フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.21

志田ひとみ「クチュール・ニット13」より 白いカーディガン

Photo【本】志田ひとみ 「クチュール・ニット(13) 清楚で美しいニット」 作品4(10ページ) 【作成】2009.2 【毛糸】 ダイヤモンド ダイヤエクシード(カシミヤ)生成(801)

母に志田ひとみさんのカーディガンを編んでもらいました。毛糸と本をこちらから送り、母が編み始めたのは1月に入ってから。私も同じ時期に毛糸を買い、同じ「クチュール・ニット13」の別のセーターを編み始めたのですが、私がようやくゲージを取り終えた頃、母はもう編み上げていました。
この本の中でも、とりわけ模様が複雑で、私には無理そうなものをお願いしました。さすがに、とても凝った華やかな編み模様です。今回は毛糸も奮発。定価で一玉1900円、ネットなら1500円ほど×11玉。母は「そんな高い毛糸!?」と驚いていましたが、母なら絶対途中で投げ出すことはありませんし、既製服を買うことを考えたらずっと安いので。さすがに良い毛糸だけあって、しっとりとしたさわり心地です。こんな感触は初めて。そして、とても軽いのにとても暖かい。値段だけのことはあります。母曰く、この毛糸はとても編みやすくて、当初は「完成は来シーズン」と言っていたのが、「あれ?もしかしてもう編み上がり?」となったそうです。そして、最初は「そんな高い毛糸、私は買ったことない」と言っていた母も、完成したら「今度はこの毛糸で自分のを編むから注文して」と頼んできたのには驚きました。よほど、良い毛糸のようです。
毛糸だけではなく、母は志田ひとみさんも気に入ったようです。これまで志田ひとみさんの事は知らなかったのですが、さっそく新作のクチュ-ル・ニット春夏を購入していました。表紙の作品を長袖にして、この毛糸で冬用のカーディガンとして(真ん中で切る)編むそうです。「たいがい本を買うと、編んでみたいのは一つか二つしかないけれど、志田ひとみさんの場合は一冊の中に編みたいものがいくつもある」と言っていました。もっとも、母が参考にするのは模様だけですが。

今回のカーディガン、袖と丈が全体的に少し大きかったかなと思います(母には、寸法通り編んでもらいました)。モデルさんの着用写真では、むしろ袖が短めなのに…でも、洗濯するうちに多少縮んでいくでしょうから、長く着るためにはこれでちょうど良いかもしれません。仕事にも着ていけるおしゃれなカーディガンが出来て嬉しいです。

それにしても、編み物は寸法通り編むのってとても難しいですね。そこが洋裁との一番大きな違いの気がします。今編んでいるもの、どうも大きく編んでいるようなので、急遽きつめにしているところです。まあ、第1作ということで、最初からそうそう上手くはいかないでしょう。

(あとから写真を見て、後ろをちゃんと伸ばして着ていなかったことに気がつきました。でも、光の加減で後ろ姿の方が柄がよく分かるので載せておきます。)

Photo_2Photo_3Photo_4



« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »