フォト

ご案内


  • HNはsnow-yuki。「仕事にも着ていける服」をコンセプトに洋裁を楽しんでいます。

    カラー診断は「ピュアロマンチックタイプ」(夏タイプに相当)。

    夫婦共々運転免許を持っていませんので、旅行はいつも公共交通機関を利用しています。

    食物アレルギーがあります。パセリ、春菊、あくの強い山菜(蕗の薹など)、マンゴー、カモミール。さらに、2020年に小麦アレルギーを発症しました。少量なら大丈夫ですが、主食として小麦を大量に摂取することはできません。宿泊先選びではアレルギー対応の有無がポイントになります。

    ご連絡はこちらから。

  • www.flickr.com
    Yuki-2008's items Go to Yuki-2008's photostream
    ロシア旅行の写真です。

  • www.flickr.com
    トルコ旅行2009's items Go to トルコ旅行2009's photostream
    2009年7月トルコ旅行写真集


  • 現在の閲覧者数:

作品一覧


  • Mパターン研究所
    【アウター】
    J0000コート
    J0440フラットカラーコート
    J9902ストレッチジャケット
    J0100テーラードジャケット
    J0406ノーカラージャケット
    J0641クロプトジャケット
    【トップス】
    B0000ブラウス
    B0100シャツ
    B0412後ろあきタンクトップ
    B0428ウエストシェイプブラウス
    B1605 セミフレアーブラウス
    P1607Vネックブラウス
    C0203ラグランカットソー
    【ボトムス】
    S9900バイヤススカート
    S9901タイトスカート
    S0432プリーツスカート
    S0642ギャザースカート
    S0706センタータックスカート
    S1304ウエストゴム細タックスカート
    S1609セミハイウエストタイトスカート
    P9900ストレートパンツ
    P9903NEWカーゴパンツ
    P0100ワイドフレアーパンツ
    P0102ブーツカットパンツ
    P0315タイトフレアーパンツ
    P1601ミニマムフレアーパンツ 
    P1703オブリークタックパンツ
    【ワンピース】
    O0100シャツワンピース

  • Annee-Patterns
    【アウター】
    AラインステンカラーコートMic
    2192シャツジャケット
    259りぼんショートジャケット
    258七分袖ブラウスジャケット
    265B 七分ラッフルブラウスジャケット
    286Jへちまカラーニットジャケット
    Sophie 衿付きボレロジャケット
    【トップス】
    5022BLシャツ
    573スタンドカラータンクトップ
    706ボートネックTシャツ
    585襟ぐりギャザーブラウス
    752Karen フレンチスリーブTシャツ
    ロングカーディガン 7Ohana
    7Tamao 衿ぐりギャザープルオーバー
    【ボトムス】
    916Sバイアスフレアースカート
    9013ストレートスカート
    914sマーメイドスカート
    9483Aラインスカート
    941台形スカート
    958車飛騨フレアースカート
    955 膝丈タックスカート
    9Lois 台形セミフレアースカート
    9Cavarie ミニタイトスカート
    Laurent パフシルエットタックスカート 

    【ワンピース】
    847スクエアネックAラインワンピ
    8Hemine フレンチスリーブ ストレートミニワンピース
無料ブログはココログ

2021.08.27

パターンレーベル:ミシンカバー

【型紙】パターンレーベル、ミシンカバー 【制作】2021年8月 【生地】紀州帆布 11号 絵彩染め、マシュマロホワイト

Img_1703

 とても地味なものを作りました。ミシンカバーです。20年以上前に購入したミシンですが、附属のカバーはとうの昔にボロボロになって捨て、ずっと剥き出し状態でした。頻繁にミシンをするならそれでもいいのでしょうけれど、私はそうではないので(いつも洋裁やりたいな、という気持ちはあるのですが)気になっていました。
 昨年末、パターンレーベルでミシンカバーの型紙が発売されると、「これだ!」とすぐに購入しました。発売セール価格で。ただのミシンカバーなのに1000円もする型紙、しかもミシンカバーなんて1回作ったら当分作る必要はないので、コスパが悪いなとは思いましたが、自分で上手いこと型紙を考えることは出来ないし、そもそも考えてまでカバーを作りたいとは思わないので、これも何かの縁、と購入することに。年末には生地も用意しましたが、結局作ったのは半年以上経ってからでした。

Img_1704

 さすがに市販のミシンカバー専用の型紙だけあって、クオリティが高いです。とくにトップはここをこういう風に縫うの?と驚き。布端はロック始末ではなく袋縫い。裏もとてもきれいです。自立させたいので帆布、30番ミシン糸を使用しました。縫製ではまち針、クリップの類いは一切使用しませんでした。手で調整する方がずっと確実にきれいに縫えることを知ったのは、通信講座のおかげです。
 ミシンカバーにしては費用がかかりましたが、大満足のカバーになりました。

 それから、この春作ったもう一つ地味なものがリネンのシーツ。CHECK&STRIPEでオリジナル幅広リネンを購入して2枚作りました。家にあるシーツを測ってみたら思った以上に尺が必要で、2枚だと4.6m、8000円もするので「手作りシーツにしては高価すぎないか」と悩みましたが、思い切って注文。縦は耳をそのまま利用、上下を三つ折りミシンしただけですが、「ミシンが使えて本当に良かった」とつくづく思いました。清潔感いっぱいの白、表面はつるっとしていて肌触りがとてもよい。このシーツを使い始めたら他のものを敷く気にはなれなくてこればかりです。洗濯はあまりしわにしたくないので脱水1分にしていますが、リネンなので乾きが早いです。毎日使うものなので、長い目で見れば高くはないのかな。

 今年はMPLで『手の女』狙いで型紙を購入したり、生まれて初めてリバティの生地を買ってみたりしました。なかなか洋服は縫えていませんが(講座のワンピースはようやく仕上げました)、引き続きステイ・ホームで着る服も限られているので、季節関係なく縫いたいものから縫っていこうかと思っています。

web拍手 by FC2

2020.09.07

パターンレーベル:サコッシュミニ その6

【型紙】パターンレーベル、サコッシュミニ 【制作】2020年8月

S11

 相変わらずサコッシュばかり作っているかのようですが、やはり記録として載せておきます。
 ちょうど2年前に自分用に作ったサコッシュミニがくたびれ、破けそうな箇所もあるので、新調しました。生地は手元にあったもの。いつものように、難しいのはファスナー下のステッチ部分。最後のミシンが入りにくい場所、どうしたらスッキリと楽に縫えるのか未だに分かりません。今回はとりわけ縄になってしまいました。数回やり直しましたが上手くいかず、これ以上生地を傷めるわけにもいかないので妥協しました。

