フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016.05.20

養老渓谷 -大福山・梅ヶ瀬コース

 2日目は大福山・梅ヶ瀬コース。9.6キロのコースです。
 駅まで行かないと食べ物を買える店はないそうなので、まずは養老渓谷駅へ。ゴールデンウィークのためか、駅前に何軒かテントの出店がありました。私たちは米農家と思われるお店であさりご飯、おにぎり、大福、マドレーヌ、他のお店でフランクフルトソーセージを購入。本当は野菜も欲しかったのですが、ハイキングの途中で食べられるようなものは売っていませんでした。タケノコとかはありましたが…

 まずは大福山を目指します。

 Yourou1

 大福山まではずっと車道です。歩いて間もなく、こんなかわいらしい所がありました。

 Yourou2

 春の山。様々な緑。

Yourou3

 まさか、大福山までずっと車道とは思っていませんでした。沿道にはモミジがたくさんあり、紅葉のときにはさぞ良いドライブコースだろうとは思いますが、車道は歩いていても今ひとつなのですよね。車に気をつけていなければいけないのもストレスです。ここから梅ヶ瀬方面に入ります。

 Yourou4

 すると様相が一変。待ちに待った山道。トレッキングシューズを履いてきて良かったです。

 Yourou5

 このような山道を進みます。鳥の声が美しく響きます。少し歩きにくいところもあるので、トレッキングシューズが必須。

 Yourou6

 こんな川辺でお昼ご飯。先ほど駅で買ってきたものと、ハイキングの定番、インスタントラーメンです。ただ、今回は炭水化物ばかりでちょっと辛かったです。どこかで手軽に食べられる野菜が買えるかと思っていたのですが…

 Yourou7

 梅ヶ瀬渓谷は多種多様な景色に出会える、大満足なコースです。写真には良く写っていませんが、岩壁から水がしみ出しています。

 Yourou8

 このような川を何度も渡ります。

 Yourou9

 水が大変きれいです。

 梅ヶ瀬渓谷は大変お勧めです。途中、もみじ谷もあります。見事な紅葉でしょうね。

 Yourou10

 小湊鉄道、帰りはトロッコ列車に乗りました。インターネットで予約ができます。車掌さんがユーモアを交えながら沿線の話を色々してくれるので、小湊鉄道のこと、この地域のことを少し知ることができました。
 このSLの蒸気は本物ではありません。バニラの香りをつけているそうですが…そう言われれば、そんな匂いもするような?

web拍手 by FC2

2016.05.13

アネパターン: ル・グルース/ノースリーブシフトワンピース その1

【パターン】アネパターン、ル・グルース/ノースリーブシフトワンピース、38号  【作成】2016年4月
【生地】混率不明ツィード(生地ののみの市にて購入)、切り替え布はシルク混リネン(アザトいのうえにて購入)

Gr1f

 以前、生地ののみの市で可愛い!と後先考えずに買ったツィード。買ったはいいものの、こんなモコモコ感のある生地、何に仕立てればいいのかさっぱり分からず、しかもかさばって場所をとる、ということでもてあましていました。体に当ててみると、スカートやジャケットよりも、なんとなくワンピースにするのが一番しっくりする気がしました。ただ、この生地の感じだとストンとしたデザインの方が良さそう。ということで、中~厚地推奨のル・グルースにしてみました。
 以前だったら、こういう体に沿わない、プカッとしたワンピースは避けていました。でも、最近はなんとなくそういうものにチャレンジしてみたい気持ちが沸いてきました。

Gr1f1

 出来上がって着てみると、こういうプカッとしたワンピースは着こなすのが難しいことがよく分かりました。生地のモコモコ感でさらに難易度がアップしています。体が整っていて、姿勢良くシュッと立てないと、テント?てるてる坊主?になってしまいます。写真を見てまだまだ相当修行が必要なことが分かりました。それからサイトの作例を見ますと、おそらく「厚地」とはいってもこういうタイプの厚地は想定していないのでしょう。

 Gr1b

 後はダーツが入ってかなり絞りがあり、着やせ効果がある感じです。

 Gr1

 生地のアップです。もこもこの毛、リボン、ラメの3段ツィードです。ラメの量が想像以上で、裁断は大変でした。ラメの飛び散りが尋常でなく、切るそばから掃除機をかけました。
 切り替え布なしで作ることも考えましたが、このファンシーな生地だけで全身を覆うとやりすぎかも、ということで切り替え布を使用することに。とはいっても、手持ちの生地ではあまり選択肢はなく、かといってこのためにわざわざ生地を探して新たに購入する気もせず。結局、厚み、素材感、色で一番おかしくなさそうなこの生地を使うことにしました。

 切り替え布ですが、前中心でも剥ぐ仕様になっています。そのため前中心に縫い代が密集するので、ビロビロしないためにステッチをかけておきました。

 そして、良く考えると、裏地袖に見返しを接ぎ、表地と中縫いするノースリーブのワンピースを縫うのは初めてでした(つまり「毛抜き合わせ」?)。ノースリーブだから袖付きよりも簡単だろうと、何も考えずに表地、裏地をそれぞれ仕上げ、いざファスナー部分から合体させようとしたら、袖部分は一体どう縫えばいいのかと分からなくなりました。
 ネットで調べたら、どんでん返しで縫う袖無しワンピースの縫い方動画がありました。

