フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 折りたたみ式テーブル | トップページ | アネパターン: 265B 七分ラッフルブラウスジャケット »

2012.08.22

醒ヶ井の梅花藻

1週間ほど滋賀県にいました。昼間は猛暑のため精力的に歩き回るのは無理でしたが、それでも少しは観光をしたいということで、名水で知られる醒ヶ井に行きました。

2

1

まずはお昼ご飯。駅前のお店で「醒ヶ井定食」を食べました。醒ヶ井はますの養殖で有名で、そのますの甘露煮がメインの定食。川魚が苦手な私ですが、この甘露煮は大変美味しくいただけました。

なぜ醒ヶ井に来たのかというと、梅花藻を見るため。年間を通して14度前後の清流にしか育たない水草。全国でも生育場所が限られていますが、7-8月はこの梅花藻が見頃ということで訪れました。駅には梅花藻マップが置いてあり、それを頼りに散策に出発。

3

4

まずはお昼ご飯を食べた定食屋の裏手。風情もなにもない写真ですが、ここも梅花藻ポイント。逆に、こんな場所に梅花藻が育つ清流が流れていることが驚きです。そして、日当たりが良いからか、実はここが一番、梅花藻が見事に咲き誇っていました。

5

次に向かったのは西行水。こんな伝承が伝わる場所です。

西行法師がこの地を訪れた際、茶屋で一服茶を飲み立ち去りました。西行に淡い恋心を抱いた茶屋の娘が西行の飲み残した茶を飲み干すと、奇異な事に突如して妊娠し、男の子を授かりました。再び西行が訪れた際、事の詳細を娘が話すと、西行は「もしわが子供であるなら元の泡に返りなさい」と念じると、男のは姿形が無くなり泡となって消えてしまいました。西行は自らの子供と確信し五輪塔を建立すると「泡子墓 一煎一服一期終 即今端的雲脚泡」と刻んだと伝えられています。

6

その前には水琴窟があって、このように水を流すと音を奏でます。

このあとは住宅街を流れる地蔵川沿いに歩いて行きます。この地蔵川が梅花藻で知られています。

7

8

曇っていたとはいえ、やはり暑かったこの日。でも水辺はひんやりと涼しく、心地よく歩くことができました。

910

こんな風に生活にも使われています。家の前をこんな清流が流れていたらさぞ楽しいだろうと思う反面、これだけ観光客がいたら生活しにくいだろうとも。それほど有名な観光地ではなかろうと思っていたのですが、私たちの予想に反して、かなりの数の観光客がこの地蔵池散策に訪れていました。

11

12

こんな風情の良い場所も。

13

このあたりが最終地点。私たちが歩いたのは駅からすぐの最短コースで、ゆっくり歩いても片道20分くらいでしょうか。暑い夏にはちょうど良いミニ観光。

駅に隣接する「醒ヶ井水の宿駅」では湧き水を汲むことができます。これが大変美味しい名水。ぜひ、水筒またはペットボトルを持参してください!

web拍手 by FC2

« 折りたたみ式テーブル | トップページ | アネパターン: 265B 七分ラッフルブラウスジャケット »

旅(国内)」カテゴリの記事