S12

 後ろはこうです。

S13

 中のポケットはほんの少しあったハギレを使用。

S14

 サコッシュは本当に便利。近所の買い物はいつもこれです。

***
 今年の8月はとりわけ酷暑続き、一息つける日が全くありませんでした。そのせいで夏バテしたのか、胃腸が弱ったのか体重が減ってしまい、なかなか元に戻りません。秋らしい気温になり、汗だくにならず食事ができるようになったら、躊躇なくもりもり食べようと思っています。
 そして、秋以降も継続してリモートワークが決定。少なくとも来年の1月一杯までは確実にリモートワークです。今年の4月から電車に乗ることはほぼ皆無、活動範囲は原則徒歩圏内。これは、真剣に新しい生活様式を考えた方が良いと、まずは8月からオンライン・ヨガを始めました。10年ほど前に数年間ヨガ教室に通っていましたが、ふと、ひょっとしたら今ならオンラインでもやっているかも、とHPにアクセスしたら予想通り緊急事態宣言を期にオンラインレッスンが始まっていました。毎日、1日4-5回、1時間ほどのレッスンがあり(教室からのライブ中継)、それをzoomで視聴する、というものです。1ヶ月5000円でレッスンを受け放題。これは気に入りました。教室に通っていた頃は、確か1ヶ月7000円ほどで月4回まで。自分の都合との兼ね合いもあって、同じ講師のレッスンしか受けていませんでした。それが、オンラインだと自宅で簡単に参加できるので、色々な講師のレッスンを受けられます。これがとても良いのです。それぞれ良さがあり、同じポーズでもこの先生の説明だと分かった、など、一人の講師だけの時にはなかった様々な気づきが得られます。結局、個人レッスンでもない限り、教室では一人一人を見てもらえるわけではないので、それなら画面の前でやっていてもそれほど違いはない気がします。もっとも、それも以前通っていたことがあるからそう思えるのかもしれませんが。とりあえず今は、週3-4回zoomでヨガをやっています。

web拍手 by FC2

2020.06.27

パターンレーベル:コイン&パスケース その2

【型紙】パターンレーベル、コイン&パスケース 【制作】2020年6月 【生地】カシミアウールコート地 AGNONA(ウール80%、カシミヤ20%)

Pas1

 2年半前に作ったコイン&パスケース。これは本当に便利です。それまではICカードと鍵を別々にしていたので、外出の際は物を二つ鞄に入れなければいけませんでしたが、今は物を一つ入れれば良いだけ。すごく小さなことのようでいて、ストレス削減効果は抜群でした。
 そして、いつも持ち歩いているうちに角が破けてきました。今度は少し気分を変えて、ナチュラル色のファスナーを使うことにしました。生地はこちらのコートの残反。タグはファスナーに合わせてブラウンにしました。この色合わせは気に入っています。

 

Pas2

 内ポケットは家の模様のかわいい生地で。デフォルトではこちら側は内ポケットなしですが、付けました。

Pas3

 後ろはごくごくシンプル。前回よりもしっかりした生地なので、ICカードがより安定して収まっています(写真はICカードが入っている状態)。

 

Pas4

 こちらの内ポケットは回数券が入れやすいように仕切りを作り、背を低くしました。
 ずっと使ってみて、私はストラップを付けることはないと分かったので、Dカンは付けませんでした。角が折り重なって丸くなってしまうのは、もうこういうものだと諦めました。

 4月に緊急事態宣言が出てからずっとリモートワークです。通勤時間がなくなるのだから時間に余裕が生まれるかと思ったら、まったく逆。むしろ作業が増え、洋裁の時間が全くとれず。このパスケースも裁断から完成まで2ヶ月近くかかってしまいました。

web拍手 by FC2

2020.04.15

パターンレーベル: サコッシュ その2&サコッシュミニ その5

【型紙】パターンレーベル、サコッシュミニ 【制作】2020年4月 【生地】コーデュラ 500 ナイロン 無地 ネイビー

S1

2018年に夫に作ったサコッシュが破けてきたので、新しく作りました。あのときは夫がサコッシュを愛用するかどうか分からなかったので、そこそこの生地で作りましたが、今ではサコッシュなしの生活は考えられないくらい使っているので、それならしっかりした良い生地で作ろう、とコーデュラを使いました。

S2

生地は巻きで届きました。アイロンがほとんど効かない生地なので、購入するなら巻きが絶対お勧めです。多分、一度付いた折り目はとれません。郵送費はかかりますが。

アイロンで折り目を付けようと思ってもキッチリとはつかず、動きはほとんどない生地なので、通常の布よりは縫いにくいと思います。動かないから楽な面もありますが。ミシンは、あまり高速では縫わないほうが良さそうです。縫い目が飛びます。
折り目が付かないので、ループは両端をミシンで縫って抑えました。底など、折り目が欲しいところは一晩文鎮を載せておきました。こうしておくと、まあまあ折り目が付きます。

内ポケットには豆柴の布を使いました。

S3

実は、同じ生地で昨夏にサコッシュミニも作りました。夫用です。

S4_20200415181301

こちらも大変愛用しています。昨年9月のモスクワ滞在でもずっと使っていました。それにしても、何やらわさわさずいぶん持っていますね。

多少扱い難さもありますが、大変仕立て映えする生地です。既製品のような雰囲気です。メートル単位の切り売りですが、1メートルでサコッシュとサコッシュミニを作ってもまだ余っています。もう一つくらい何か作れそうです。

web拍手 by FC2

2020.01.03

パターンレーベル:サコッシュミニ その4

【型紙】パターンレーベル、サコッシュミニ 【制作】2020年1月 【生地】ボラスコットン、ドリス(cortinaにて購入)、コットンオックスフォード(スワニーにて購入)

S4

 この2年間サコッシュしか作っていないかのようですが…このサコッシュ、一度使い出すとそれなしでは生活できないくらい便利で、リクエストが来るのです。ブログには載せていませんが、このサコッシュの前に夫に作っているので(第1号が破けてきたため)、本当は「サコッシュミニ」としては5作目。今回は母からのリクエストです。昨年プレゼントしたら(記事はこちら)、毎日使って重宝しているのでもう一つ作って欲しいと頼まれました。ということで年末から正月にかけて作り進め、今日渡してきました。
 今回こだわったのは柄の出し方。

S4f

 2012年に購入した「北欧生地 はぎれ福袋」から「ドリス」を使用。出し方とはいっても使う場所は限られますが、どの辺の位置に花を持ってくるか考えました。後ろはこうなります。

S4b

 柄が一方向なので、裏は逆さま。正しくはこのようになります。

S4b2

 蝶です。ドリスはどの柄を使うかで全く印象が異なる作品になりそうです。とても良い柄だと思うのですが、cortinaでは今や取り扱いがないようなので、廃盤なのかもしれません。
 内ポケットも同じ生地からとりました。

S4in

 これでドリスのはぎれは使い切りました。
 毎回、一番難しいと思うのはファスナーに沿ったステッチです。最後、生地が平らにならない箇所が大変縫いづらいです。
 夫からデフォルトサイズのサコッシュも頼まれているので、次に作るのも続けてサコッシュ。

 ずぼらでもパリコレの365回講座は大変のろのろと進めています。今年はもう少しコンスタントに進め、いいかげん自分が着る服も作るようにしたいです。

 ほとんど更新のないブログですが、本年もよろしくお願いいたします。

web拍手 by FC2

2019.03.18

パターンレーベル:サコッシュミニ その3

【型紙】パターンレーベル、サコッシュミニ 【制作】2019年3月

S41

 昨秋サコッシュを作ってからというもの、夫は出かけるときはいつでもサコッシュを使っています。それを見た母から「私にも作って」と言われ、またまたサコッシュを作りました。

 ファスナーセットは購入しましたが、生地は手持ちのものを使いました。多分、買ってから10年は経っているチューリップの生地。カット販売だったので、小物を作るのには多すぎる量でまだまだあります。本当は、この柄のうちの一色を本体に使えば無難にまとまるのでしょうけれど、家にはなかったので水色にしました。「青空と野原」ということで。

 内ポケットはマリメッコのはぎれです。

S44

 今回は、ポケット口の三つ折りがとても上手くいきました。ミシンがけのときの、布の引きが良いあんばいに出来たと思います。

S42

 体幹トレーニングにはもう5年以上通っていて、今でも課題満載の身体ですが、それでもミシン縫いではトレーニングの成果がけっこう生きています。というよりも、トレーニングを受けず、以前の身体の状態で「ずぼらでもパリコレ」の手つきを実行していたら腱鞘炎になっていたでしょう。とにかく手先の表面に力を入れてしまって。ミシンの上達には洋裁そのものの指南の前に、まずは身体が整い、正しく使えることが必須と強く思います。

