フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。

    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    食物アレルギーがあります。パセリ、春菊、あくの強い山菜(蕗の薹など)、マンゴー、カモミール。さらに、2020年に小麦アレルギーを発症しました。少量なら大丈夫ですが、主食として小麦を大量に摂取することはできません。宿泊先選びではアレルギー対応の有無がポイントになります。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 夏の長崎・五島旅行 ー長崎2日目 出島ー | トップページ | 夏の長崎・五島旅行 ー長崎2日目 グラバー園ー »

2023.08.23

夏の長崎・五島旅行 ー長崎2日目 大浦天主堂ー

Ooura1

 午後は大浦天主堂とグラバー園へ。市電で「大浦天主堂」駅に行き、まずは住宅街を抜けて大浦天主堂に行きました。

 長崎と五島は潜伏キリシタンの地ということで、以前からなんとなく関心がありました。それが、はっきりと「いつか訪れたい場所」になったのは、2015年に両親が五島ツアーに参加したのがきっかけだった気がします。2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されたときは正直、観光客が増え、宿泊施設が高騰して行きにくくなってしまうかもしれないと思いました。
 今年の夏は当初、久々に海外旅行をするつもりでした。ですが、意を決してツアーに申し込んだところ、「先日大量キャンセルが出て、このツアーは中止になりました」と言われてしまいました。ツアーに参加するためにせっかく空けた日程、それなら前から行きたかった長崎と五島に行こう、というのが今回の旅行決定のいきさつです。

 


 せっかく行くならば、潜伏キリシタン、かくれキリシタンの歴史をある程度知っておかなければいけません。そこで購入したのが後藤 真樹著『かくれキリシタン 長崎・五島・平戸・天草をめぐる旅 (とんぼの本)』です。一度図書館で借りて少し読んでみて、気に入ったので注文しました。最も気に入ったポイントは、「今」について書かれていることです。外海、五島列島、平戸、天草と、地域ごとに潜伏キリシタン、そしてかくれキリシタンの歴史と現在の状況が、今を生きる関係者に取材し、その語りを通して記述されています。もちろん、キリスト教の広まりと弾圧の歴史と主要な教会堂を紹介したページもありますが、本の大半は関係者の話と美しい写真をもとに、現在と現在に至る過程に割かれています。すでに伝統が簡素化されたり、信仰そのものが失われたところもあり、受け継がれた完全な姿を子供の頃に直接見て、ある程度肌で知っている、そうした人々に話を聞ける、今が最後のチャンスなのだと、この本を読んで思いました。色々と大変勉強になりました。

 この大浦天主堂は、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」としては長崎で唯一世界文化遺産に登録されています。

 

Ooura2

 この天主堂を有名にしているのは、なんといっても「信徒発見」でしょう。
 1854年の日米和親条約に続き、1858年に米・英・仏・露・蘭と修好通商条約を結ぶと、ローマ教皇庁は日本での再布教をパリ外国宣教会に託しました。日本がまだ禁教令下にある1864年、フランス人のための大浦天主堂が完成します。翌年1865年2月19日、ジラール教区長により天主堂は「日本二十六聖人殉教者聖堂」と命名され、献堂されました。その1ヶ月後の3月17日、プチジャン神父が祈りを捧げていると、数名の女性が近づいてきて「私たちはあなたと同じ心だ」と言い、「サンタ・マリアの像はどこか」と尋ねました。信徒発見でした。
 天主堂の中ではこうしたいきさつを説明する音声が流れているので、一度通しで聞くと良いと思います。このときのサンタ・マリア像は今も天主堂内に安置されていますので、見ることができます。

 そして、隣接する旧羅典神学校と旧長崎大司教館は2018年からキリシタン博物館になっています。禁教時代を含め、日本のキリスト教史全体の流れが紹介され、また様々なキリシタン関係展示物がある、なかなか見応えのある博物館です。ここも時間をかけてじっくり見る価値があるのですが、酷暑の中、天主堂、そしてこの博物館は冷房が一切なかったので、長居は厳しいものがありました。

web拍手 by FC2

« 夏の長崎・五島旅行 ー長崎2日目 出島ー | トップページ | 夏の長崎・五島旅行 ー長崎2日目 グラバー園ー »

旅(国内)」カテゴリの記事