フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。

    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    食物アレルギーがあります。パセリ、春菊、あくの強い山菜(蕗の薹など)、マンゴー、カモミール。さらに、2020年に小麦アレルギーを発症しました。少量なら大丈夫ですが、主食として小麦を大量に摂取することはできません。宿泊先選びではアレルギー対応の有無がポイントになります。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2022年7月 | トップページ | 2022年12月 »

2022.11.20

秋の日光旅行 2日目 湯滝

 二日目も晴天。今日は一日、湯ノ湖から中禅寺湖まで歩きます。
 昨年からNHKの「テントを背負って」という番組を見ています。一度テント泊をしてみたいと思いつつまだ経験がないので、この番組は憧れをもって視聴しているのですが、各回、テーマ設定のある旅なので(今までで一番印象深かったのは「雲を見に行く」)、テント泊を抜きにしても楽しめます。こんなことろがあったのね、ここ行ってみたいな、と思うこともしばしば。今回の湯ノ湖周辺もそうでした。今年の8月12日放送「フライングフィッシングの“聖地”へ」の舞台が奥日光の湯ノ湖、湯川でしたが、とくに湯ノ湖から湯川沿いの森の美しさに目を見張り、ぜひここを歩きたいと思いました。

 

Yudaki1

 昨日も歩いた、湯ノ湖の東側を南に歩いて行きます。やはり朝の方が美しいです。

Yudaki2

 写真では小さくて分かりにくいのですが、たくさんの水鳥がいます。おそらく鴨。

Yudaki3

 湯ノ湖の南端が見えてきました。

Yudaki4

 黄色に色づいた木々が美しいです。

Yudaki5

 このように滝の始まりを見ることができるのが、湯滝の特徴。

Yudaki6

 そして滝壺に向かって階段をおりていきます。湯ノ湖ー中禅寺湖トレッキングをするなら、湯ノ湖からの出発がお勧め。全体的に下っていくことになるので楽です。逆はかなり疲れそう。

Yudaki7

 階段を降りて標高が下がっていくと、木々の様子が変わってきます。湯ノ湖周辺は明らかに紅葉は過ぎて、カサカサの葉という感じでしたが、葉の生き生き度が増してきました。赤い葉の木も増えてきます。

Yudaki8

 湯滝の滝壺に到着。周りに遮るものがない、オープンな状態で見られるので大変お勧めです。なぜこんなことを書くのかというと、はるかにアクセスが良く観光客もずっと多いであろう竜頭の滝は茶屋がせり出していて、開けた場所で見ることができないため、なんとなく暗い雰囲気があるからです。湯滝は中禅寺湖から戦場ヶ原を通ってその先にあるので、アクセスの良さは劣りますが、訪れる価値はあります。
 ところで、湯ノ湖から南に下って初めてのお店が、この湯滝にある茶屋。お団子とか、美味しそうでした。中禅寺湖から湯ノ湖に行かれる方は、もし何か食べ物を購入したいならここが最後のチャンスです。

 

Yudaki9

 湯滝から10分ほど歩いて小滝に着きました。

web拍手 by FC2

2022.11.15

秋の日光旅行 1日目 湯ノ湖

Yunoko2
 

一応お昼ご飯を済ませ、湯ノ湖を一周することにしました。

Yunoko3

中禅寺湖、とくに華厳の滝の最寄りとなるバス停付近の商店街はかなりの人出でしたが、湯ノ湖にまで足を伸ばす人は少ないのか、ずいぶんとひっそりとしていました。

Yunoko4

それもそのはず。もう、このあたりは紅葉の最盛期が過ぎていました。私たちが訪れたのは10月最後の日曜日。日光の紅葉は10月中旬からとのことなので、この頃ならちょうど良いかと思っていたのですが、木々はすでに葉を落とし、枝に残っている葉もみずみずしさを失っていました。

Yunoko5

足下の無数の赤い落ち葉を見て、最盛期にはこの辺りはさぞ燃えるような見事な紅葉が見られるのだろうと、その光景に思いをはせるばかり。もちろん、足下を赤くする落ち葉の絨毯も美しいですが。

