フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。

    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    食物アレルギーがあります。パセリ、春菊、あくの強い山菜(蕗の薹など)、マンゴー、カモミール。さらに、2020年に小麦アレルギーを発症しました。少量なら大丈夫ですが、主食として小麦を大量に摂取することはできません。宿泊先選びではアレルギー対応の有無がポイントになります。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »

2023.01.30

秋の日光旅行 ー刈込湖 前編ー

 せっかく湯元温泉に宿泊したので、最終日は三岳一周コースの途中にある刈込湖に行くことにしました。

Kari0

 位置関係はこのようになります。刈込湖の近くにあった地図なので、現在地が刈込湖の近くになっていますが。湯元から出発です。

Kari1

 温泉街(非常に小さい)を抜けると湯元源泉があります。かなりの硫黄臭。正面奥の階段を昇って車道に出ます。

 

Kari3

 車道を渡ると登山口。今日も天気に恵まれました。

 

Kari4

 さっそく、長い階段。これは上から撮影したものです。一気に高度をあげます。

 

Kari5

 多分、ここも最盛期には見事な紅葉なのでしょうけれど、やはりもう終わってしまったようです。

 

Kari6

 ですが、嬉しいことに所々、紅葉が残っていました。

 

Kari7

 遠くに見える黄色の木々も美しいです。
 しばらく歩いていると、なんとなく紅茶のような、メープルシロップのような、甘い芳香が漂ってきました。これはなんだろうと思ったところ、このような説明書きがありました。

 

Kari8

 今回の旅行で一番感動したのは、この芳香といっても良いです。紅葉は視覚でだけ感じられるものだと思っていたのに、嗅覚でも感じることができるとは!香りで感じる紅葉には、本当に驚きました。どれがヒロハカツラの木なのかは分かりませんでしたが、香りは確実にあります。この、谷のようになっているほんの一区画だけで。このあと階段を昇りましたが、昇ったらもう香りはありませんでした。

 

Kari9

 そこからしばらく、普通の山道を歩いていましたが、あるところで景色が変わりました。

Kari10
Kari11
Kari12

 苔の森です。夏に北八ヶ岳ですっかり苔に魅せられましたが、まさかここで北八ヶ岳を彷彿とさせる苔の森に出会えるとは思っていませんでした。短い山道ですが、多様な景色を見ることができます。
 苔の森を抜けると、良く整備された階段ではあるのですが、延々と下っていきます。一体どこまで下るのか、これでは帰りが大変になるのではないかと不安になりました。

 

Kari13

 すると目の前に湖が見えてきました。刈込湖です。

web拍手 by FC2

2023.01.14

秋の日光旅行 ー亀の井ホテル 奥日光湯元ー

Kame1

 紅葉を見に日光へ行くとなると、問題は宿泊先。ましてや奥日光となると、トップシーズン中のトップシーズン。たしか、日光に行こうと考え始めたのは9月だったと思います。宿探しを始めた時点ですでに、10月末の土日で空き部屋があるとなると、選択肢も限られていました。中禅寺湖界隈にするか、湯元温泉にするか。最終的に選んだのは湯元温泉の亀の井ホテルでした。一泊一人あたり2万円以上。二人で2泊となるとそれなりのお値段になりますが、この時期なのでやむを得ないとしました。

 日光駅からバスに乗り、終点の一つ手前のバス停「湖畔前」で下車。降りてすぐ、湯元温泉にして良かったと思いました。中禅寺湖付近と比べると遙かに落ち着いていて、自然に抱かれている感じがしました。ひなびた雰囲気も気に入りましたが、食事処も店も全くないことが判明したのは初日の記事で書いたとおりです。

 

Kame2

 洋室と和室がありますが、和室を選びました。部屋に入るとすでに布団が敷かれていました。このくらいの価格帯ですと、テーブルにちょっとしたお茶菓子(地元の銘菓)が置かれているものだと思うのですが、何もありませんでした。部屋はリフォームして間もないのか、きれいでした。お風呂とトイレが一緒、洗面台は入り口の向かいにありました。洗面台にはふつう、それ専用の電灯が取り付けられていると思うのですが、それはなく、また外からの光も入ってこないので暗く、コンタクトをはめるときなど不便でした。

 はじめにこのホテルの良いところを挙げます。
①立地。バス停のすぐ前で、おそらくほぼすべての部屋がレイクビュー(私たちの部屋もそうです)。
②防音。部屋にいると廊下で喋っている声は聞こえますが、隣の部屋から何か聞こえてくるということはありませんでした。防音がしっかりしているのだと思います。
③温泉。硫黄臭がある、温泉らしい温泉。私の肌には若干強いかとは思いましたが、良い温泉だと思います。

 悪い点は、当たり前すぎて普段気に留めないことが、できていない部分があること。上に挙げたお茶菓子、洗面台がその例です。ただ、一番の難点は食事です。
 食事は朝夕バイキング形式です。まずは、一泊目の夕食で私が食べたものです。

Kame3

Kame4

 この宿泊費なので、食事も多少期待していました。ですが、ものの見事に裏切られました。一言で言うと、すべてがしょっぱい。突き刺さるようなしょっぱさ。旨みも何もない、ただの塩分の塊のしょっぱさ。使用している塩が、おそらく質の悪い業務用なのだと思います。塩は料理の要ですから、塩がダメならすべての料理がダメになります。どんなに腕の良い料理人でも、塩がダメならどうしようもないでしょう。おかず類もしょっぱいのですが、炊き込みご飯のしょっぱさには驚きました。とても食べきることはできません。もったいないけれど残して、白米をよそり直しました。幸い、ここはお米にはこだわっているようで、炊飯器の前に「○○さんの米」と農家の方の名前入りのプレートが置かれています。白米は美味しいです。
 焼き魚、天ぷらも本当に美味しくありません。ステーキもその場で焼いていて、焼きたてが好きなだけ食べられるのですが、どうにもこうにも美味しくない。肉質が良くないのです。焼いているコックさんが「どんどん食べてください、残してももったいないので」とおっしゃっていますが、一度試しに食べてみて、それ以上食べる気にはなりません。食べ放題ではなくて、少量で良いから質の良い肉を客ひとりひとりに焼いて欲しいと思いました。

 次は二日目の夕食です。

Kame7
Kame8
Kame9

 できるだけ味のない、生野菜、茹で野菜、湯葉刺し、寿司などをよそってみました。一泊目では食べなかったビーフシチューも試してみましたが、特に何かが大きく変わるわけではありませんでした。ポタージュは、まさしくクノールカップスープでした。
 ひょっとして、カレーならいけるかも?と思ってカレーをメインにしてみました。カレーはいけます。私も、夫も、カレーは美味しいと意見が一致しました。ただ、私には何か合わない食材を使っていたようで、夜中に腹痛に苦しめられました…夫はなんともなかったので、これは私の体質の問題だと思います。
 一応デザートも食べてみましたが、コンビニのほうが美味しいですね。ライチは変な味がしました。

 朝食はこんな感じです。まずは一日目。

Kame5-b
Kame6b

 二日目は夜中の腹痛を考慮し、少なめに、そしてお粥に。

Kame10

 朝食に出た湯葉豆腐はおいしかったです。このホテルで美味しいのは白米と湯葉豆腐。

Kame11

 周辺を歩いてみると、こぢんまりとした宿泊施設がいくつもありました。湯ノ湖周辺は気に入ったのでまた泊まりたいと思いますが、亀の井ホテルのリピートはないでしょう。私たちにとっては食事は非常に重要なポイントなので。食事にこだわらなければ選択肢としてありなホテルだと思います。

 

Kame12

 近くに見事な紅葉がありました。

web拍手 by FC2
 

2023.01.05

秋の日光旅行 2日目 中禅寺湖

 竜頭の滝をあとにしたのは午後1時過ぎ。このあとのプランとしては、①中禅寺湖の遊覧船に乗って華厳の滝方面に行き散策(東方面)、②中禅寺湖沿いのトレッキングコースを千手ヶ浜方面に歩く(西方面)、でした。昨日すでにバスから、華厳の滝界隈は大変な人出であろうことが見えていましたし、せっかくなので車道が一切ない、歩くことでしか行くことができない千手ヶ浜方面のコースを選びました。結果として、この選択は大満足でした。

