フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年9月 »

2017.08.29

カナディアン・ロッキー旅行 3日目 ーダウンタウンー

3


 今日はバンフのお店を見て回ります。

4

 こうして見ると、道路が広いですね。今日は比較的山がよく見えます。山が見える町はいいですね。

5

 平日ですが、道路はかなりごった返しています。道路で記念写真を撮るのは難しいくらい。人の邪魔になってしまいます。

6
 
 市内交通はローム・バスというバスがあります。ルートは4つあって、私たちが利用するのはルート1。町の北から南へバンフ通りを通ります。北の終点がリムロック・リゾートホテルです。この日はものすごくノリのいい若い運転手で、行きも帰りもこの威勢のいい運転手でした。帰り、前の車が変な運転をしたのか、そちらに向かって「Come on!」。そして私たち乗客に向かって、「みんなはバスに乗るよね!smart!」。

10

 まずは、すでに日本で私が目をつけていたJacques Cartier Clothier。北極圏のツンドラ地帯に生息するジャコウ牛からとれた産毛を加工して仕立てたニット製品、洋服などを販売しているお店です。ニット製品の類を見ない軽さ、これまで経験のない肌触りにびっくり。決して安いものではありませんが、この品質なら高くはないということで、旅の思い出に買うことにしました。

9

 夫は一目見てこの図柄が気に入ったようで、他には目もくれずこれ一択。帽子と手袋をセットで購入。

8

 実は、私は何を買うか決めあぐねました。軽さと肌触りは気に入ったので是非買いたいのですが、私には似合わなさそうなくすんだ色ばかり。その中で唯一、この赤は私に似合うと夫が太鼓判を押した手袋を買うことにしました。店内では照明のせいか朱色に見えていて、私には似合わないのではと半信半疑でしたが、自然光のもとではきれいな赤でした。買って良かった!
 毛糸も売られていて、製品にはない、きれいな色のものもたくさんありました。

2

 次は、夫が行きたがっていたお茶の専門店DAVIDsTEA。店内には様々なブレンドティーがあります。私は、何かカナダらしいお茶が欲しいと思い、店員さんに尋ねたら勧められたのがメープルティー。メープルの良い香りがします。ただ、飲んだことのないお茶を大量に買う勇気はないので、この日は一杯分(6グラム)だけ買いました。夜、ホテルで飲んでみたら、お茶を入れている段階で部屋がメープルの香りでいっぱいになりました。お茶は癖がなく、飲みやすい。さっそく、翌日、自宅用とお土産用を買いました。日本で飲んでみると、軟水のため味が変わるのか、カナダで飲んだときよりも甘みを感じました。他に、ティーバッグの緑茶セットを購入。夫は、昨年から海外で売られている緑茶に興味を持つようになりました。
 ところで、店内では試飲用のお茶もありますが、意外なものがブレンドされてるので、アレルギー持ちの方は注意した方がいいです。緑茶にマンゴーが入っていました。私も、メープルティーを買うときは問題になるものが入っていないか、店員さんに確かめました。

 あらかじめ行こうと決めていたのはこの2軒。あとはぶらぶらしながら、良さそうなお店があったら入ろうと思ったのですが…大通りに面しているお店は、大半がどれも似たような品揃えのごく普通のお土産物屋さん。何かに特化した、こだわりのあるお店ではなさそうです。ですが、帰国後、あらためて『地球の歩き方』を見ると、行きたかったお店が他にもありました。地元アーティストのハンドメイド雑貨を置いているお店など。もっと下調べしてから街に行くべきでした。残念。

 でも、高品質のニット製品が買えたので満足です!
 他に、自宅用としては来年のカレンダーを買いました。

7

 バンフも花がきれいに飾られています。スイスはゼラニウムでしたが、ここはペチュニアがメイン。

 このあと、大型スーパーに行って水や食材を調達。お惣菜も売られているので、部屋食や、お弁当作りにも困らないと思います。

1

 犬用の水飲み場もありました。

web拍手 by FC2

2017.08.26

カナディアン・ロッキー旅行 3日目 -朝食-

1

 今回のツアーは滞在ホテルでの朝食付き。初日に夕食をとったPrimrose Dining Roomで、バフェスタイルです。窓からランドル山が見える明るいレストランで食べる朝食は、毎朝大変楽しかったです。

 2

 朝食の時間は朝6時から11時まで。滞在中は毎日朝早くの出発なので、いつも6時台に食べていました。3日目だけはまったりモードの日にしてあったので、少し遅めに、朝昼兼用でたくさん食べることにしました。