 サコッシュを4つ作ってみて、一番難しいのは三角カンが付いた布ループを、本体の折り目にミシンでステッチ留めすることだと思っています。三角カンが邪魔してステッチが傾きがちです。

S43

 サコッシュは本当に便利なので、今となっては一生作り続ける気がします。

web拍手 by FC2

2018.11.10

パターンレーベル: ブックバッグ その1

【型紙】パターンレーベル、ブックバッグ Sサイズ 【制作】2018年11月

Book1

 すでに7年ほど、毎回プリントを配布する講義を持っています。多いときは一人あたり10枚ちょっと。全員分となると200枚を超えます。これまでは手持ちの、サイズの合わないエコバッグなどに入れて教室に持っていっていましたが、サイズが合わないとクタッとなったり、あまりり具合が良くありませんでした。1年前から、いい加減専用の手提げ袋を作らなければと思っていましたが、このたびようやく作りました。

 型紙はパターンレーベルの「ブックバッグ」です。Sサイズ。見た目はなぜか小さく感じられますが、A4のクリアファイルを入れても十分な余裕があります。

 内ポケットはレスポンスシートが入るように少し大きくしました。
 Book2

 内布の反対側。
Book3

 派手です!マリメッコ福袋に入っていた、あまりに派手な図案ゆえに持て余していた生地(購入記事はこちら)。生地の厚みと張りは内布にピッタリだったので今回採用。これで全部使い切りました。

 縫製説明書には指示がありませんが、口をぐるっと一周ステッチしておきました。

 今回の縫製でも、「ずぼらでもパリコレ」で学んだことを生かしています。画像では分からないかもしれませんが、こんな単純なバッグでも受講前とは仕上がりがまったく違います。以前より格段にスッキリ、シャキッとしています。今から見ると、受講前に作ったポーチはなんとなくクタッとしていて、作り直したくなります。

 「ずぼらでもパリコレ」を始めて1年になりますが、この1年間、自分が着る服は1着も縫いませんでした。洋裁の時間がとれなかったということもありますが、次の自分のための服は、その服の縫製に必要なことをきちんと学んでから縫いたいから、というのが一番の理由です。
 実習は出来ていませんが、講座は毎日一つずつ見るようにしています。動画を見ているだけでも面白く、また洋裁に対して前向きな、ワクワクした気持ちになります。
 それから、むやみに型紙や布を買いたいとは思わなくなりました。もちろん、道具類もです。ネットなどの情報や口コミに惑わされなくなったのも大きな収穫です。

 今抱えている仕事が一段落したら、裁断でストップしている2ヶ月目のワンピースを再開します。そのあと、2着ぐらいウエストゴムスカートを縫う予定です。

web拍手 by FC2

2018.10.09

パターンレーベル: サコッシュ その1

【型紙】パターンレーベル、サコッシュミニ 【制作】2018年9月 【生地】カラーコットンツイル ダークブルー(服地・布地のマツケ にて購入)

Saco1

 サコッシュミニがすっかり気に入った夫。ロシアから帰国して、裁断済みのサコッシュを縫いました。パターンレーベルとしてはこちらが本来。ミニはあとから発売されました。
 私は「ミニ」しか作ることはないな、縫製説明書のためだけにデフォルトサイズも購入するのは割に合わないと思っていたのですが、夫はこちらのデフォルトサイズの方が気に入ったようです。何かと荷物の多い夫。こちらの方が、考えずに物を入れることが出来ると、完成して手渡した翌日から毎日のように使っています。

 Saco2

 パターンレーベルのオリジナル皮引き手とブルーのタグ。夫は引き手はリングよりも皮が良いというのでこちらに。そして、パターンレーベルは注文するたびにオリジナルタグがおまけに付いてくるので、私の手元にもそれなりにコレクションができて、どれがいいか夫に選んでもらいました。私が考えていたタグとは違う色を選んだので、やっぱり本人に聞いてみて良かった。