Cyuuzen1

 湖畔の道へ行く途中は、まだこのような黄金の秋。このまま湖沿いの平地を歩くとばかり思っていましたが、途中から登りになって、崖の上を歩く感じになりました。はじめ、私たちの前をマウンテンバイクを担いだ人が歩いていたのですが、これは無理となったのか、すぐに引き返していました。歩くにはそれほど問題のない道ですが。とはいえ、もちろんトレッキングシューズは必須です。

Cyuzen2

 山道に入ってきました。これまでと同じく、すでに葉が落ち、紅葉は終わった風情。ですが、少し進むと真っ赤な葉を付けた、まさに見たかった紅葉が目に入ってきました。

Cyuzen3
Cyuzen4

 赤に飢えていたのか、夢中で写真を撮りました。

Cyuzen5

 ここからは、道を進むたびに次はどんな景色が見られるのか、どんな紅葉に出会えるのかとワクワクの連続でした。

Cyuzen6

 湖がよく見える、ちょっと突き出たところがあったので、休憩をすることにしました。

Cyuzen15

 お湯を沸かして温かいお茶を用意し、先ほど茶屋で買ったちまき、そして自宅から持ってきたお菓子を食べました。このちまき、1個300円位しましたが、具がゴロゴロ入っていて食べ応えがあり、大変美味しかったです。今回の旅行で一番美味しかったのがこのちまき(このあと書きますが、あまり食事に恵まれなかった旅行だったのです)。

Cyuzen9

 岩から生えている小枝も紅葉していました。

Cyuzen10
Cyuzen11

 歩けば歩くほど美しい紅葉に出会えます。

Cyuzen12
Cyuzen13

 本当はもっと先を行きたかったのですが、帰りのバスの時間があるので(最終バスを目指すのは危険なので)、一気に下る階段があるここを私たちのゴールとして、引き返すことにしました。いつかぜひ、千手ヶ浜まで行き、千手の森歩道を歩きたいです。

 

Cyuzen14

 同じ道を戻ったわけですが、行きでは気がつかなかった紅葉が目に入り、帰りも大変楽しめました。この道は自然を満喫できるので大変お勧めです。
 竜頭の滝付近に戻り、やはりバスは時刻表通りには走っていませんでしたが、バス停で20分ほど待って乗ることができました。明るいうちにホテルに着くようにと余裕を持たせましたが、自室に戻ったのは4時半頃。すっかり夕暮れでした。

Cyuzen16
web拍手 by FC2


2023.01.03

秋の日光旅行 2日目 竜頭の滝

 戦場ヶ原を過ぎ、いったん赤沼方面に寄りました。そこで茶屋を見つけ、前日のようなことにならないために食べられるところで食べておこう、と昼食をとることにしました。

Ryuzu1

 おでんとお餅。温かいお餅が出てくるとばかり思っていたけれど、冷蔵庫から出したばかりかという冷たいお餅でした。温かいお餅が食べたかった…
 食事をとっていると、馴染み客と思われるカメラマンの方が入ってきて、お店の方と話していました。今は中禅寺湖畔といろは坂が紅葉の見頃だとのこと。そして、どこどこは写真を撮るのは午後1時が良い、どこどこは曇りの日が良い、など。私など、写真を撮るにはとにかく天気が良いのが一番、と思ってしまいますが、プロはそういうわけではなく、また時間帯も絞るのですね。そして、お店の方が「私たちは○○さん(カメラマンの方の名前)の写真でしか紅葉を見たことがない、この時期はお店が忙しいから」とおっしゃっていて、たしかに、長くこの地に住んでいてもそういうことになるのだな、と妙に心に残る言葉でした。

Ryuzu2

 昼食を終え、赤沼分岐に戻っていきます。

Ryuzu3

 ここから竜頭の滝まで、湯川に沿って歩いていきます。川沿いを歩くのは楽しいですね。

Ryuzu4

 竜頭の滝に到着。ここは中禅寺湖からすぐでアクセスが良いからか、湯滝よりも遙かに多くの人で賑わっています。ですが、茶屋が滝の真正面に建っているために日光があまり当たらず、また開放感がないためか暗い印象でした。周囲に何もなければ全く違う印象になるのでしょうけれど。ここでは、茶屋の店先で蒸されているちまきを買いました。今回の旅行で一番美味しかったのがこのちまきでした。

web拍手 by FC2

« 2022年12月 | トップページ | 2023年2月 »