« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の3件の記事

台湾旅行 -士林観光夜市-

台湾といえば夜市(らしい)。ということで、私のリクエストで連れて行ってもらいました。私は「夜市に行きたい」とだけ伝えたのですが、連れて行かれたのは士林観光夜市。実は、名前は良く確認しなかったのですが、利用した地下鉄路線、それから食べ物屋と洋服店ばかりだったことを考えると、この夜市で間違いないと思います。
私は「夜市」という言葉から、日本の夏祭り会場のようなものを想像していて、大きな広場の中に屋台がひしめいているのかなと思っていましたが、実際は長い長い商店街でした。
「とにかくまずは変な臭いの豆腐を食べさせたい!」と連れて行かれたのがここ。

Photo

夜市の入り口にありました。台湾料理を知っている人には有名らしい、臭い豆腐。私は知りませんでしたが。確かに臭いはすごく、日本人たちが「これがあの豆腐?くさ-い!」と通り過ぎていました。私はといえば、席がなかったために少し待たなければならず、その間に鼻も慣れ食べる頃には何も感じませんでした。料理そのものは日本の厚揚げとほとんど同じです。味に癖もありません。台湾風の甘い漬け物(たしか白菜)を添えて食べます。私は、厚揚げそのものが好物というわけではないので、まあ普通の味でした。

このあと、近くに住んでいて全てのお店を食べ尽くし、この夜市は自分の庭のようなものという台湾人学生が合流。同じ食べ物があちこちで売られていますが、すでに彼の中には「何をどこで買うか」プランが出来上がっていて、それに従って買っていました。私たちは後をついていくだけ。

Photo_2

Photo_3

ものすごい行列・人だかりで写真を撮るのも困難だったこのお店。お好みの野菜と鶏肉の部位を注文します。私は「何が良い?」といわれて、どうも状況が分からず適当に野菜を選び、鶏肉は一番普通そうな部分を頼みました。これをクレープか何かで包むのかなと勝手に想像していましたが、ただ混ぜてビニール袋に入れただけで渡されました。鶏はものすごくグロテスクでしたよ。足の部分がそのままの形で山盛りになっていたり。私にはちょっと無理です。
この料理(?)は最初からそれぞれの具材にしっかり味が付いていておいしかったです。野菜炒めのようなもの?と思いましたが、あくまでもメインは鶏肉だそうです。

この他、写真は撮りませんでしたが包子と台湾版ドーナツを買いました。包子は日本でも台湾カフェで食べたことがありますが、むしろ肉まんに近かったです。どの食べ物も全体的に脂っこく(豆腐は違いますけど)、味の面でも酒の肴っぽい感じでした。

そのあと、私が「麺が食べたい!」とお願いしたら連れて行ってくれたのがここ。

Photo_4

Photo_5

この店はおいしくて安いそうです。たしかに、ものすごくおいしかったです。私はビーフンを注文しましたが、最初「量多すぎ!食べきれない!」と思いましたが、あまりのおいしさに完食。ただ、麺を食べたのは私だけで、他の人たちは鮫肉を甘辛く味付けしたものを「おいしい、おいしい!」と食べていました。私も一口食べてみましたが、不味くはないけれど「?」という食感。でも、他の人たちは「台湾の人にとっては、ビーフンはただの普通の料理。こっちの方がおいしい!」とぱくぱく鮫肉を食べていました。

このあと、「杏仁ジュース」というものを見かけて、「杏仁豆腐なら食べるけど、ジュースって?」と試しに買ってみましたが失敗。匂いは杏仁ですが、味は人工的。本物の杏仁ではありませんでした。


web拍手

台湾旅行 -九份-

そもそも今回の台湾行きは突然降ってわいたような話だったので、どこへ行くか、何を見るか、どうもなかなかイメージできませんでした。そこで台湾の方2人にお勧めの場所を聞いたところ、2人とも九份という答えだったので行くことに。「千と千尋の神隠し」のモデルになった街、そして「悲情城市」という映画の撮影場所(私はこの映画は知りません)ということ以外、特に見るものもなさそうな街。ですが、私を案内してくれた若い2人も「台湾人は九份へ行くのが好き」というので、「はて?」と思っていましたが、行ってみて理由が分かりました。ここは食の宝庫なのです!

龍山寺から九份へ直行しましたが、台北はあれほどの晴天だったのに、九份へ近づくにつれ天候がくずれ、現地では土砂降り状態。九份は山の上にある街なので、だいたい1年中雨の土地だそうです。
着いてみると、そこは狭い道に様々な店が軒を連ねる、長い長い商店街でした。平日だというのに大勢の旅行客や現地の人々押し寄せていて、活気に溢れていました。土日だと前へ進むのも大変だそうです。
ここは、とにかく食べるところ。ただ、何を食べるかは案内してくれた台湾の方に全てお任せしました。すでに彼女らは、食べさせるもの、食べる場所を決めていたようです。同じもの、料理でも「ここでなければ」というのがあるようです。
私は日本へのお菓子のお土産を食べたかったのでまずは道々2人が「これを食べてみて!」というお菓子を少しずつ試食。そして最初に入ったのがこのお店。

Photo

Photo_13


とにかく、このあたりの名物である魚のつくねを食べて欲しかったそうです。私はスープ+麺を注文しました。麺は最初ビーフンを頼んだのですが、売り切れとのことで「似ているから」とお店の人が勧めた「冬」の字で始まる麺に変更。名前は忘れました…。

Photo_3

スープ、つくねともに激うま!麺は少し太い春雨という感じでした。台湾は安くておいしいものが食べられるので羨ましいです。

次に「食べてみて!」と言われたのが豚の血と米で作られているという珍味。

Photo_4

Photo_5

メニューの右から2番目、商品の中央手前、四角い黒いものがそれ。これをサイコロ状に切って渡されました。味は、酒のつまみに最適といった感じ。なかなか美味です。血の生臭さは感じませんでした。味付き餅といったところです。
次に緑色の、お餅のようなものを売っているお店へ案内されました。写真を撮るのを忘れてしまいましたし、食べ物の名前も忘れてしまったのですが、餅の中にあんこが入っていたり(甘いバージョン)、大根、芋が入っていたり(塩味バージョン)と、5種類くらい売られていました。九份には何軒かこの食べ物を売っているお店がありますが、連れて行かれたのはその道の名人がいるという有名店。行列でした。他のお店は買っている人を見かけませんでしたので、このお店を見つけるのは簡単だと思います。餅は、日本のつきたてのお餅よりももっと軟らかいです。私は甘いバージョンの方が気に入り、3日は常温でOKとのことだったので日本へのお土産に2個買いました。台湾の方は、塩味バージョンの方が好きとのことで、友人へと大量に買っていました。「九份へ行くなら買ってきて!」と頼まれたそうです。

そのあとは、九份名物のデザート芋圓。「地球の歩き方」にも出ている頼阿婆芋圓へ連れて行かれました。

Photo_6

Photo_7

店先でこんな風に芋圓を作っています。ホットとアイスがありますが、私が頼んだのはホット。

Photo_8

湯気がすごくて、写真がこんなことに。味は、薄めたお汁粉という印象です。いろいろな味の芋圓が入っていて、食べていて楽しいです。ただ、お昼ご飯を食べたあとではあまりお腹に入りませんでした。というよりも、量がすごく多いのですよね。これ全部食べたら、お昼ご飯はいらないと思います。

次に向かったのは石段が続く、写真スポットとして有名なところ。

Photo_9

Photo_10

この石段で雰囲気の良い茶芸館を見つけたので、私のリクエストで入りました(案内してくれた方は初めて入ったそうです)。築100年以上の素敵な建物でした。店内の写真を撮りたかったのですが、どうも撮影不可のようでした。
お客さんは基本的に観光客だけのようです。しかも、ほとんどが日本人。お店の方も皆日本語が話せ、説明は全て日本語でしていました。
ところで、メニューを見てびっくり。想像以上に高かったのです。茶葉40グラムで、一番安いもので400台湾ドル(日本円で1000円くらい)。これで3人飲めるので、あとからよく考えればそれほど高くはなかったのですが、現地値段に慣れていたので、とても高く感じられました。お店の方が強力に勧めたのは季節限定の金木犀茶700台湾ドル。ですが、私たちは一番安いお茶にしました。

Photo_11

一杯目はこのようにお店の人が煎れてくれます。2杯目からは自分たちで。一番安いお茶でもとてもおいしかったので、これで十分だったと思います。
お店のベランダからの景色がとても美しかったので写真を撮りました。

Photo_12

そのあと、元来た道を戻り、お土産を買いました。いろいろと台湾のお菓子は試食しましたが、結局日本人の口に合うのはこれかなと定番のパイナップルケーキを購入。店で焼いていて、その場で温かいケーキを試食できるお店で買いました(商店街が始まって最初の方にあるお店)。パイナップルケーキは台北101の地下にある、有名菓子メーカーのものも買いましたが、私は九份のパイナップルケーキの方がおいしいと思いました。


web拍手

台湾旅行 -龍山寺-

Photo

4泊5日で台湾へ行ってきました。今回は仕事でしたが、2日間観光することができ、短期間ながらも想像以上に楽しい時を過ごせ大満足でした。それというのも、ずっと現地の人に案内してもらったおかげです。自分一人・日本人同士では食べないだろうな、やらないだろうな、知り得ないだろうなということを体験し、もちろん、ツアーの方が観光地はいろいろと巡れるのだろうけれど、私にとっては「今日は、台湾の人たちの普通の生活を見せました」と最後に言ってくれた案内の方が貴重でとても嬉しかったです。

さて、私のリクエストで行った龍山寺(台北)。思いつきで、何の気なしに、「せっかくだからお寺も一つくらい行こうかな」言ってみたのですが(現地の方のプランには入っていませんでした)、これは行って大正解でした!こちらのお寺は仏教、道教、儒教の三大宗教を含み、合わせて百余りの神様を祀っていますが、参拝の仕方が日本とは全く違います。参拝の仕方が分からず、日本式でやっている日本人観光客を見かけましたが、せっかくなので正しい手順でやった方が良いかと思います。こちらのサイトが参考になります。

Photo_22

門を入ってすぐの境内はこんな感じ。煙がもうもうと立ちこめています。というのも、各参拝者が7本の線香を手にしているからです。線香は無料で配布されています。お参りする箇所は七つあり、それぞれが異なる神仏を祀っています。最初の二箇所では願い事全般、その他は学問など願い事の内容が決まっています。

Photo_3Photo_4

こんな風に線香を持って、お参りします(奥の方々は日本式ですね…)。その際、最初に自分の名前、生年月日などを言い(もちろん、心の中で!)、そのあと願い事を言います。終わったら、各参拝場所に線香を捨てるところがありますので、1カ所終わったら1本捨てます。ちなみに、本殿の前に賽銭箱がありますが、日本と違って必ずしもお賽銭を入れなくて良いそうです。私たちも入れませんでした。もし入れるなら、かなりのまとまった金額を入れるそうです。

Photo_5

最後に、私と夫にお守りを買いました。日本ならこれで終わりですが、ここではそのお守りを袋からだし、境内中央にある金の香炉のところで3回回さなければいけません。でないと、効能がないそうです。実際には、お守りだけでなく、なんとパン(!)もやっている人がいました。そうすると、神が宿るようです。

私はただ建物を見るだけかなと思っていましたが、思いがけず貴重な体験ができ、一石二鳥でした。写真で見るとものすごく派手で「すごい色彩感覚」と思えるのですが、実際に見るととても美しかったです。


web拍手

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