フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。

    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    食物アレルギーがあります。パセリ、春菊、あくの強い山菜(蕗の薹など)、マンゴー、カモミール。さらに、2020年に小麦アレルギーを発症しました。少量なら大丈夫ですが、主食として小麦を大量に摂取することはできません。宿泊先選びではアレルギー対応の有無がポイントになります。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年7月 »

2022.05.24

春の道東旅行 初日【網走】

11

2年前の新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言以来、はじめて本格的な旅行をしました。2年ぶりとあって、思い切って「春の道東 シャチ・ヒグマ観察と世界遺産知床」というツアーに参加しました。以前から、大型野生動物を見てみたいと思っていたので。ただ、残念ながらシャチもヒグマも見られませんでした。自然、野生動物が相手なので仕方ありませんね。ですが、それ以外にも内容盛りだくさん、そしてなんといってもネイチャーガイドとしても、ツアーガイドとしてもプロフェッショナルな素晴らしいガイドさんのおかげで、充実した5日間を過ごすことが出来ました。これから少しずつ今回の旅行記を綴っていこうと思います。

ツアー初日は、北海道の女満別空港にお昼過ぎに集合。東京から当日の便でも間に合うのですが、慌ただしくなるのを避けるために、前日の夜に女満別空港に到着、網走市内に宿泊しました。
翌日、集合まで時間があるので博物館網走監獄へ。これは大変勉強になりましたし、見応えがありました。北海道開拓にこれほど囚人が関わっていたとは知りませんでした。

12

敷地には主に旧網走監獄から100年前の木造建築物が移築されていますが、監獄であっても一級の建造物で、意匠が施され、趣があります。写真は旧網走監獄の舎房。廊下の天窓が美しく、舎房の格子も上手く出来ていて感心しました。

14

旧網走刑務所の二見ヶ岡刑務支所から移築された建物には食堂もあり、網走刑務所の受刑者が食べている現在のメニューを「監獄食」として彼らの隣で食べることが出来ます。少し興味はありましたが、ここでお昼を食べていては集合に間に合いません。そして、実はこの日は天気が悪くて外も中も寒く、どちらにしてもここで食事をする気にはなれませんでした。本当はちょうど桜が咲いていて、晴れていればきれいなのですがカメラを取り出す天気ではなく。ただ、思ったよりも多くの来場者がいました。

さて、集合時間に遅れないよう早めに空港へ。お昼は空港で食べました。そしてツアースタート。この日はウトロへの移動ですが、予定ではウトロ到着後、ゴジラ岩やオロンコ岩を散策することになっていました。ですが、港は大勢の報道陣がいて観光できる状態ではないとのことでスケジュール変更。代わりにエゾリスがいるという網走の公園へ。ですが、雨が降っていたためかエゾリスはおらず、寒かったという記憶しかありません。ただ、ガイドさんは日頃から野生動物チェックに余念がないらしく、道中タンチョウがいる畑を通ったり、私たちに動物を見せようと頑張ってくれました。とはいえ、なにしろ天気が悪い。予定にあったオシンコシンの滝は翌日に回し、ホテルに到着。

13

この日は知床ノーブルホテルに宿泊。写真は暗いですが、部屋は広くて快適でした。

15

夕食はバイキング。写真から伝わるでしょうか…正直、味は学食レベル。加えてすべての料理がぬるい。夕食会場オープン直後に行ったのに、もうすべての料理が冷めています。唯一温かかったのがシュウマイ。食事にこだわる方は、食事なしで予約した方が良いホテルです。

初日は最悪の天気でしたが、幸い、ツアー期間中、決定的に天気が悪かったのはこの日だけでした。

web拍手 by FC2

« 2022年2月 | トップページ | 2022年7月 »