フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 右手親指腱鞘炎(ドケルバン病)その後-手術まで- | トップページ | 右手親指腱鞘炎(ドケルバン病)-手術後 »

2012.01.10

右手親指腱鞘炎(ドケルバン病)-手術

P1000892

手術は10分ほどで済むと言われていました。なので、処置室のような、簡易的なところでやるのかと思っていたら、まさにドラマでよく見かける、あの手術台特有の照明に照らされ、常に心拍数を計測、という極めて本格的な手術室で行われ、私はそれだけでドキドキしてしまいました。

手術は午後からでしたが、昼食はとらず、手術開始時間の30分前には来ているように言われました。到着後、しばらくすると手術着に着替え、手術台に。医師には、「手術よりも、そのための準備に時間がかかる」と言われましたが、多分その通りだったのだと思います。右腕全体に、イソジンを丹念にぼたぼたに塗りまくって消毒。そのあと右腕全体をバンドで強く巻き上げ、上腕部をチューブで縛り上げ、バンドが外されました。手術中、右手に血液が回らないようにするためです。それから、麻酔の注射。「これは皮膚麻酔だから、ものすごく痛いよ」とあらかじめ言われましたが、確かに、尋常でない痛みでした。多分、3本くらい打ったと思いますが、皮膚表面を針で波打たれるような感覚でした。

そして手術開始。麻酔のおかげで、痛みは感じませんでしたが、切っているという感覚はあるので、気分の良いものではありませんでした。また、10分ほどといわれたその時間も、永遠に続くかと思われるほど、長く長く感じられました。
手術は、腱鞘を切り離し、腱を解放するというものです。その、腱鞘を(おそらく)ハサミで切っている間(パツン、パツンという音がしていました。とても、いやな感じでした)、医師はなんども「厚いな、厚いな」と言っていました。あとで聞いたら、腱鞘炎がかなり進んでいたので、腱鞘が腫れて相当厚くなっていたそうです。
そのあと、縫合、包帯をして終了。血液を止めていたので、指先がものすごくしびれていました。

手術代ですが、24610円、うち3割負担なので(国民健康保険)、実際支払ったのは7380円。2日後の経過観察、2週間後の抜糸、薬代を含めても1万円ほど。こんなに安い値段で10ヶ月間悩み続けた右手の痛みから解放されるとは驚きです。時間も、病院に入ってから出るまで1時間半ほどでした。

手術前、「帰るときにはこの腱鞘炎の痛みはもうないから」と言われました。多分、そうだったのでしょうけれど、手術の痛みがあるのであまり実感はありませんでした。術後の経過については、次の記事で書きます。

***
メーリホヴォに居を構えたチェーホフ。70万坪以上ある敷地内には、母屋、台所、蒸し風呂、『かもめ』を執筆したという小屋、畑、果樹園などがありました。そして、モスクワ大学医学部卒で医師でもあったチェーホフは、ここに診療所も構え、村の人々を無料で(!)診察していました。写真はその診療所です。内部はこんな感じ。

P1000890

web拍手 by FC2

« 右手親指腱鞘炎(ドケルバン病)その後-手術まで- | トップページ | 右手親指腱鞘炎(ドケルバン病)-手術後 »

料理・暮らし」カテゴリの記事