3

 こちらの朝食は大変気に入りましたが、野菜が極端に少ないのが欠点。生野菜はこのトマトとキュウリだけ。サラダバーがあれば良かったのですが。スモークサーモン、美味しかったです。カナダに来る前、サーモン料理を食べるぞ、メープルシロップを使った料理が良いな、と楽しみにしていましたが、結局、滞在中食べたサーモンは朝食のこのスモークサーモンだけでした…

4

 野菜がない割に、果物はやけに豊富。ただ、お皿にきれいに並べられているフルーツ、とくにメロンとスイカはカットフルーツのようで、味が薄かったです。ほんの少し置かれている葡萄、実はこの葡萄が美味しくて、滞在後半は葡萄ばかり食べていました。

 6

 左にあるボールに好きな具材を入れてオムレツを焼いてもらいます。その右には暖かい食べ物がずらっと置かれています。保温のために蓋がしてあるので写真は撮りませんでしたが、ベネディクトエッグ2種(日替わり)、フレンチトースト/パンプディング/パンケーキから2種(日替わり)、ジャーマンポテト、スクランブルエッグ、ハム、ソーセージ2種、ベーコンがありました。

5

 菓子パン類。他にベーグル、食パン相当のパンもあります。

7

 フレークとドライフルーツ。結局、フレークは食べませんでした。普段めったに食べられないベネディクトエッグに集中していたので。左にあるのはスムージー2種。右のベリーとリンゴのスムージーが気に入って、毎日飲んでいました。
 朝食後、この窓の向こうに見える中庭に行ってみました。

9

8

 こんなところでのんびり読書をしたり、お昼ご飯を食べたりしたら楽しいでしょうね。今回は忙しくて、ホテル滞在そのものを楽しむことが出来なかったのが残念です。

web拍手 by FC2

2017.08.25

カナディアン・ロッキー旅行 2日目 -終日バス観光-

1

 このツアーを選んだ一番大きな理由は、2日目に終日バス観光が付いているから。カナディアン・ロッキーは初めてなので、まずはバスでぐるっとまわって、どんなところか見るのも良いだろうと。
 パンフレットにはバンフ7:30-8:00発、バンフ19:00-19:30着となっていました。なんと12時間のツアー!まさか12時間もかかるわけないだろう、多めに見積もっているだけだろう、とあまり気にしないでいたら、本当に12時間かかりました。全日、飛行機で座りっぱなしだった上に、またバスに座りっぱなしというのは辛かった。

 2

 車窓観光と下車観光がありますが、下車観光では三つの湖を見ます。最初に、ロッキーの宝石と呼ばれるレイク・ルイーズ。湖畔にはホテルもあり、大勢の観光客で賑わう一大観光地です。もちろん、この湖を見たときは「わー、きれい!」と思いましたが、後日、遙かに美しい湖を最高の条件で見たので、今写真を見てもこんなものかな、という感じ。

 3

 湖に向かう橋のたもとには小川が流れていました。

 4

 次に、クロウフット氷河。このツアーでは、名のある有名な氷河、名もなき氷河、多くの氷河を見ました。スイスでも氷河は見ましたが、数がまったく違います。あちこちで氷河。

 5

 そしてペイト・レイク。湖水の色が季節や時間帯によって変化することで知られています。
 ただ、さきほどのクロウフット氷河でもかすかに感じていたのですが、ここに来てはっきりと煙を感じるようになって、私は少し辛かったです。
 7月、隣のブリティッシュ・コロンビア州で20年に一度という大規模な森林火災が起き、私たちの滞在中もまだ鎮火しておらず、加えて他の場所でも火災が起き、その煙がアルバータ州にも流れ込んでいました。この写真もスモーキーですよね。
 他のお客さんより早めにバスに戻ると運転手さんに「きれいだったでしょう!」と言われ、私としては微妙だったので、「…はい、ただ、煙っぽさを感じました…」と答えました。ですが、これでもかなり良くなったそうです。少し前までは、煙で何も見えなかったそうです。

 7

 このあとは、アイスフィールド・パークウェイで2大アトラクション。

 まずは、3年前にオープンしたばかりのグレイシャー・スカイウォーク。地上280メートルの渓谷に張り出した遊歩道。登山家の気持ちを味わって欲しいとのこと。

 6

 足元は、このように所々透明になっています。高いところが苦手な私は、この透明なところを歩くのが本当に怖かった!多分、当初はすべて透明にするつもりだったのだと思います。でも、それでは怖すぎる、ということで磨りガラスメインにしたのだろう、というのが私たちの推測。説明では、「最高にエレガントな形」とありましたが、これ、エレガントな形でしょうか?