 サイズが大きくなると、ミニよりは縫製の難易度があがります。ポケットの三つ折りステッチ、フラットにスッキリと仕上げるのはまだ私には無理そう。「ずぼらでもパリコレ」1ヶ月目の、三つ折りステッチの手つきを真似てやってはいますが、そのときの生地にあった手加減を見極めるのは難しいです。

 裏にもポケットが付いています。

Saco3

 中にはポケットが三つ。

Saco4

 細長い同じサイズのポケットなので、少し変えた方が使いやすいのかなと迷いましたが、とりあえずは説明書の指示通りに。夫によれば、これで使いやすいそうです。スマートフォンがスッポリと入ります。

 私も近所の買い物はサコッシュが定番になりました。サコッシュ、本当に想像以上に便利で重宝しています。

web拍手 by FC2

2018.09.10

パターンレーベル: サコッシュミニ その2

【型紙】パターンレーベル、サコッシュミニ 【制作】2018年5月 【生地】カラーコットンツイル ブルー服地・布地のマツケ にて購入)

21

 この夏、7年ぶりにロシアへ行きました。夫婦で行くのは15年ぶりくらい。渡航前に急遽、夫の分のサコッシュも作りました。

 これまでも近所の買い物でサコッシュを使っていましたが、今回の旅行でサコッシュの魅力と威力を思い知りました!とにかく便利で手放せず。これがなかったら不便だったと思います。

 パターンレーベルのミニサコッシュはサイズが絶妙、ポケットも絶妙。そして、意外にその気になれば相当ものが入ります。私は、滞在後半ではコンパクトカメラも小さな水筒も入れていていました。もちろん、その他にパスポート、財布など必需品も。町中ではリュックに入れておき、美術館など施設内ではリュックを預け、サコッシュだけで身軽に観覧できました。リュックの中に収まるというのもポイント。

 私が型紙を購入した当初はこのサコッシュに関心を示さなかった夫。ロシア出発前日に初めて使って、「これはすごく使いやすい」とすぐに気に入ったようでした。夫はかばんの類いが大好きで、どうしてそんなにというくらいかばん類を買っているのですが、「似たようなかばんは今までも使っていたけれど、なぜだか分からないけれどこれは体に沿って使いやすい」と言っていました。旅行中も、何度も「もうこれは手放せない」と言っていました。


美術館の階段で。

22_2


船上で。

25


施設内で。

24


町中で。外では防犯のために上着の中にしています。ミニサイズだと、コートなどですっぽり隠せます。 

23

 その他、ホテル内(バイキング形式の食事のとき、貴重品を身につけたまま楽にさらに盛れるので便利)、空港内(A4サイズ二つ折りが入ります。Eチケットに便利。航空券はギリギリ)など。ただ、予想外に便利だったのが飛行機の中。今回、JALの新エコノミーだったので、座席の横幅に余裕がありました。なので、そこにこのサコッシュミニがちょうど良い具合に収まりました。機内で使うものをこのサコッシュに入れておけば、いちいち足下のかばんから出す必要がなく大変快適でした。ポケットが良い具合に付いているので、物を整理して入れられるのもポイント。暗くても出しやすいです。

 とにかく、このサコッシュは便利。旅行を考えていらっしゃる方はぜひぜひお作りになることをお勧めします。

web拍手 by FC2

2018.07.16

パターンレーベル: サコッシュミニ その1

 今年前半は洋裁ができる状況ではなく、「ずぼらでもパリコレ」もほとんど進んでいません。1ヶ月目のゴムスカートを1着、サーキュラースカートを2着縫い、2ヶ月目のワンピースの裁断までで実習は頓挫。ただ、テキストと動画はこのワンピース完成まで見終わりました。それから、飛んで300回目からのタイトスカートの型紙作りも見ました。
 ここまででも気づきは大変多いです。いかにこれまで自分が地の目を無視して、歪ませたまま縫っていたか。どれほど横着で、押え金を上げることを怠ってきたか。言われてみれば当たり前のことを、言われなければ思い至ることは全くなく、地の目を歪ませながら、ただただ縫い代幅さえあっていれば良いというスタンスで縫っていました。自分が扱っているのは紙ではない、布なのだ、ということが全く分かっていませんでした。

