フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.12

アネパターン: 9Cavarie その1

【パターン】アネパターン、9Cavarie 裏つきミニタイトスカート、38号、丈6センチ延長  【作成】2012年5月
【生地】コットンジャガード(ゲスナ-)、インポート布地・fan-annexにて購入

Cavarie11

発売当初はあまりのミニさ加減に全く購入するつもりがなかったパターン。ところが、今年になって丈延長のアレンジ作例が紹介され、丈さえ伸ばせばプレーンなスカートとして着られることが判明。しかも880円から2310円に大幅値上げをすると告知があり、880円なら買っておいても損はなかろうと、かなり消極的な理由でとりあえず駆け込み購入しました。
さて、3月にエミネを作りましたが、ぎりぎりこのCavarieを6センチ延長で作れるだけの生地が余りました。同じ生地で続けて作るのもちょっと面白みがありませんが、ここは布を使い切ってすっきりしよう!とゴールデンウィークに制作。パターン購入理由も、スカート制作理由もなんだか消去法のような消極的なものでしたが、出来上がってみるとかなり気に入りました。本当に、ごくごくプレーンなスカートですが、なにか良い感じ。とてもラインがきれいで、何かと重宝しそうなタイトスカートです。タイトスカートはMPL最初期のパターンでも2着縫いましたが、MPLよりもこのCavarieの方が形に癖がなく、若々しい気がします。いろいろな生地で何着も作りたくなる感じ。冬はカラータイツやブーツを主役にした着こなしもできそう。少ない生地で作れるのもポイントが高いです。

前スカートの2本ののダーツで生地をぐっと前に出し、お腹をカバーする作りになっています。ただ、今回は生地にやわらかさが全くないので、動いているとダーツ先がへこみがち。普通に動きのある生地でしたら、ダーツが馴染んでもっと自然にきれいなシルエットになると思います。

6センチ延長でも、ご覧の通り十分なミニです(私の身長は159センチ)。座っても問題がないギリギリの丈です。私がデフォルトの丈で作ることは絶対ありませんね。

Cavarie1f0Cavarie1f2

Cavarie1sCavarie1b

web拍手 by FC2

2012.05.06

賤ヶ岳と余呉湖

今年のゴールデンウィークは夢の10連休。ですが、前半は4月の疲れをとるのが精一杯、たいして何もできませんでした。洋裁も、簡単なタイトスカートを縫ったくらい。後半は夫の田舎の滋賀県へ。当初は伊吹山に登る予定で、登山地図を買い、トレッキングシューズも新調しましたが、連日の雨。しかも前日の夕方も本格的な雨が降り、これでは山頂付近のガレ場が危険ということで、急遽行き先を賤ヶ岳に変更しました。ガイドブックとネットを睨めっこし、土壇場で決めた軽い登山でしたが、期待以上に良かった!

JR余呉駅→江土登山口より入山→賤ヶ岳山上→国民宿舎余呉荘登山口というコースをとりました。

P1010587

登山口からすぐにこのような森林の中を歩いて行きます。新緑が美しく、歩いていて気持ちいい。

賤ヶ岳といえば、羽柴秀吉と柴田勝家による覇権争いの決戦の舞台。山中にはその合戦にまつわる遺跡が所々にあります。

Ooiwa1

Ooiwa

勝家方の武将・佐久間守政が大岩山の中川清秀の陣を急襲、撃滅させましたが、その砦跡。結果的に、これが勝家敗北のきっかけとなっていくわけですが。

P1010120

森林浴を楽しみつつ賤ヶ岳に到着。途中「首洗いの池」という、相当に生々しい場所もありました。前半はなだらかな登りで楽な道のりでしたが、最後はそれなりに傾斜があり、ちょっときつかったです。
山上に着いてみると、驚くほどたくさんの人。とても開けた場所で、皆がお昼ご飯を食べていました。ベンチはもちろんのこと、めぼしい場所はもう埋まっていたので、私たちはちょっと離れた木陰で余呉湖を眺めながらお昼をとりました。

P1010114P1010115

私たちの野外昼食の定番。おにぎり、トマト、キュウリ、ゆで卵。そして、その場でウインナー炒めとインスタントラーメンを調理。お湯を沸かしてお茶。そして、今回は持ってこなかったけれど、デザートとして缶詰の果物類(杏仁豆腐など)。

P1010125

眼下には余呉湖がきれいに見えます。こうしてみると、本当に小さな湖。

P1010121

反対側には琵琶湖。竹生島も見えます。

P1010128

P1010123

そして柴田勝家像。賤ヶ岳合戦の説明パネルがあります。

1時間ほどのんびりしてから下山。国民宿舎余呉荘登山口方面に降りました。こちらから登って来る人もいましたが、私は江土登山口から登ることを強くお勧めします。こちらはとても急な下りで、これを登るとなったら相当きついはず。

P1010129

降りると余呉湖畔。水が大変きれい。ここで紅茶を飲んで一息入れてから、湖畔沿いに駅まで歩きました。つまり、登山も含めて余呉湖を一周したことになります。湖畔は途中まで自然歩道になっていて、道沿いにはあじさいがびっしりと植えられていました。あじさいの季節にはそれはそれは美しい歩道になることでしょう。途中、キャンプをする人、バーベキューをする人、つりをする人を見かけました。

P1010135

振り返ると私たちが歩いてた山が見えます。先ほどまであの山上にいたとは信じられない。

P1010136

今は田植えの季節。途中、田植えをする農家の方々を見かけました。

この賤ヶ岳登山と余呉湖、大変お勧めです。そして、スタートからゴールまで、お店を一軒も見かけませんでした。今時、駅周辺にお店が全くなく、山、湖、田園だけが広がる風景というのも珍しいのでは。都会の喧噪から離れるのにうってつけの場所です。

web拍手 by FC2

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »