フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 白馬・安曇野旅行 -唐松岳から下山- | トップページ | アネパターン: エミネ その2 »

2014.08.19

白馬・安曇野旅行 -安曇野サイクリング-

 唐松岳下山後は穂高で一泊し、翌日、安曇野でサイクリングをしました。自転車はしなの庵でレンタルしました。荷物も無料で預かってくれます。一応サイクリングコースもありますが、私たちは本陣等々力家、湧き水公園、大王わさび農場に絞って、コースとは違う道で行きました。

 P1020341

 始めに本陣等々力家。古くから松本の藩主が鮭鴨猟の際の休憩所として使用していたそうです。
 
P1020342

 屋敷内部。昔の建物はふすまの上の部分が凝っていますよね。特に奥の山のような飾りは、いま見てもモダン。江戸中期の庭園も見事です。

P1020347

 お殿様はこの2本松の門から入ったそうです。

P8130131

 安曇野の田園風景。

P1020351

 そして安曇野といえば道祖神。あちこちにあります。
 
P1020352

 次は湧き水公園へ。
 
P1020356

 あちこちで底から水泡がプクプクプクとあがってきては消え、またあがってきては消え。いくら見ていても見飽きません。水泡は上手く写真に撮れませんでしたが、この波紋の下で水泡があがっています。

P1020357

 安曇野といえば蕎麦。蕎麦屋はたくさんあるようですが、今回のサイクリングコースエリアには「そば庄」しかなかったので、そこでお昼にしました。あえてはっきり言います。蕎麦にこだわりたい方はこのお店は避けた方が良いです。蕎麦なのに蕎麦の味がしません。いかにも大型チェーン店の味。やはり、個人が営むこぢんまりした店でないと、美味しいお蕎麦を出すのは難しいのでしょうね。

P1020358

 安曇野一の観光スポットであろう「大王わさび農場」。大勢の観光客がいました。意外にここは入園料をとらないのですね。広大なわさび農場があちこちにあり、木々も多く、夏の涼を求めるには最適の場所です。

P1020367

 黒い覆いの下では作業が行われています。
 
P1020359

 安曇野のイメージ写真で良く出てくる水車小屋。私は、安曇野はこうした水車が普通にあちこちにあるとずっと思っていましたが、この農場だけなのですね。ここは農場としてはドル箱観光施設なのか、このように有料ボートに乗らないと水車を正面からは見られず、また三軒の水車小屋がすべて写る撮影ポイントはカメラマンが占拠して有料で写真撮影をしており、勝手に写真を撮ることは出来ないようになっていました。
 
P1020364

 皆、水車小屋に注目していますが、ちょっと視線を右に移すとこんなに美しい風景です。

 それから、わさびソフトクリーム、さっぱりしていてとても美味しかった!

***

 半日サイクリングをしての感想。私たちが通常のコースから外れたせいもあるでしょうけれど、全体的に道路幅が狭く、車通りが激しいため、自転車に乗っていると幅がギリギリといいますか、自動車がサイクリング中の人をよけなければいけない箇所が多く、危険を感じました。特に、大王わさび農場に入る正面の道がひどかったです。安曇野で気持ちよくサイクリングするのは難しいというのが正直な感想です。夫は、旅行前はまた安曇野に訪れて今度は自転車で道祖神巡りをしたいと言っていましたが、そんな気はなくなったようです。とてもそのような道路事情ではないので。

web拍手 by FC2

« 白馬・安曇野旅行 -唐松岳から下山- | トップページ | アネパターン: エミネ その2 »

旅(国内)」カテゴリの記事