 8

 こんな感じの崖の上にあります。

 9

 アイスフィールド・パークウェイ内にある、団体用のレストランでサラダバー・ランチ。これは不味かった。今年一番の不味い料理なことは確か。カナダではスープに全然お目にかからず、スープだ!と喜んだのですが、これほど不味いスープは多分、生まれて初めて。クノールカップスープを10倍に薄めた感じ。

 10

 このあと、コロンビア大氷原へ写真奥の赤い雪上車で行き、氷河の上を歩くというアトラクション。撮影は出来ませんでしたが、氷河へ行く途中、びっくりするような急傾斜の坂を下ったり、とよくこんな所を車で通って観光客を氷河へ連れて行こうと思ったものだ!と感心しました。

11

 氷河の上を歩いたのは初めての経験!これは面白くて、来て良かったと思いました。日本から、雪道で靴にはめる簡易滑り止めを持っていきましたが、大変役に立ちました。
 氷河の上にいるのは15分でしたが、私は寒くて寒くて15分もいられませんでした。今回、予想以上に寒くて、この終日観光はとにかく寒さが応えました。ホテルを出発した頃で気温6度。日中も、せいぜい15度。氷河の上はいったい何度だったことか…防寒着が全く足りませんでした。特に足元が寒くて、冬用のタイツを持ってくれば良かったと、何度自分を呪ったことか。暖かいハイソックスがあったら買おう!とお土産屋さんに遭遇するたびにハイソックスを探しましたが、帽子、手袋、マフラー、上着はいくらでも売っているのに、靴下はまったく売っていませんでした。本当に寒かった!

 最後にボウ・レイクに寄り、バンフに戻ったのは夜の7時過ぎ。

 車中では、日本人ガイドさんがずっと色々と説明してくださいました。しっかりとしたガイド付きのツアーでした。

web拍手 by FC2

2017.08.24

カナディアン・ロッキー旅行 初日

 数年前にTV番組でトロントからプリンスエドワード島への旅を見て、次の海外旅行はこれにしよう!と決めていました。夫は赤毛のアンの第1巻と(私は中学生の頃、10巻すべて読んでいます)、アニメのDVDも買いました。ですが、昨年あたりから、プリンスエドワード島はもっと年をとってからでも良いのでは?今はもっと体を動かす方が良いのでは?ということになり、同じカナダでも行き先を変更、ロッキーでトレッキングをすることにしました。

 トレッキングは現地の専門会社のツアーに参加。それならあとは航空券とホテルを自分で手配すればいいのですが、初めてのカナダということで、お手軽に旅行会社の現地フリーツアーを利用することにしました。4-5社のパンフレットを集め、値段と内容を比較し、私たちの希望に一番合っているツアーを選択。

 ・往復の航空券(エアカナダ、直行便)
 ・空港からホテルへの送迎
 ・ホテル(初日の夕食、全宿泊日の朝食付き)
 ・カナディアン・ロッキーの見所をバスで巡る終日観光

 この4つがセットになっているものです。

 ホテルは5種類から選べ、私たちは一番安いホテルにするつもりでした。しかし、今年カナダは建国150周年で(正確にはカナダ自治領誕生から150年ですが)カナディアン・ロッキー内の国立公園がすべて入場無料のためか、4月末に予約を入れようとしたときにはすでに、8月中はほぼ全日、全ホテルが埋まっていました。奇跡的に8月中旬にこの5つのホテルのうち上から2番目の値段のホテルだけ空きがあったので、予定より出費することになるけれどやむなし、と予約を入れました。

***

 成田を定刻から少し遅れて16時40分に出発。カルガリー空港に翌日の午前11時頃到着。エアカナダの機内食、飲み物サービスは今ひとつなので、ひもじい思いをしたくなかったら自分でも何か持ち込んだ方が良いです…

 現地の日本人係員が空港で待っていて、用意されたバスでバンフ市内へ。数社の旅行会社分をまとめて請け負っているようです。私は、ただホテルに送り届けてくれるだけと思っていたのですが、係員の方がバスの中でずっとカナダについて色々と説明をしてくださったのには驚きました。バンフ市内に入ると、通る店やホテルについての説明も。しっかりしたガイド付きです。

6

 私たちがこれから5泊するリムロック・リゾートホテルに到着。このホテルはダウンタウンではなく、サルファー山中腹に位置します。他の方々はみなダウンタウンで降り、最後に私たち二人だけが残りました。周囲に店やレストランはなく、ダウンタウンへ行くには巡回バスを利用しなければいけないので(1時間2本くらい)、不便といえば不便ですが、ホテル宿泊者は部屋のカードキーを見せれば無料でバスに乗れます。
 景観を壊さないために、3階以上の建物の建設は禁じられているので、こちらのホテルも正面から見ると3階建て。

 7

 ですが、裏から見ると、山の傾斜を利用して8階建てになっているのが分かります。

 通常ですとチェックインまで1時間以上待たなければいけませんが、ラッキーなことに私たちの部屋はすでに清掃が住んでいたので、すぐに部屋には入れました。ところで、ホテル内の説明、部屋への案内もすべて、ツアー側の係員がしてくださったのには驚きました。

 1

 わくわくして入った部屋。意外にも事務的な雰囲気。リゾートっぽさはありませんね。スタンダードだからこんなものなのでしょうか。洗面台が2つ、タオルはこれでもかと豊富に用意されていて、冷蔵庫、ソファー、ミニテーブル、勉強机、豊富な収納と、機能的には問題ありません。欠点は、ベッドが柔らかすぎて熟睡できなかったこと。

 8

 窓からの眺め。サルファー山と山頂へ繋がるゴンドラが見えます。

 この日は滞在中もっとも天気が悪く、最高気温15度、夕方にはシャワーのような雨も降ったので、部屋でずっと休んでいました(上に載せた外の写真は、後日撮影したものです)。

 ***

 2

 さて、初日の夕食はツアーに含まれています。場所はホテル内のレストランPrimrose Dining Room。窓からはサルファー山の反対側に位置する、ランドル山が見えます。
 ツアーの食事だからたいしたことないだろうと思っていたのですが・・・レベルの高さにびっくり。前菜とメインは二種類から選べます。

 3

 前菜は、旅行中の野菜不足を少しでも解消すべくサラダを選択。これでもかという山盛りのルッコラにおののきました。人生で、一度にこれほどの量のルッコラを食べたことはありません。

4

 メインはアルバータ牛とチキンから選べます。ツアーとしては夕食にアルバータ牛が出ることが売りの一つですが、いずれ食べる機会はあるだろうし(この目論見は外れるのですが)、時差ぼけで食欲がなかったのでチキンを選びました。このチキン、焼き加減といい、塩加減といい、とても美味しかった!添えられているリゾットもおいしい。元気だったら完食するところですが、残念ながら半分残してしまいました。

 5

 デザートのチョコレートケーキ。日本ではあまり見ない大きさ。しっかり「チョコレート」なケーキで、それほど甘くもなく、気に入りました。ただ、ずっしりとお腹にたまるケーキ。こちらも残念ながら半分残してしまいました。

web拍手 by FC2

2017.08.22

ネックピロー

6年ぶりの長時間フライト。ということは前回から6歳年をとっているわけで、機内グッズもちょっと真剣に考えた方が良いのではないかということになりました。
 私はこれまで一応、息で膨らます、簡易的なネックピローは持っていました。海外へ行くたびに機内に持ち込んではいましたが、これを首にはめたからといって寝やすいということはまったくなく、むしろ邪魔で、結局使うことはまずありませんでした。良く考えると、私はこれまで西方面にしか行ったことがなく、時差も6時間前後といったところ。それならいざとなったら飛行機の中で寝なくても、なんとかなります。ただ、今回は生まれて初めての東方面。時差15時間、昼夜逆転。日本を午後4時過ぎに出発し、現地時間午前11時頃に到着。なら、できるだけ飛行機の中で寝ておかないと初日が辛すぎます。
 そこで買ったのが、BCOZZY(ビーコージー)ネックピロー2 Lサイズ。首の前で2重になるので、首が変に前に落ちることがありません。安定感抜群。おまけに、これを付けていると首回りが暖かい。気温が低めの機内でこれは嬉しいです。このネックピローは成田空港の店頭でも見かけました。ただ、私が見た限り、首の前が2重になっているのはこの商品のみ。空港で販売されている数々のネックピロー、乗客が手にしているネックピロー、ネットでヒットするお勧めネックピローはどれも首の前が空いています。それでは意味がないと、今回購入したネックピローを使って確信しました。なぜ、こちらの形が主流でないのか、不思議なくらいです。首がしっかりとホールドされていると、楽さがまったく違います。本当に役立つネックピローを探している方にお勧めです。

