« 白馬・安曇野旅行 -唐松岳頂上山荘- | トップページ | 白馬・安曇野旅行 -安曇野サイクリング- »

白馬・安曇野旅行 -唐松岳から下山-

P1020289

 リュックは山荘において、まずは唐松岳山頂を目指しました。ですが…

P8120062

 横風が強く、山頂へ繋がる両側が切れ落ちている道(幅は十分あるのですが)で私は恐怖を感じました。右手にはこのような荒々しい山の風景。普通でしたら「素晴らしい景色!」となるのでしょうが、私はただただ怖いだけ。どうも私は、せめて片側は壁か、広々とした平地で、転んでも絶対落ちないようでないとだめみたいです。
 それでも道を渡り、山頂を目指しましたが、私は横風がどうにも怖くて、頂上に立ちたいという気持ちがまったくわかなかったので結局途中で断念しました。他の方々は普通に登っていましたが。私は大変な恐がりみたいです。

 さて、山小屋の入り口には常にモニターに天気予報が映し出されていますが、昨夜の段階では朝8時までは晴れ。そのあと曇り。午後3時過ぎからは雨でした。ですが、朝起きてみると終日曇りに変わっていました。そして、出発するときにはなんと終日雨の予報に。山小屋を出る他の登山者に倣い、私たちもレインウエアを上下着用、そしてザックカバーをして下山を開始しました。
 山小屋からすぐの道のりがこのルートでは一番危険なので慎重に。そこを過ぎるまでは雨も降っておらず、風もほとんどなかったので助かりました。ただ、まわりは靄がかかっていて視界が悪かったのですが、それが幸いしたかも。底まで全部見えていたら足がすくんでしまったかもしれません。また、どんな道のりか分かっていたので、昨日よりもずっとスムーズに、あっという間に通過できました。

P1020291

 山々を振り返ります。中央の三つのギザギザは 不帰嶮(かえらずのけん)でしょうか。

P1020293

 丸山ケルンに向かう途中です。

P1020295

 足下にはきれいな花が咲いています。

P8120068

 丸山ケルン到着。はじめは麓まで見えましたが、まもなくあたりは靄に包まれてしまいました。

P1020296

 再び歩き始めます。ザーザー降りです。雨の中の下山は初めての経験、足下は滑りやすく、片側は斜面の道が多いので緊張します。ですが、下りということで景色を楽しむ余裕も。今回の登山ルートは本当に花々が美しく、目を楽しませてくれます。

P1020298

 足下のこの黄色い花もかわいらしい。

P1020303

 天気が悪いために写真では色が出ていないのが本当に残念ですが、色彩豊かな花畑、雄大な山と思わず「きれいだね」と何度も言ってしまう絶景があちこちで見られます。たとえ天候が悪くてもその景色の良さは分かります。
 
P1020310

 道ばたでも花々が咲きこぼれています。

P1020312

 そして植生が豊かなためか、山の緑も様々で、パッチワークのようになっているのが大変美しいです。

P1020313

 八方池が見えてきました。登山道も終わりです。
 
P1020314

 今回は八方池まで降りてみました。天気が良ければ池に山々が映って大変美しいらしいのですが。

P1020318

 それでも、反対側を見れば花畑、山々と美しい景色です。

P1020322

 ですが、私たちがいる間に大量の靄が発生。あっというまに登山道にまで流れていき、歩いている人々の姿が見えなくなってしまいました。

P1020323

 第2ケルン付近にて。このころには周囲は靄に包まれ、時折その切れ間から山が姿を現す程度に。ちょうど山が姿を現したので撮影しようとしたら、カメラを構える間にこの状態になってしまいました。そしてこれを最後に周囲は完全に靄に包まれ、山も斜面も花畑も、何も見えなくなってしまいました。

web拍手 by FC2

« 白馬・安曇野旅行 -唐松岳頂上山荘- | トップページ | 白馬・安曇野旅行 -安曇野サイクリング- »

旅(国内)」カテゴリの記事

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。

    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    食物アレルギーがあります。パセリ、春菊、あくの強い山菜(蕗の薹など)、マンゴー、カモミール。さらに、2020年に小麦アレルギーを発症しました。少量なら大丈夫ですが、主食として小麦を大量に摂取することはできません。宿泊先選びではアレルギー対応の有無がポイントになります。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