フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。

    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    食物アレルギーがあります。パセリ、春菊、あくの強い山菜(蕗の薹など)、マンゴー、カモミール。さらに、2020年に小麦アレルギーを発症しました。少量なら大丈夫ですが、主食として小麦を大量に摂取することはできません。宿泊先選びではアレルギー対応の有無がポイントになります。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2022年5月 | トップページ | 2022年11月 »

2022.07.29

春の道東旅行 二日目 知床五胡(五胡から三湖まで)

前日は夜まで強い雨が降っていましたが、旅行期間中に天気が悪かったのは幸い初日だけでした。
二日目の午前中は知床五胡ハイキング。現地ガイドさんと一緒にまわります。

Goko

地図です。途中で撮影したものなので「現在地」がスタート地点ではありませんが。ガイド同行ならフィールドハウスからスタートして、五胡すべてをまわることが出来ます(熊の出没がなければ)。

Goko1
Goko2

歩き出してすぐに、そこかしこに水芭蕉があるのに驚きました。水芭蕉を見たいと数年前に尾瀬に行きましたが、少し遅かったのか、水芭蕉が群生しているはずの水辺にはその姿はなく、尾瀬で最初に目にした水芭蕉は、地面に生えていたためかビックリするほど巨大で、可憐さはみじんもなく、むしろグロテスクでした。今回、水芭蕉が見られるとは全く思っておらず、しかも心に描いてきた通りの可愛らしい水芭蕉の姿に感激しました。ガイドさんによると、知床五胡で水芭蕉が見られるのはラッキーらしいです。水芭蕉はイモ科で熊の大好物なので、水芭蕉があるということは熊が出没しやすい場所で、通行禁止になりやすいエリアだからだそうです。今回は熊の目撃情報はなく、通行中に熊が出没することもなく、全コースを無事に歩くことが出来ました。

Goko3

写真では分かりにくいですが、木に熊の爪痕があります。

Goko4

五胡に到着。鳥のさえずりのような音が聞こえます。ですが、ガイドさんにこれはカエルの鳴き声だと言われてビックリ。

Goko5

たしかに、水中にはカエルの卵、そしてカエルがいます。きれいな鳥のさえずり、と思っていたら実はカエルの大合唱。そして時折聞こえるかえるのような鳴き声、これは実は鳥の声だそう。こんなカエルの鳴き声を聞くのは初めてで、動画録音をしなかったことが悔やまれます。

Goko6

まだ雪が残っています。というよりも、新たに降ったらしいです。

Goko7

四湖に到着。山の姿が少し見えます。

Goko8

湖から湖への道のりも目が離せません。

Goko9

三湖に到着。山々がはっきりと姿を現しました。この季節にしか見られない、見事な雪化粧の山。ゴールデンウィークではまだ寒いかもと心配でしたが、この雪化粧と水芭蕉を見て、この時期に来て良かったと思いました。三湖は湖を3/4周くらいします。

Goko10
Goko11

途中、絵に描いたような水芭蕉の群生が。これほどそこかしこで水芭蕉を見ることが出来るなんて。

Goko12

三湖の反対側まで来ました。

***
旅行初日のアップから2ヶ月経ってしまいました。これまで2年間、仕事はすべてオンラインでしたが、5月からは半分が対面になり、しかも予定外の仕事も入ったため、とにかくこなすのに精一杯で旅行記を書く余裕が全くありませんでした。でも書かないとせっかくの旅行は忘却の彼方、あとから確認することもできなくなってしまうので、これから少しずつ書いていきます。


web拍手 by FC2

« 2022年5月 | トップページ | 2022年11月 »