web拍手 by FC2

2017.08.21

MPL: P1703 オブリークタックパンツ その1

【パターン】Mパターン研究所、P1703 オブリークタックパンツ、5号 【制作】2017. 8  【生地】ポリエステル・ジョーゼット・紺(イタリア NERO SU NERO社製) ポリエステル60% ビスコース31% ウール5% ポリウレタン4%、インポート布地・fan-annexにて購入

M17031_f

 この夏、6年ぶりに海外旅行をすることになりました。8-9時間のフライト。飛行機の中でリラックスできて、現地でも動きやすいパンツを作ろうと思いました。当初はMPLのミニマムフレアーパンツを考えていましたが、裾幅が広くて靴の甲まで長さがあると、雨が降ったとき汚れやすいのでは?と気がかりでした。そんな折、オブリークタックパンツが発売。足首くらいの長さ、シルエットもスカートに近いながらも広がりすぎないので、旅行に良さそうということで、型紙はこれに決定。
 街着として持っていくボトムは一着、それを着て飛行機に乗る予定。なので、しわになりにくく、少しかしこまったレストランにも入れるエレガントな風合い、そして汚れが目立たない色。日暮里に探しに行った方が良いかと思いましたが、ネットで私の条件にぴったりのものを見つけたので、そちらを購入しました。しわにならないといったらポリエステルですが、ポリエステル100%は気が進みませんでした。こちらの生地の混率は私の理想通り。そして、季節をあまり問わない、というのもこだわりポイント。出発する日本、機内、現地では気温が違いますので。

 芯貼りがまったくない型紙です。ベルトも芯なし。縫製もとくに難しいところはありませんが、ベルトのゴム選びが要注意かもしれません。私が用意したゴムは固すぎたようで、それを使ったら「こんなの、苦しくて機内で履き続けるなんて無理」という着心地に。ですが、昨年、友人にいただいたゴムに変えたら楽に履けるパンツになりました。ゴムによってサイズ感・着心地がこれほど変わるのには驚きです。

 こちらの生地ですが、とても縫製しやすいものでした。少し、プリッとした感じがある生地で、多少の縫いのまずさもすべて受け止めてくれる、懐の深い布。アイロンのかかりも良いです。仕上がりはシックです。多少ストレッチ性もあるので、着心地の良いジャケット、ワンピースが作れそうです。紺のフォーマル生地を探している方には最適の生地だと思います。着ていてもほとんどしわにならず(さすがに、9時間のフライト後は後ろにしわが出来ましたが)、帰国後、洗濯の際に1分間脱水しましたが、まったくしわになりませんでした。
 通常価格は10センチ530円ですが、私はセール価格の371円で購入しました。頻繁にセール価格になるようです。

 裏地は東レ 夏用裏地 クールビズライニングのインディゴブルーを使用。さらっとガーゼのような感触なので、つるつるした裏地よりも、こちらの方が長時間座っているのに良いと思ったからです。効果のほどはよく分かりませんでしたが。

 M17031fs2

 普通に立っているとロングスカートのような、シルエットのきれいな服です。歩くとたしかにパンツですが。
 今、真夏の日本ではとても着ていられないパンツ。ただ、旅先は予想以上に気温が低く、とくに2日目はこのパンツでは大変寒い思いをしました。裾が広い分、冷たい空気が入ってきて、スカートとたいして変わらない感じ。冬の暖かタイツを持ってくれば良かったと大変後悔しました。この写真の時点で11度くらい。持っていった服をありったけ着込んでいますが、全然足りません。防寒としては、スカートに準ずると思った方が良いでしょう。

 M17031s

 とくに横の姿が美しいパンツだと思います。

 M17031fs

 正面の大きなタックのおかげで股ぐりが見えず、どの位置に来てもおかしくないので、通常のパンツよりもウエストの位置を上下しやすいです。履き心地は、パンツよりもスカートに近いです。
 サイドはファスナーのみでホックなしの始末。ただ、実際に着用するときはホックがあった方が楽です。なので、次からはホックを付けるつもりです。

M17031bs

web拍手 by FC2

« 2017年5月 | トップページ | 2017年9月 »