 そして、カリキュラムを通して学ぶことの大切さ。講座ではよく「洋裁は積み木」という言葉が出てきますが、まさにそうです。受講し始めてから、そのことを痛感しています。何か服を縫おうと思って、手順書を見て、そのときそのとき必要なことを、断片的に行っていてもそれはその場しのぎにすぎず、土台は全く身につかないのですよね。例えて言うなら、外国語の文法を知らずに、ただ会話集に載っているフレーズを言っているだけ。でも、文法を学べば、もっともっといろいろなことが自由に発信できるようになります。洋裁も同じ。

***

【型紙】パターンレーベル、サコッシュミニ 【制作】2018年5月 【生地】北欧はぎれ 福袋cortinaにて購入)、コットンオックスフォード(スワニーにて購入)

S1

 ゴールデンウィークに、「ずぼらでもパリコレ」1ヶ月目のテーマ「地の目に沿って裁断する」「まっすぐ縫う」の応用練習としてパターンレーベルのサコッシュミニを作りました。
 
 裁断では地の目を通すことに最大限注意。いままでなんといい加減だったことか。地道に織り糸を外していって地の目を通しました。でも、多分完璧ではないかな。なにしろ、今まで裁ちばさみを使うことをサボっていたせいで、ハサミ使いが下手すぎて。今後の大きな課題です。

 最初のアイロンで折り目を付ける工程では、スカートのベルト作りのときの作業を応用しました。ピシッと折れました。これまでだったら多分、アイロン定規や厚紙を使用していました。アイロン定規、3種類も買いそろえましたが、これからはあまり使うことはなさそうです。

 ミシン縫いではまち針は一切使用しませんでした。その方が他に気を配れますし、かえってずれません。受講するまではまち針を打たないでミシン縫いするなど考えられませんでしたが、動画で実際にやっているところを見ると「ひょっとして私も出来る?」と。もちろん、まだまだ修行は必要ですが、想像していたよりは案外出来るものです。もちろん、いろいろとコツ、注意点の指導があるおかげです。
 ただ、ファスナー付けではまち針を打った方が良かったかなと反省。

 手順書では4枚重ねて縫う箇所もありましたが、「ずぼらでもパリコレ」で「2枚以上重ねて縫うことはない」とあったことを教訓に、作業を分割して縫いは2枚までにしました。この方が確実で楽です。

 直線縫いだけで一見簡単そうですが、気をつけるポイント満載の、決して簡単とは言い切れないバッグでした。残念ながら、完璧とはいえない仕上がり。でも、地の目に気を配ったからか、仕上げアイロンをする以前に、自然とピシッとして勝手に形が整っているのには驚きました。

 S2

 引き手にはパターンレーベルのオリジナル革引き手を使いました。毛羽立ちがなくてツルッとしているともっと良かったのですが。

 S3

 裏にもポケットがあります。

 S4

 内ポケットには、はぎれ福袋に入っていたマリメッコを使用。

 サコッシュミニはA4の二つ折りが入ります。振り込み用紙なども裏ポケットにちょうど入り、とても使いやすいサイズ。パターンレーベルの雑貨型紙は本当に使い勝手がよく考えられていると感心します。コイン&パスケースの便利さには毎日感動しています。

 こちらのサコッシュ、近所への買い物に使っています。多分、海外旅行にも持って行くと思います。私がいつも使っているのを見た夫から、自分の分も作って欲しいとリクエストされました。生地とファスナーは購入ずみ、あとミシン糸を用意しないと。

web拍手 by FC2