 これを見てますます青くなりました。全然手順が違う!しかも、もう後戻りできないところまで縫っている!
 仕方ないので、「とにかく袖がくっついて、形にさえなればいいのよ」と原始的に考えることにしました。ということで、ジャケットのどんでん返しのときに、袖口を表地と裏地の間から引き出して、付き合わせて縫うのと同じ方法でやることにしました。ただ、一度に一周することは出来ないので、前身頃、後ろ身頃に分けて。結果としてそれほど難しくなく縫うことが出来ました。次もこれで良いか、と思ったくらい。

 裏地は「服地のひでき」のベンベルグ 裏地 AKP7137 Xのベージュを使用。このベージュは表地の白をきれいに見せてくれると思います。服地のひできの裏地は質が良く、幅広、値段も良心的なので、あらかじめいろいろな色のサンプルを取り寄せ、合いそうな色だったらいつもこの裏地を利用しています。

 仕上がりの着丈を見て多分短いと判断して3センチ伸ばしましたが、実際に着て写真を撮ってみると、デフォルトの丈で良かったと思いました。

 こういう服をかっこよく着こなせるようになりたいものよ、というワンピースになりました。

 Gr1fs

Gr1s

Gr1bs

web拍手 by FC2

2016.05.12

養老渓谷 -喜代元-

 ゴールデンウィークの行き先を決めたのは2月の末。養老渓谷ならまだ宿も間に合うだろうと思いましたが、いざ予約をしようと思ったら、予算内でまだ部屋がある宿というのはあまりなく、ほぼギリギリセーフで喜代元に予約を入れることが出来ました。

 中瀬遊歩道終点のすぐ近くに位置するので、便利な立地です。

Yourou9

Yourou2

 観音橋側の部屋を予約しました。川沿いよりも安いので。18:30からは貸し切り、予約はなしで空いていれば入れる、しかも30分のみ…と面倒そうなので、その前に入ってしまいました。良いお湯でしたが、何しろ西日がすごくてとても外を見られません。

 さて、夕食です。

 Yourou3

Yourou4

Yourou5

Yourou6

 ほぼすべての料理が、最初から一度に出てきます。
 この宿の売りの陶板焼き。豚肉の下には野菜だけでなく、いろいろな種類の豆もあるのが新鮮でした。
 とろろは箸でつかめるほど粘りけがあり、ご飯にかけるのではなくそのまま食べる方が美味しかったです。あさりの味噌汁は、大粒のあさりでしっかり出汁が出ていました。鮎は、鮎としてはずいぶん身がありました。デザートはメロン。

 朝ご飯です。
 
Yourou8

Yourou7

 鯵を卓上で焼くので、熱々を食べられました。

 こちらの宿の料理は大感激するほど力を入れていて美味、というわけではありませんが、特に不満に思うこともないので、悪くはないといったところ。
 それよりも、素晴らしいのは掃除です。この宿に足を踏み入れた瞬間、隅々まで掃除が行き届いているのが感じられるのです。部屋にいても大変気持ちが良く、なにか空間がぴしっとしている感じ。もちろん、まともな宿泊施設なら当然それなりに掃除されているものですが、こちらの宿は掃除に対する意識の高さが群を抜いているのが肌で感じられました。掃除の大切さを身をもって体験した宿でした。

web拍手 by FC2

2016.05.09

養老渓谷 -バンガロー村・弘文洞跡コース-

 ゴールデンウィークに千葉県の養老渓谷に行ってきました。
 出発前夜は暴風雨で、雨は上がって晴れてはきたものの、1日目はかなりの強風のなか歩くことになりました。完全に好条件とは言えないので、7.4キロ、約2時間のバンガロー村・弘文洞跡コースにしました。養老渓谷のハイキングコース地図はこちらで見られます。

 養老渓谷駅を出発。線路を渡ってハイキングコースへ。

 Yourou1

 宝衛橋を通ります。

Yourou2

 昨晩の大雨で川が濁っています。

Yourou3

 すでにお昼過ぎ、お腹も空いていたので早々にお昼ご飯に。小湊線五井駅で買ったお弁当。地元の方が売っている手作りのお弁当。ちらし寿司、あさりご飯、あじのフライで、しめて1000円。とくにあさりご飯が美味しかったです。ちらし寿司は、散策中の外での食事には合わない感じ。やはり、塩っぽい味の方が美味しく感じられます。

Yourou4

 田植えの季節ですね。
 
 このルートはバンガロー村までずっと車道です。バンガロー村は大変広く、バンガローがたくさんありました。ゴールデンウィークということで利用客も大勢いました。

Yourou6

 バンガロー村を通り過ぎ、下ったところに川がありました。このあとまた車道を歩きます。

 このルートは車道ばかり?と思ったら、中瀬遊歩道にきて一気に風景が変わりました。

Yourou7

 川沿いを歩く、大変気持ちの良いコース。

 Yourou8

 川を渡ります。昨夜の雨で水かさが増しているのでしょうか。あと数センチ水面が高かったら渡るのは無理そう。

 Yourou9

 川を渡ると、こんな素晴らしい景色が見られました。

Yourou10

 さすが、紅葉の名所。養老渓谷はほんとうにモミジが多い。新緑のモミジも大変美しいです。

 Yourou11

 ツツジも咲いていました。
 バンガロー村・弘文堂コースの中で一番景色が美しく、歩いていて楽しいのは中瀬遊歩道です。時間がなければ、ここだけ歩くのがお勧めです。

 Yourou12

 今日のコースの終着点、出世観音でお参りもしました。

web拍手 by FC2

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »