の特徴ではないかと思います。そして、好みが分かれるところだと思います。私はこれはこれでかまいませんが、体に沿ったラインが好きな方は避けた方が良いパターンかもしれません。それから、フラップがあまり好きでない人も。本当は、私もフラップ付きのデザインはあまり好きではないのですが、このスカートに関しては仕方ありません。もしかしたら、バイヤス地の目で作ったらフラップなしでも大丈夫なのかも。次回は、バイヤスで作ってみたいです。

A94126それから、本当はフラップが全部見えるくらい短いコンパクトなトップスを合わせた方が全体のバランスは良いと思います。このスカートに合う色でそういうトップスが手元になかったので、こんな着こなしになっていますが。

この生地、写真では分かりづらいですが、ピンクのかわいい織り模様が入っています。色はうまく出ていませんがこんな感じ。フラップ部分はバイヤス地の目でとって、変化をつけてあります。生地の購入の経緯については、こちらの記事をご覧ください。
同じ生地があとジャケット着分ありますので、MPLのノーカラージャケットを作ろうと思っています。でも、こんな硬い生地で袖付けがうまくいくか心配です。


A94122A94123A94124A94125

こたつ布団

結婚してからずっとお下がりのこたつ布団を使っていたのですが、相当へたってきたので、前回の冬で捨てて買い直すことにしました。「どうせ買うなら良いものを」とシーズンに入ってからずっとお店やカタログでこたつ布団を探し回っていたのですが、なかなか良いものが見つからず、今週ようやく最終決着しました。
購入したのはホロフィル綿大判正方形こたつ掛ふとんホロフィル綿正方形こたつ敷ふとんです。思ったより高くつきましたが大満足。こたつ布団はさんざん見て回りましたが、これは物が全然違います。軽くてふかふか、しっかりしていてまさに一生物のこたつ布団。もちろん、とても暖かいです。
実は、一度よくある通販カタログで省スペース型こたつ布団と敷き布団のセットを購入したのです。合わせて8000円程度。でも、省スペース型の居心地の悪さ(まさに、箱の中になんとか入る感じ)、そして敷き布団のあまりの小ささ、安っぽさにすぐ返品しました。
ホロフィルムこたつ布団ですが、写真よりも実物の方がずっと良いです。高級感があります。あとはカバーを買わなければいけません。もうお店の目星はつけたので、良かったらそこも紹介します。洋裁をするなら、カバーも自分で作れば安上がりで良いと思わなくもないのですが、どうも私はカバー類を作る気にはなれないのです。わくわく感がないといいますか。限られた洋裁の時間ならば、自分が作りたい物だけを作りたいです。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