フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。
    2017年11月から洋裁通信講座「ずぼらでもパリコレ」365回講座を受講中。
    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 奈良旅行 ー當麻寺 その2 奥院ー | トップページ | 奈良旅行 ーホテルニューわかさ 一泊目ー »

2020.01.21

奈良旅行 ー當麻寺 その3ー

 612年に用明天皇第三皇子 麻呂子親王(聖徳太子の弟)が創建し、681年に現在の場所に移った當麻寺。奥院のあとは本堂(曼陀羅堂)へ。

Taima2_20200121220001

こちらには寺の本尊が安置されています。當麻寺の本尊は1501~3年に転写された文亀本當麻曼陀羅。まずその説明がありました。ただ、一番詳しかったのは須弥壇について。源頼朝から寄進されたもので、国内最大級の大きさ。日本三大須弥壇の一つで、大変貴重なものだそうです(国宝)。一見普通の木のようですが、表面を漆で塗り、その上に木肌を描いています。ふんだんに施された貝模様は輸入物の貝を使用しており、船を出しても無事に着くかどうかも分からない当時、輸入物は大変貴重で、それを惜しげもなく使用したこの須弥壇がいかに豪華なものか、おそらく私たちの想像の域を超えていると思います。ただ自分だけで見ていたら見落としそうな須弥壇。説明を聞けて本当に良かったです。その他、今で言う着ぐるみ(?)な阿弥陀如来立像もありました。また、建築物としての本堂の造りも説明してくださいました。

 次は金堂です。

Taima8

 中央の弥勒仏座像(681年)は粘土で出来ていて大変重く、一度もこの場から動いたことがないそうです。そして弥勒を取り囲む四天王立像。七世紀のもので、法隆寺金堂四天王像に次ぐ日本で二番目の古像です。漆で浸した布をペタペタと貼って作ったそうです。髭を生やした顔が珍しい四天王像。そして、踏みつけている鬼が丸っこくってどこかユーモラス。ただし、多聞天像だけは鎌倉時代のものなので他とは様相が違います。踏みつけられている鬼が筋肉質。平重衡の南都焼き討ちで當麻寺も被害に遭い、損傷の激しかった多聞天は新たに作るしかなかったそうです。
 そして、右手前の像は「出張中」とのことでありませんでした。私は「修復中」の聞き間違えかと思いましたが、確かに「出張中」でした。どこへかというと上野。現在開催中の展覧会「大和と出雲」に出展されていました。さっそく前売り券を購入しました。

 最後は講堂。

Taima9

 かつてあったお堂に安置されていた仏像を集めているので、様々な仏像が雑多に置かれていました。もちろん、ここでも仏像の説明がありました。
 このように盛りだくさんな内容のツアーが1500円。ただ自分たちだけで見ているときよりも遙かに多くのことを知り、當麻寺に親しみを覚えるようになりました。せっかく行かれるなら、是非ツアーに参加されることをお勧めします。

web拍手 by FC2

« 奈良旅行 ー當麻寺 その2 奥院ー | トップページ | 奈良旅行 ーホテルニューわかさ 一泊目ー »

旅(国内)」カテゴリの記事