Yunoko6

赤よりも黄色の方が長く残るのですね。赤色はわずかでしたが、黄色はそれなりにありました。

Yunoko7

夏の北八ヶ岳旅行(これもいずれ記事を書くつもりです)以来、苔に目が行くようになりました。秋を感じさせる苔と落ち葉の組み合わせ。

Yunoko-azuma

私たちは北から歩き始めましたが、湖の南側に近づくとアズマシャクナゲの説明書きがありました。湯ノ湖でもこの辺りのみ、5月中旬から6月中旬にシャクナゲの花が咲き誇るようです。その様子を是非みたいものだと思いつつ、つぼみに眼をやると…

Yunoko8

花が咲くのはまだ半年以上咲きだというのに、早くも蕾がぷっくりと大きくなっていました。蕾の模様も美しい。

Yunoko9

黄色も、もちろん美しい、なんといっても「黄金の秋」というのだから。でも、赤い葉を残している木を見つけるとやはり嬉しく、思わず写真を撮ります。

Yunoko10

多分、北八ヶ岳で見たのと同じ苔だと思います。夏にすっかり、苔の撮影に目覚めてしまいました。ミニチュアハウスのような、これだけで一つの世界が完結するような、苔の写真撮影は大変楽しいです。

Yunoko11

ここまで、赤い葉を残した本はわずかにぽつりぽつりとしかありませんでしたが、湯滝近くである程度まとまった、これぞ紅葉という風景に出会うことができました。
ここまでで半周。残り半周も歩きましたが、明日、朝にもう一度通るからと写真は撮りませんでした。途中、兎島に寄るルートと寄らないルートに分かれますが、私たちは兎島にも寄るルートを選びました。それまでの湖畔歩きから変わって、あたかも山道を歩いているような、ちょっとした変化を楽しめるルートでした。お勧めです。ちょうど一周したころには夕方の4時近くになっていましたので、そのままホテルに戻りました。

web拍手 by FC2

2022.11.11

秋の日光旅行 一日目 湯本温泉街

春の道東旅行の途中ですが、先日、日光に行きましたので先にそちらを書きます。

***

 ずっと紅葉の山に行ってみたいと思っていました。しかしながら、紅葉の時期は仕事も忙しい時期。行きたいと思いつつも、無理だなと諦めていました。ですが50歳を過ぎ、またコロナ禍を経験し、行きたいところにはどんどん行かないと、行かないまま終わってしまうと強く思うようになりました。とにかく予定を入れて、行ってしまおう。では、今年はどこへ行こうかとなったとき、やはり遠方は難しい、そして仕事で疲れているのであまりにハードな山歩きも厳しい。比較的楽に歩けて、紅葉も楽しめて、アクセスも良くて…ということで、以前から歩いてみたいと思っていた奥日光に行くことにしました。二泊三日です。

 朝7時に家を出て、JR日光駅へ。バスに乗ると運転手さんから、先ほどの便ではいろは坂の渋滞で、中禅寺湖には50分遅れで到着したとアナウンスがありました。JR日光駅は始発なので座れましたが、次の東武日光駅からは多くの人が乗り込み、席はすぐになくなってしまいました。通路は立った乗客で埋まりました。東武日光駅からJR日光駅は歩いてすぐなので、絶対に座りたい人は始発のJR日光駅に移動した方が無難です。
 アナウンス通り、いろは坂は渋滞でした。私たちは終点一つ手前の「湖畔前」で下車しましたが、本来は1時間半の乗車のはずが、2時間半乗ったことになりました。

Yunoko1

 ようやく今回滞在する亀の井ホテルに到着。まだ部屋には入れませんが、チェックインを済ませ、荷物を預け、昼食をとろうとしたのですが…時刻は午後1時半。フロントで尋ねたら、このあたりで食事ができるところは一軒しかなく、2時半には閉店になるから急いだ方が良いと言われ、行ってみたらすでに「今日の営業は終了」の札が。念のため、近くの旅館にきいても、食事をとれるのはあそこ、と同じ店を指さされました。
 出発前は、地図に「湯本温泉街」とあるのでどこかでお昼ご飯を食べられるだろうと考えていたのですが、なんと、湯本温泉街は食事をできるところは一軒もないことが判明しました。そして、お店も一軒もない。ホテルのお土産コーナー以外、買えるところがない。中禅寺湖界隈とは全く事情が違いました。その落ち着いた感じが気に入りはしたのですが、なんと、初日の昼食は持ち合わせのせんべいとドライフルーツ、クッキー、羊羹、つまりトレッキングの行動食として持ってきたもので済ませることになってしまいました。湯本温泉に行かれる際はご注意を。

web拍手 by FC2

« 2022年7月 | トップページ | 2022年12月 »