« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の3件の記事

アネパターン: 7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー その1

【パターン】アネパターン、7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー、38号  【作成】2014年6月 【生地】混率不明ニット地(生地ののみの市にて購入)

T1_fs4

 2年ぶりに七月でネックレスを買いました。バロックパールのネックレス。この長さのネックレスを買うのは初めてで、自分としてはちょっとした冒険(?)でしたが、届いたネックレスはサイトで見た以上にパールに輝きと照りがあり、3個の異素材の石の色と配置が絶妙。全体として華やかさと上品さを兼ね備えた素晴らしいものでした。あまりにも気に入ったので、何をおいてもこのネックレスが主役となるようなカットソーを作りたくなりました。
 そこで選んだのが「生地ののみの市」で1メートル300円という激安価格で購入したニット。激安ながら落ち感、ドレープ、艶が素晴らしい、なかなかの素材。混率は一切分かりませんが、このしなやかさを思うと多分レーヨンが入っているのではないでしょうか。色はグレー。パールの純白がひときわ映えるはず。

T1_f5

 こんな感じです。一番長くするとちょうどピンクの石が衿にのります。カットソーだけだとちょっと地味なのですが、このネックレスと合わせることで完成された装いに。他の手持ちのネックレスも合わせてみたのですが、断然このネックレスが合います。

 さて、この生地ですが、お店で手にしたときからこのドレープ感を生かした形にしよう、と決めていました。そこで選んだのが7Tamao。これでもかとギャザーが入るカットソー。ギャザーではシャーリング押さえを使用しました。この押さえ、かなーり前に購入しましたが、今回初めて使用。たしかに、面白いほどギャザーが入ります。ただ、まだ加減が分からないためか、試し縫いをして縮み具合を調整したつもりでも、いざ本番布を縫うと思い通りにいかず。結局、ほどいて何度かやり直しました。もちろん、ミシンでギャザーを寄せてからも手で微調整は出来るのですが、そうすると今ひとつ均一にならず…最終的には、衿ぐり、袖口、裾、すべて切り替え布とほぼ同寸になるようにギャザーを寄せました。ですが、裾はそれではだめだと出来上がってから納得。手順書には「55センチに縫い縮め、切り替え布を伸ばし付け」となっていますが、私はほぼ同寸まで縮めたために、着用時、裾がまったく伸びないことに。裾幅は十分なのでそれでも着脱に問題はありませんが、製品としてはこれではだめだろうなと思いました。やっぱり、伸びた方が着やすいです。次からは手順書通りにします。
 だいたい形が出来上がった段階で試着してみたら、衿の開きが大きすぎる気がしました。その時は、次からは中心で1センチくらい詰めようと思いました。でも、裾切り替え布を付けて、裾が固定されると衿ぐりの開きはこれでちょうど良いように見えました。実際に着てみて、次回以降どうするか決めます。

T1_fs3

 この生地、大変涼しいです。また、身体から離れる形なので夏にぴったりのカットソーになりました。以前チュニックが流行ったとき、一応試着してみたことがあるのですが、自分でも顔を背けたくなるくらい似合っていませんでした。ということで、私はチュニックはずっと避けていますが、これは裾にもギャザーが入っているために、シルエットとしては裾が広がらず、ある程度ストンとなるので私でも大丈夫でした。むしろ、グレーということもあって大人っぽいカットソーになりました。

 このTamaoと似たパターンとしてTamalioがあります。縫製手順書も類似品ということでTamalioのものが付いています。それを見ますと、Tamalioは衿が切り替え布で伸ばし付けです。このTamaoは全面芯貼り、見返し始末になっています。Tamaoの方が衿の形が固定されますし、布の影響も受けにくいので、縫製が簡単、仕上がりも予想が付きやすいと思います。

ところで、シャーリング押さえ。私は縫い目の大きさ(ダイヤル)で縮み具合を調整していますが、これで正しいのでしょうか?ダイヤルの数字が大きくなるとより大きく縮み、小さくすると縮み具合が減少します。

T1_fs5T1_s1

T1_bs3T1_b1

web拍手 by FC2

アネパターン: Aラインスカート その3

【パターン】アネパターン、9483 Aラインスカート(廃盤)、38号  【作成】2014年5月
【生地】トゥルニエ ファンシーツイード(ポリエステル38% コットン17% アクリル27% ウール10% ビスコースレーヨン4% ナイロン4%)、アザト いのうえ にて購入

A11

 ジャケットは3月末に完成したので時期的にぴったりだったのですが、それに合わせるスカートに取りかかる時間がなかなかとれず、結局縫い始めたのは5月半ば、完成したときには6月になってしまっていました。もう、スーツで着るには暑いかな。

 私はスーツを作るときはいつも、ジャケットを完成させてからスカートの形を考えます。この生地は、厚みはそれほどではありませんが、折り込まれたボーダーにより生地がしっかりとしているのでタックや襞を作るのは無理な感じ。そしてなにより生地そのものが大変華やかなので、それを生かすために思い切りシンプルなスカートに仕立てることにしました。発売されたのはもう10年以上前ではないかという古いパターン、Aラインスカートです。とうの昔に廃盤です。
 前スカートにダーツ2本、後スカートにダーツ4本という、大変オーソドックスな形。これまでに2着縫ったことがありますが、そのときは大幅に補正しました(記事はこちら)。斜めになってしまう脇線がまっすぐに落ちるようにする、というのが補正ポイントでした。ですが、2000年代半ばから整体に通うようになり、私の姿勢も変わったようです。通い始めてしばらくすると、補正したAラインスカートの脇線が斜めになるようになりました。つまり、トルソーと同じ。まっすぐ落ちるようにすると、腰をものすごく反ることに。以前はこんなに無理な姿勢をしていたんだ!と驚いたものです。
 今回は補正パターンではなく、デフォルトのパターンを使用しています。脇の縫い代を各3ミリ減らし、全体で1.2センチ大きくした以外は何も直していません。でも、脇線はこのようにきちんとまっすぐ下に落ちています。

A14

A15

 スカートの丈も短くするかどうか悩みましたが、結局パターン通りにしました。

A12

 少し長めだとは思うのですが、フォーマル感の強い生地なので、かえってこの方が全体的に雰囲気が合うのではないでしょうか。
 やはりこの生地は、上下で着た方が素敵です。頑張ってスーツに仕立てて本当に良かったです。

A13

web拍手 by FC2

アネパターン: Sophie 衿付きボレロジャケット その1

【パターン】アネパターン、Sophie 衿付きボレロジャケット、38号  【作成】2014年3月
【生地】トゥルニエ ファンシーツイード(ポリエステル38% コットン17% アクリル27% ウール10% ビスコースレーヨン4% ナイロン4%)、アザト いのうえ にて購入

St8

 以前からあこがれていたトゥルニエのファンシーツイード。白地にゴールドとシルバー、6種類のボーダー。一目惚れして(しかも1200円/m!)、まずはスカート着分を購入してみました。こういうタイプの生地を身にまとうのは生まれて初めてで、派手すぎはしないかと心配だったので、シンプルなスカートだけを作ってみるつもりでした。ですが、届いた生地はラメがたくさんで想像以上にキラキラで華やか、それでいてとても上品で、これは全身で着てみたいと、ジャケット分を追加購入しました。
 ボーダーなので、柄合わせを考えるとパネル切り替えは避けた方が良いだろうと、2面身頃のジャケットに仕立てることにしました。ボーダー生地でジャケットというのは初めて。ある程度覚悟はしていましたが、やはり柄合わせが大変でした。裁断でも相当に頭を使い、それでも動く生地なので裁断中に少しずれたのか前身頃のボーダーが合わなくなってしまい、片方を裁断し直しました。多めに生地を買っておいて良かった。
 縫製も神経を使い、なんといっても生地が動くので、寸分違わず柄合わせをするのは至難の業でした。特に後ろ身頃中心と、2枚袖のはぎは合わずに何度も縫い直しましたが、もう、ぱっと見て柄があっているという印象が持てれば良し、と見切りを付けました。

St3

 こう見ても少しずれているのが分かりますが…凝視しなければそれほど分かりませんよね?

 柄生地なので、胸ポケットは省略して腰ポケットのみとしました。最初は中縫いをするつもりだったのですが、ポケットが小さめなので中縫いは難易度が高そうだったのと、なんといっても中縫いで柄合わせをする自信がなかったので、上からミシンでたたきつけました。中縫いの方がふっくらとして高級感がありますが、ツイードでそれほどミシンのステッチも目立たないので良いかなと思います。

 ボタンはあこや貝。パターンでは25ミリ指定で、25ミリのあこや貝ボタンを用意したのですが、実際に縫い付けてみるとあまりにも唐突で、ジャケットの雰囲気とまったく合わないので18ミリボタンに変更しました。私は、今後もこのジャケットでは18-20ミリのボタンを使用すると思います。

 裏つきジャケットを縫うのは久しぶりすぎて、途中「ここはどうすればいいんだっけ?」と考え込むこともしばしば。亀の歩みのような縫製でした。手順書も付いてはいますが、参考程度ということで、適時変更したり、他の本などを見て手順を追加したりしています。衿は、私は先に衿の形に仕上げてしまい、それを挟み込むように縫い付けています。身頃との継ぎの縫い代は指定通り割りますが。

 生地が生地だけに、通常よりも仕立てが大変でしたが、とてもとても気に入ったジャケットが出来ました。なんといっても生地が素敵です。

S9

 こんな風にとても凝った生地。写真ではラメのキラキラ感が上手く出せないのが残念です。

 このジャケット、想像したほどゆとりはありませんでした。インナーが薄手の春ならばこのようにボタンを全部閉めても問題ありませんが、冬は開けて着ることになると思います。開けてもキマル形です。

St1

St4

web拍手 by FC2

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