フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。

    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    食物アレルギーがあります。パセリ、春菊、あくの強い山菜(蕗の薹など)、マンゴー、カモミール。さらに、2020年に小麦アレルギーを発症しました。少量なら大丈夫ですが、主食として小麦を大量に摂取することはできません。宿泊先選びではアレルギー対応の有無がポイントになります。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

« 夏の長崎・五島旅行 ー長崎2日目 大浦天主堂ー | トップページ | 食物アレルギー情報のために、新カテゴリー「旅の宿」を設けました »

2023.08.25

夏の長崎・五島旅行 ー長崎2日目 グラバー園ー

 大浦天主堂のあとはすぐ隣のグラバー園へ。
 これまでずっと、長崎で一番の観光地といえばグラバー園だと思っていました。なので、かなり期待していました。ですが、残念ながら期待は外れました。

 1858年に江戸幕府が米・英・仏・露・蘭と修好通商条約を結ぶと、218年に渡り設置された出島のオランダ商館は閉鎖されました。開港都市となった長崎では、大浦海岸に外国人居留地が作られ、外国人商人が進出してきました。トーマス・グラバーが長崎に来航したのは1859年、21歳の時。現在グラバー園にある建物のうち、旧グラバー住宅、旧リンガー住宅、旧オルト住宅は居留地時代からこの場所に建ち続けており、残りの6棟は明治中期ごろに長崎市内に建てられた洋風建築をグラバー園へ移築復元したものです。

Gra1

 まずは一番の高台にある旧三菱第2ドックハウスへ。三菱造船所の第2ドックの建設時に建てられた外国人乗組員用の宿舎です。1階には貸衣装室がありました。そして、「熱中症注意アラートが発令されているので、本日の園内ツアーは中止」という告知文が置かれていました。グラバー園も建物内に冷房はなし。唯一、冷房が入っていたのは出口前にある「長崎伝承芸能館」だけ(喫茶店は入っていないので分かりません)。ここも、酷暑の中の厳しい観光でした。
 
 

Gra2

 第2ドッグハウス前の展望台から見える対岸の景色です。このあとは大体順番通りに回りました。旧オルト住宅と旧長崎地方裁判所長官舎は修理中につき観覧できませんでした。

 出島、大浦天主堂を見たあとだと、グラバー園の説明、展示は手抜き感が否めませんでした。とりあえず説明パネルを置いておきました、という感じです。入園の時に渡された案内にはQRコードがあり、そこから詳しい案内を見てくださいとなっていますが、やはり現地に詳しい案内があって欲しいです。

 

Gra3

 これは旧リンガー住宅(1868年頃建造)の応接室です。なんとなく、建物全体も、調度品も大切に手入れをしている感じがないのです。埃っぽいというか、乾いた感じというか。写真の左手前、ソファーの布が破けています。一度設置したらそのまま、という気がします。

 

Gra4

 最後は旧グラバー住宅。1863年建造、日本に現存する最古の木造洋風建築。「明治日本の産業革命遺産」の構成要素として、世界遺産に登録されています。

 

Gra5

 

Gra6

 建物内部はあまり撮影する気がしませんでしたが、離れの台所の写真を撮ってみました。
 

Gra7

 グラバー園は映像や写真で見かける機会が多く、素敵な所に思えていたのですが、なにか知名度に甘えている気がしました。グラバー住宅は3年間、保存修理工事が行われ2021にリニューアルオープンしたそうなので、まったく手をかけていないわけではないようですが、出島、大浦天主堂のような生き生きとしたものは感じませんでした。私の中では、今回長崎で訪れた場所の中で唯一、がっかりした場所でした。
 それから、旧三菱第2ドックハウス方面は登りになっており、「歩く歩道」が設置されていますが、エスカレーターでないのが難点です。私は「歩く歩道」というのは平面に設置されるものと思っていました。登りは初めてです。実は、長崎到着初日に少し左の足首を痛めてしまい、大浦天主堂の前に薬局でロキソニンを買いました。そんな足だったからというのもありますが、登りの歩く歩道というのは辛いです。登りをフラットな状態で進めるエスカレーターが、どれほど体の負担を軽減してくれるものかよく分かりました。

web拍手 by FC2

« 夏の長崎・五島旅行 ー長崎2日目 大浦天主堂ー | トップページ | 食物アレルギー情報のために、新カテゴリー「旅の宿」を設けました »

旅(国内)」カテゴリの記事